初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ホンダ新型CR-Vハイブリッド発表!燃費と価格&日本での発売日は?

4月19日に上海モーターショーにてホンダ新型CR-Vハイブリッドが発表! 性能や発売日、燃費や価格の予想を行っていきます。日本では惜しくも販売終了となりましたが、新型CR-Vハイブリッドは日本に登場するのでしょうか。欧米で発売の新型CR-Vも紹介していきます。

ホンダ新型CR-Vハイブリッドが世界初公開!

ホンダ CR-V ハイブリッド

ホンダは、中国・上海で開催されている2017年上海モーターショにおいて、新型SUV「CR-V HYBRID(ハイブリッド)」を世界初公開しました。
CR-V ハイブリッドは、2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド) i-MMD」を搭載し、力強い走行性能と優れた環境性能を両立したと発表しています。
さらに、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」をはじめ、充実した装備を採用しています。

ホンダCR-Vとは

2015年モデルの現行型CR-V

ホンダ CR-V 2015年型

ホンダのCR-Vは、ホンダのラインナップではヴェゼルと並ぶSUVと呼ばれる車種です。
空力性能が非常に高いことでも魅力的な車です。

海外では、「SUVオブザイヤー2015」を受賞するほど人気の一台。
ホンダCR-Vは1997年にアメリカで発売されてからというもの、20年以上も人気SUVとしてベストセラーとなっていたモデルです。
販売台数も伸びています。

海外では大人気だけど日本では?

ただ、日本での人気は高いとは言えません。
同じくホンダのヴェゼルが、昨年の日本国内販売台数が1位だったのに対して、CR-Vはトップ10圏外と伸び悩み、2016年8月に販売終了となりました。

ホンダ新型CR-Vハイブリッドの中国での発売日と日本での発売は?

CR-V ホンダ ハイブリッド

© MOBY

ホンダは中国での新型CR-Vハイブリッドの発売を2017年後半を予定しています。
日本で発売されることになれば年内か2018年になるでしょう。

CR-Vの兄弟車のヴェゼルはSUV新車販売台数が3年連続トップに輝いています。
さらにHonda SENSINGを搭載したヴェゼルのハイブリッドモデルも販売されているため、日本での販売の可能性は低いでしょう。

ホンダ新型CR-V「ディーゼルモデル」は日本で発売されない模様

ディーゼルエンジン

ホンダ新型CR-Vはハイブリッドモデルのみが日本に導入され、クリーンディーゼルモデルは日本で発売されないという情報が入ってきました。

欧州市場において現在発売されている新型CR-Vはクリーンディーゼルエンジンを搭載しており、非常に高い評価を得ています。
そのため、日本に導入すればホンダ CX-5のライバル車種になると思われますが、そうではないようです。日本にディーゼルモデルを導入するためには、日本のディーゼル規制の基準をクリアする必要があり、そのためには莫大ば費用がかかってしまいます。

この理由から、日本で発売されるモデルはすでに中国で発売されているハイブリッドモデルになる模様です。

クリーンディーゼル搭載のコンパクトSUV「ホンダ CX-5」についてはこちら

ホンダ新型CR-Vハイブリッドの燃費は?

ガソリン 給油の画像

1.5Lターボエンジン搭載車の燃費は、ステップワゴンと同じ15.4km/L~17.0km/Lとなると予測できます。
2モーターハイブリッドは、アコードと同じパワートレインとなることが予測され、燃費もほぼ同等になるでしょう。
ボディが大きく重量のある高級セダンのアコードよりCR-Vの方が車重が軽くなり燃費がアコードより良い数値となる可能性があります。
また、SUVのスポーツ性から高いギア比のトランスミッションが設定されるとアコードより燃費が悪くなります。

ホンダ新型CR-Vハイブリッドの価格は?

2017 ホンダ CR-V

兄弟車のヴェゼルや、似たサイズのジェイドやフリードのガソリン車とハイブリッドモデルの価格差は20万円~40万円ほどになります。
CR-Vの日本発売の最終モデルと同じ価格帯であれば280万円~300万円となるでしょう。

アコードと同じパワートレインを搭載し、他にも性能や内装などがワンランク上となって登場することも十分に考えられ、その場合はさらに発売価格は高くなると予想されます。

ホンダのジェイドやフリードに関する記事はこちら!

2016年10月にホンダ新型CR-Vがアメリカで発表

新型CR-VはコンパクトSUVトップクラスの燃費と走行性能?

ホンダ CR-V 新型 北米向け 2016年発表
ホンダ CR-V 新型 2016年発表 1.5L直噴ターボエンジン

2016年10月13日にホンダのアメリカ現地法人が、新型CR-Vを公式発表しました。
発表された新型CR-Vは5代目となります。

5代目のCR-Vとなり、走行性能と燃費性能が向上しました。
搭載されるエンジンは最高出力184hp/6,400rpm&最大トルク244Nm/3,900rpmの2.4リッター4気筒直噴 DOHC i-VTECエンジンと、最高出力190hp/5,600rpm&最大トルク243Nm/2,000-5,000rpmを誇る1.5リッター4気筒直噴ターボエンジンを採用。

トランスミッションは、「G-Design Shift」を持つCVTが組み合わされ、コンパクトSUVの中でトップクラスの燃費性能を実現すると言われています。

新型CR-Vは安全性能も充実!

ホンダ CR-V 新型 北米向け 2016年発表 シャシー

新型CR-Vのフロントサスペンションは、液封コンプライアンスブッシュ採用のストラット式とリアサスペンションをマルチリンク式を採用。
「Honda SENSING」も搭載され、安全運転システムも充実しています。

北米での発売は今年の冬を予定しており、オハイオ州イースト・リバティ工場と、カナダのオンタリオ工場、インディアナ工場にて生産が始まるとのことです。

新型CR-Vのエクステリア

ホンダ CR-V 新型 北米向け 2016年発表 サイド
ホンダ CR-V 新型 北米向け 2016年発表 リア

新型CR-Vのエクステリアや内装のデザインは完全に一新、スポーティな外観と快適さを追求した上質な内装となっています。
エクステリアにおいては新形状のフロントマスクに注目です。
「Solid Wing Face」と呼ばれるフルHDヘッドライトとオートシャッターグリルを搭載したフロントグリル特徴的です。

新型CR-Vの内装

ホンダ CR-V 新型 北米向け 2016年発表 インパネ
ホンダ CR-V 新型 北米向け 2016年発表 内装

また内装においては足元のシートが現行モデルのCR-Vより約5cmほど拡張されることでより快適になっています。
さらに最新鋭の技術にも対応されており、カーナビはAppleの「CarPlay」とGoogleの「Android Auto」に対応しているとのことです。

新型CR-Vをホンダ公式映像でもチェック

海外ホンダ公式映像です。
海外らしくコミカルに新型CR-Vを紹介しています。

新型CR-Vの価格を詳細予想!

ホンダ CR-V 新型 北米向け 2016年発表

新型CR-Vは7人乗り仕様か

初公開されたCR-Vの画像を見ると、車長が現行モデルに比べて長くなっているように見えます。
また車高に関しても若干低くなり、ややスポーティな印象にもなりました。
内装の写真からはまだ何人乗りか判断はできませんが、日本でも人気の高い7人乗りSUVではないかと予想されています。

新型CR-VはPHVモデルも出る!?

次期モデルにはPHV(プラグインハイブリット)システムが搭載されるとみられています。
欧州での販売を念頭に入れて開発されることは、現在の販売実績から見てもほぼ確実です。
したがって、排ガス規制の厳格な欧州での情勢をホンダとしても考慮しないわけにはいきません。
そのため、PHVが導入されることも予想されます。

新型CRVは260〜520万円ほど

新型CR-Vの価格についてですが、まず、現行モデルの販売価格は257~336万円となっています。
基本的な価格は、現行モデルとあまり変わらないと思われます。

また前述したように新型CR-VにはアコードPHVモデルが追加されるようです。
アコードPHVのパワートレーンを流用することが予想されているので、新型CR-Vは約520万円ほどになるのではないかと言われています。
したがって、新型CR-Vの価格は260〜520万と予想されています。

新型CR-Vのスパイショットまとめ

海外メディアのスパイショット

海外メディアによって、たびたび新型CR-Vと思われるカモフラージュ車両の、テスト走行シーンがスクープされました。

新型CR-Vは兄弟車ヴェゼルを含め競合が多い!

新型CR-Vはとても魅力的な車になると期待できますが、投入される市場は非常に人気が高いと同時に、ライバルが多いです。
筆頭ライバルとして、まず浮上してくるのは販売が好調な三菱アウトランダー。
そのほかにも、マツダのCX-3,5や、日産のエクストレイルHV、トヨタのハリアーなど、挙げればきりがないほどです。

ホンダの新型CR-Vハイブリッドの最新情報に期待!

ホンダ CR-V 新型 北米向け 2016年発表

ホンダのSUVの中では、超大人気のヴェゼルの影に隠れて、これまでさほど注目されて来なかったCR-V。
日本では販売終了になってしまいましたが、新型CR-Vはホンダの中ではサイズも大きく、かつPHVモデルとなるとかなり期待できます。

ハイブリッドモデルの登場でさらに海外での人気が上がると、日本でも復活するかもしれません。
今後も、MOBYではホンダの新型CR-Vハイブリッドの最新情報を随時更新します!

愛車の現在の買取査定額を確認したい方はこちら

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

ホンダの新型車種情報はこちら!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す