初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ホンダ新型CR-Vハイブリッド最新情報】日本発売決定!発売日や価格・燃費性能は?

ホンダ新型CR-Vハイブリッドの東京モーターショーでの発表が決定しました。2017年7月に中国の東風ホンダが新型CR-Vの発表を行いましたが、エンジン性能や燃費はどうなっているのでしょうか。日本では惜しまれつつ販売終了となったCR-Vの、日本発売日や価格を予想します。

ホンダ新型CR-Vハイブリッド 東京モーターショーで公開!発売日は2018年

ホンダ CR-V

ホンダは10月27日から開催される東京モーターショーで、新型CR-Vのジャパンプレミアを行いました。

5代目となる新型CR-Vは「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載したFF車と4WD車をラインアップ。
先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」の標準搭載や、ガソリン車には3列目シートを設定するなど、ユーティリティーも向上しています。

「SPORT HYBRID i-MMD」はホンダ最新の2モーターハイブリッドシステムで、マイナーチェンジされた新型ステップワゴンスパーダにも搭載されています。
EVドライブ、ハイブリッドドライブ、エンジンドライブの3つのモードを使い分ける走りで、燃費はもちろん走行性能も向上させています。

発売日は2018年になることも、モーターショーにて発表されました。

CR-Vハイブリッドの展示をMOBY編集部がリポート!

CR-Vハイブリッドの、東京モーターショーでの展示をMOBY編集部のごめすが現地リポートしています。
ぜひご覧ください!

ごめす試乗はこちら

東京モーターショーについてはこちら

東京モーターショーのコンパニオンについてはこちら

SPORT HYBRID i-MMD搭載モデル最新情報はこちら

ホンダ新型CR-Vハイブリッド最新情報!

ホンダ CR-V ハイブリッド

ホンダを代表するSUV「CR-V」が欧州市場と中国市場に向けて新型にフルモデルチェンジします。
中国市場に向けてフルモデルチェンジした新型CR-Vはすでに発売が開始されています。
そして欧州市場に販売される新型CR-Vは現在開発されているため、中国内で販売されているモデルとは違ったモデルが販売されるでしょう。

ホンダCR-Vとは

2015年モデルのCR-V

ホンダ CR-V 2015年型

ホンダのCR-Vは、ホンダのラインナップではヴェゼルと並ぶSUVと呼ばれる車種です。
空力性能が非常に高いことでも魅力的な車です。

海外では、「SUVオブザイヤー2015」を受賞するほど人気の一台。
ホンダCR-Vは1997年にアメリカで発売されてからというもの、20年以上も人気SUVとしてベストセラーとなっていたモデルです。

忠僕では2004年に都市型SUVの先駆けとして発売されて以来、これまで累計約150万台が販売されました。
残念ながら現在はすでに販売停止しています。

海外では大人気だけど日本では?

ただ、日本での人気は高いとは言えません。
同じくホンダのヴェゼルが、昨年の日本国内販売台数が1位だったのに対して、CR-Vはトップ10圏外と伸び悩み、2016年8月に販売終了となりました。

ホンダ 新型CR-Vハイブリッド プロトタイプ公開

フランクフルトモーターショー2017にて公開

ホンダ CR-V ハイブリッド プロトタイプ
ホンダ CR-V ハイブリッド
ホンダ CR-V ハイブリッド

ホンダ 新型CR-Vハイブリッドのプロトタイプがフランクフルトモーターショー2017で公開されることが明らかになりました。

中国での販売後のプロトタイプ発表ということで、中国仕様とは違った装いになるとも言われています。
ヨーロッパでのデビューに向けて、外装デザインやパワートレインが新しくなるとのことです。

日本仕様との違いにも注目したいですね。

フランクフルトモーターショー2017についてはこちら

東風本田で中国仕様の新型「CR-Vハイブリッド」が販売中

ホンダ CR-V ハイブリッド

ホンダの中国における四輪車生産販売合弁会社である東風本田が新型SUV「CR-V」を販売中です。
新型CR-Vには1.5L直噴ターボエンジンを搭載する「SPORT TURBO(スポーツターボ)」と2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID((スポーツ ハイブリッド) i-MMD」を搭載する「SPORT HYBRID(スポーツハイブリッド)」の2タイプが用意されました。
「SPORT HYBRID」は力強い走行性能と優れた環境性能を両立したと発表しています。
さらに、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」をはじめ、充実した装備を採用しています。

本記事では中国の東風ホンダで発売された新型CR-Vのスペックや燃費性能からボディサイズなどの紹介と日本での発売についても予想していきます。

【最新情報】北米では2018年モデルが発表

ホンダ CR-V 2018 北米仕様

USホンダは新型の出る日本仕様車や、前行の北米モデルと同様のモデルチェンジしたばかりの中国仕様車に先駆け、早くも2018年モデルを発表しました。

北米2018年モデルはパワートレインの変更こそありませんが、タッチ式インパネやシートの複雑なステッチなどが進化しています。
さらに衝突警告システムや衝突被害軽減ブレーキ、車線逸脱防止支援システムにレーンキーピングアシストを加え、ホンダセンシングの充実が図られています。
価格帯は2万4千ドルから3万4千ドルです。

ホンダ新型CR-Vハイブリッドの日本発売日は?

CR-V ホンダ ハイブリッド

© MOBY

ホンダは中国での新型CR-Vハイブリッドの発売を2017年後半を予定していましたが、2017年7月9日の発売となりました。
日本で発売されることになれば、早ければ2017年内、遅くても2018年には発売されると予想されていましたが、やはり2018年になることが東京モーターショーにて発表されました。

兄弟車のヴェゼルはSUV新車販売台数が3年連続トップに輝いており、Honda SENSINGを搭載したヴェゼルのハイブリッドモデルも販売されているため、新型CR-Vハイブリッドが日本で発売される可能性は低いと噂されていました。
しかし、新たに新型CR-Vハイブリッドが日本で発売される可能性もあるとの情報が入ってきました。
価格がトヨタ ハリアーハイブリッドと同じぐらいになれば、強力なライバルとなるでしょう。

ホンダ新型CR-V「ディーゼルモデル」は日本で発売されない模様

ディーゼルエンジン

東京モーターショーに関するホンダのプレスによれば、公開される新型CR-Vはガソリン車とハイブリッド車のみで、ディーゼルは含まれていません。
そのため、クリーンディーゼルモデルは日本で発売されないと考えてよいでしょう。

欧州市場において現在発売されている新型CR-Vはクリーンディーゼルエンジンを搭載しており、非常に高い評価を得ています。
日本に導入すればホンダ CX-5のライバル車種になると思われますが、そうではないようです。
日本にディーゼルモデルを導入するためには、日本のディーゼル規制の基準をクリアする必要があり、そのためには莫大ば費用がかかってしまいます。

中国で発売された新型CR-Vにはガソリンモデルとハイブリッドモデルの2タイプが存在しています。
日本で発売される場合は、中国と同じ2タイプかハイブリッドのみのいずれかで、ディーゼルモデルはないと予想します。

クリーンディーゼル搭載のコンパクトSUV「ホンダ CX-5」についてはこちら

ホンダ新型CR-Vハイブリッドのエンジン性能

ホンダ 新型 CR-V 中国仕様

公開される新型CR-Vはガソリンとハイブリッドの2モデルです。

ガソリン車のパワートレインについてはまだ公式発表はありませんが、中国仕様車がそのまま投入されれば1.5L直噴ターボエンジンが搭載されることになります。
ハイブリッド車に関しては、2モーターハイブリッドシステムである「SPORT HYBRID i-MMD」が搭載されると発表されています。

1.5L 直噴ターボエンジンスペック(中国仕様)

エンジン種類直噴ターボエンジン
排気量1.5
最高出力142(193.1)/5,600
最大トルク243(24.78)/2,000-5,000
トランスミッションCVT
駆動方式4WD
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

2モーターハイブリッドシステム エンジンスペック(中国仕様)

エンジン種類SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド) i-MMD
排気量2.0
最高出力107(145.5)/6,200
最大トルク175(17.85)/4,000
モーター最高出力135(183.5)
最大トルク135(32.12)
トランスミッションE-CVT
駆動方式4WD
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型CR-VはPHVモデルも出る!?

次期モデルにはPHV(プラグインハイブリット)システムが搭載されるという予想があります。
欧州での販売を念頭に入れて開発されることは、現在の販売実績から見てもほぼ確実です。
したがって、排ガス規制の厳格な欧州での情勢をホンダとしても考慮しないわけにはいきません。
そのため、PHVが導入される可能性もあります。

ホンダ新型CR-Vハイブリッドの燃費は?

ガソリン 給油の画像

1.5Lターボエンジン搭載車の燃費は中国総合燃費モードで16.1km/Lとなっています。
また、2モーターハイブリッドの「SPORT HYBRID i-MMD」搭載車は20.8km/Lとなっています。

「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載するアコードなどの燃費から予想すると、実燃費は20km/L近くなると考えられます。
力強いエンジンながら低燃費を実現できる新型CR-Vは、街乗りSUVとしての魅力を高めており、トヨタ ハリアーやマツダ CX-5などのライバル車にぐんと差をつけそうです。

ホンダ新型CR-Vハイブリッドの価格は?

2017 ホンダ CR-V

最終モデルの販売価格は257~336万円でした。
今回は新エンジン搭載のハイブリッドモデルもラインナップしているため、据え置きとまではいかないのが現状でしょう。
しかしライバル車の価格帯を意識すれば、値上げとなっても280~350万円が望ましいと思われます。

また前述したように新型CR-VにアコードのようなPHVモデルが追加された場合、新たな価格設定となると予想されます。
アコードPHVのパワートレーンを流用することが予想されているので、新型CR-V PHVは約520万円ほどになるのではないかと言われています。

まだ確定的な情報はありませんので、続報を待ちましょう。

ホンダのジェイドやフリードに関する記事はこちら!

2016年10月にホンダ新型CR-Vがアメリカでも発表

新型CR-VはコンパクトSUVトップクラスの燃費と走行性能?

ホンダ CR-V 新型 北米向け 2016年発表
ホンダ CR-V 新型 2016年発表 1.5L直噴ターボエンジン

2016年10月にホンダのアメリカ現地法人にて新型CR-Vを公式発表しました。
発表された新型CR-Vは5代目となります。

5代目のCR-Vとなり、走行性能と燃費性能が向上しました。
搭載されるエンジンは最高出力184hp/6,400rpm&最大トルク244Nm/3,900rpmの2.4リッター4気筒直噴 DOHC i-VTECエンジンと、最高出力190hp/5,600rpm&最大トルク243Nm/2,000-5,000rpmを誇る1.5リッター4気筒直噴ターボエンジンを採用。

トランスミッションは、「G-Design Shift」を持つCVTが組み合わされ、コンパクトSUVの中でトップクラスの燃費性能を実現すると言われています。

新型CR-Vは安全性能も充実!

ホンダ CR-V 新型 北米向け 2016年発表 シャシー

新型CR-Vのフロントサスペンションは、液封コンプライアンスブッシュ採用のストラット式とリアサスペンションをマルチリンク式を採用。
「Honda SENSING」も搭載され、安全運転システムも充実しています。

北米での発売は今年の冬を予定しており、オハイオ州イースト・リバティ工場と、カナダのオンタリオ工場、インディアナ工場にて生産が始まるとのことです。

新型CR-Vのエクステリア

ホンダ CR-V 新型 北米向け 2016年発表 サイド
ホンダ CR-V 新型 北米向け 2016年発表 リア

新型CR-Vのエクステリアや内装のデザインは完全に一新、スポーティな外観と快適さを追求した上質な内装となっています。
エクステリアにおいては新形状のフロントマスクに注目です。
「Solid Wing Face」と呼ばれるフルHDヘッドライトとオートシャッターグリルを搭載したフロントグリルが特徴的です。

新型CR-Vの内装

ホンダ CR-V 新型 北米向け 2016年発表 インパネ
ホンダ CR-V 新型 北米向け 2016年発表 内装

内装においては足元のシートが現行モデルのCR-Vより約5cmほど拡張されることでより快適になっています。
さらに最新鋭の技術にも対応されており、カーナビはAppleの「CarPlay」とGoogleの「Android Auto」に対応、先進安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準装備しています。

また、ガソリンモデルに関しては、新たに3列目シートを設定したとのことです。

新型CR-Vをホンダ公式映像でもチェック

海外ホンダ公式映像です。
海外らしくコミカルに新型CR-Vを紹介しています。

ホンダ新型CR-Vのボディスペック

ホンダ 新型 CR-V 中国仕様

ホンダ 新型 CR-V 中国仕様
CR-V 2016年日本仕様モデル新型CR-V 中国仕様
全長4,5354,585
全幅1,8201,855
全高1,6851,679
ホイールベース2,6202,660
車両重量1,4601,642
乗車定員55
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

新型CR-Vのスパイショットまとめ

海外メディアのスパイショット

海外メディアによって、たびたび新型CR-Vと思われるカモフラージュ車両の、テスト走行シーンがスクープされました。

新型CR-Vは兄弟車ヴェゼルを含め競合が多い!

ホンダ ヴェゼル ハイブリッド

ホンダ ヴェゼル ハイブリッド RS 2016

新型CR-Vはとても魅力的な車になると期待できますが、投入される市場は非常に人気が高いと同時に、ライバルが多いです。
筆頭ライバルとして、まず浮上してくるのは販売が好調な三菱アウトランダー。
そのほかにも、マツダのCX-3,5や、日産のエクストレイルHV、トヨタのハリアーなど、挙げればきりがないほどです。

ホンダの新型CR-Vハイブリッドの最新情報に期待!

ホンダ新型CR-V 中国仕様

ホンダ 新型 CR-V 中国仕様

ホンダのSUVの中では、超大人気のヴェゼルの影に隠れて、これまでさほど注目されて来なかったCR-V。
日本では販売終了になってしまいましたが、新型CR-Vはホンダの中ではサイズも大きく、かつPHVモデルとなるとかなり期待できます。

ハイブリッドモデルの登場でさらに海外での人気が上がると、日本でもヒットが期待できますね。
今後も、MOBYではホンダの新型CR-Vハイブリッドの最新情報を随時更新します!

ホンダの新型車種情報はこちら!

SUVに関する記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す