初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

日産 新型ノートe-POWERの燃費は37.2km/L|2017年上半期の販売台数コンパクト1位

日産のコンパクトカー「ノート」が2016年に新型にマイナーチェンジがなされ大幅に燃費性能が向上しました。同時に、パワーユニットにレンジエクステンダーEVハイブリッドシステムの「e-POWER」を搭載したモデルを追加しました。今回は、マイナーチェンジした新型ノートの詳細と、気になるレンジエクステンダー式ハイブリッドシステム、「e-Power」について解説します。

【最新情報】新型ノート、仕様向上でe-POWERに4WDを追加

【2018年1月更新】日産 ノートが1月の国内登録車販売で1位を獲得

軽自動車を除く2018年1月の全登録車販売ランキングにおいて、日産 ノートが販売台数12,444台となり第1位を獲得しました。

日産車の売上は好調で、軽自動車を含む総合ランキングでは、日産 デイズシリーズが14,843台で2位、日産 セレナが10位と、主要モデルが10位以内にランクイン。
e-POWERやプロパイロットなど、ニッサン インテリジェント モビリティがユーザーに受け入れられた結果となりました。

また、2018年1月31日、日産は一般財団法人省エネルギーセンターが主催する「平成29年度 省エネ大賞」において、ノートに搭載されている新開発のパワートレイン「e-POWER」の技術が「省エネルギーセンター会長賞」を受賞したことを明らかにしました。

「省エネ大賞」とは、優れた省エネルギー推進事例や省エネルギー性に優れた製品、ビジネスモデルを表彰するものです。

【2018年1月更新】東京オートサロンに日産 ノート e-Powerが出展

ノート e-POWER NISMO(NISMO SPORTS PARTS装着車)

ノート e-POWER C-Gear

IMPUL NOTE

東京オートサロンに、日産 ノート e-POWERが2台出展されました。
出展されるのは、NISMOによってカスタムされたノート e-POWER NISMOと、SUVテイストを取り入れたノート e-POWER C-Gearです。

ノート e-POWER NISMOは、NISMOのパーツを施したベース車に、さらにスポーツ走行を楽しめるよう、専用コンピュータ、サスペンションパーツ、駆動系パーツなどを装着したモデルです。
ノート e-POWER C-Gearはオーテックによるカスタムにより、SUVテイストに仕上げられています。

また、日産 ノートをベースとしたIMPUL NOTEがホシノインパルから出展されました。
現在好評販売中のカスタムカーです。

東京オートサロンについてはこちら

東京オートサロンのコンパニオンについてはこちら

オーテックブランドの他のノートについてはこちら

【2017年11月更新】2017年上半期の国内販売で「ノート」がコンパクト ナンバーワンを獲得

日産がコンパクトカー部門、2017年上半期の国内販売台数において、「ノート」が84,211台でナンバーワンを獲得したことを発表しました。
また日産 セレナもミニバン部門でナンバーワンを獲得しており、半期で同時にセグメントナンバーワンを獲得するのは今回が初めてとのことです。

販売台数全体を見ても、内訳を見ても新型ノートの売り上げは順調で、日産の威信をかけた新型ノート「e-Powerハイブリッド」は絶好調と言えるでしょう。

最人気色はブリリアントホワイトパール

新型ノートのボディカラーは13色が用意されていますが、その中でも最人気色はブリリアントホワイトパールで、全体の23%を占めています。次点にブリリアントシルバー、さらにダークメタルグレーが続きます。

ノートe-POWER専用色のプレミアムコロナオレンジは第5位となっています。

【11月更新】ノートe-POWERの販売台数が10万台突破!

好調が続くノートe-POWERが、発売から月に1万台を販売し続け、11ヶ月目にして販売台数10万台を突破したことが発表されました。
名古屋モーターショーでは、10万台目のノートe-POWER購入者を迎えセレモニーが開催されています。
ノートe-POWERは、100%モーター駆動による静粛性のほか、ワンペダルで加速・減速が可能なe-POWER Driveがユーザーに好評とのことです。

【10月更新】日産新型ノートのSUVテイストモデル「ノートクロスギア」発表!

2017日9月1日、日産は新型ノートのSUVテイストモデル「ノートクロスギア」を発表しました。
「ノートクロスギア」のカスタムは日産自動車グループの1社であり、日産車のカスタムを手がける「オーテック」によってなされます。
内装、外装ともに専用パーツが使われ、アクティブ感が感じられるデザインになります。

発売日は未定ですが、2017年秋には発売されるとのことです。

日産 ノートクロスギアのライバル車に関する記事はこちら

日産新型ノートビックマイナーチェンジで発売開始

10月24日 新型「ノート e-POWER」のオフライン式を開催・11月2日発売開始

2016年10月24日、日産は神奈川県横須賀市にある追浜工場で、新型「ノート e-POWER」のオフライン式を開催しました。式典には工場の従業員約1000名と共に、日産自動車CEOのカルロス・ゴーン氏が参加し、挨拶を行い、それから約1週間後の同年11月2日、いよいよ新型ノートが発売されました。

今回のマイナーチェンジの最大の注目ポイントは、新たに追加されるレンジエクステンダー式ハイブリットシステム「e-Power(eパワー)」です。

ゴーン氏は新型ノート e-POWERについて「軽快な走行性能と高い燃費性能を両立し、国内、国外販売共に成長していくだろう」と述べています。

新型ノートは以前からの予想通りハイブリッドエンジンを採用し、JC08モード燃費37.2km/Lを達成したと、ゴーン氏自ら説明しています。
これは同セグメントで一番高い数値であり、現在トップのトヨタ アクアの37.0km/Lを上回る燃費性能です。

また、これまでノートは九州工場で行われていましたが、新型ノート e-POWERは神奈川県横須賀市に位置する追浜工場で行われます。九州工場は既に輸出向け製品の製造をさらに伸ばしていくため、モデルチェンジを機会に追浜工場に移転し、製造ラインを常に進化させていくことを目的としています。

本記事では、新型ノートに関する性能やデザイン、価格について詳しく解説します。

日産の最新ハイブリッド技術「e-POWER」の新たな展開は?

今回のオフライン式で、ゴーン氏はその他のエコカーについても言及しました。ゴーン氏は「日産は電気自動車に最も注力していくが、PHVを開発しないということではなく、三菱自動車のPHV技術を主に活用していく」と述べました。

e-POWERに関する情報はこちらの記事

日産新型ジュークe-POWER最新情報はこちらの記事

日産新型セレナe-POWER最新情報はこちらの記事

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!