MOBY

シャコタン(ローダウン)って意味あるの?そのメリット・デメリットとは?【カスタム】

平成7年に一部合法化された「シャコタン(ローダウン)」。ここでは、「シャコタン(ローダウン)」とは何か?といった事からその仕組み、合法のシャコタンと違法のシャコタンの違いやそのメリット・デメリットまで解説します。

シャコタン(ローダウン)とは?

出典:http://usedcarnews.jp/

「シャコタン」とは「車高短」、つまり自動車の車高(最低地上高)を低くするように改造された車を指します。

車高を下げる起源は50年代~60年代のアメリカであり、車をより地面に近いところまで車高を落として街中を走る「ローライダー」と呼ばれる人たちが発祥です。

以前までは、シャコタンは暴走族の人たちが乗っているというイメージが先行していましたが、最近では合法の範囲内で車高をさげ、愛車の運動性能を上げたり、よりスポーティなスタイルに改造したりする人も増えてきているようです。

この記事ではシャコタン(ローダウン)の意味とメリット・デメリットを解説します。
シャコタン(ローダウン)する方法や、費用に関しては以下の記事をご確認ください。

シャコタンの費用ややり方はこちら!

シャコタン(ローダウン)の仕組み

出典:http://www.a-nob.com/

愛車をシャコタン(ローダウン)にする方法は大きく2つの方法があります。

一つ目は、通常の純正のバネ(サスペンション)を、より短いバネと交換して車高を下げる方法です。短いバネに関しては車のパーツとしてシャコタン用のバネが売ってたりします。
二つ目は、エアサスペンションの車の場合「エアサスコントローラー」という機械により、サスペンション内の空気を抜いて車高を下げることができます。

この他にも、「コイルスプリングを切断したり(違法)」、スプリングそのものを抜いてしまい、車高を極限まで落とす「ノーサス(違法)」と呼ばれる極端な手段も存在しますが、これらは違法ですので避けておきましょう。

また、車高を下げるといった目的ではなく、サスペンションのスプリングとショックアブソーバー(上図参照)をスポーツタイプのものに組み替えた場合に、通常より車高が下がり、結果的にシャコタン(ローダウン)になることもあるようです。

シャコタン(ローダウン)は合法か違法か?

出典:http://casino-lab.net/

平成7年より前までは陸運支局の許可無しに勝手にスプリングを交換したり短くすることは違法でした。陸運支局への届出と認証が必要であり、公認の車両のみがシャコタン(ローダウン)の車両として許されていました。よって、それ以前に公認を得ずにシャコタン(ローダウン)で公道を走っていた車両はすべて違法改造であり、当然のことながら車検にも通りませんでした。

しかし、平成7年に規制緩和が行われ、スプリングを交換しても自動車のボディサイズが車検証に記載されているの数値よりも「全高±40mm、全幅±20mm、全長さ±30mm以内」であれば、届け出と認証を受ける必要がなくなりました。ただし、スプリングの切断は安全確保を目的として違法とされ、最低地上高も90mmは確保する必要があります。

この規制緩和以降、日本でも合法的に車高調やシャコタン(ローダウン)楽しめるようになり、極端なローダウンではなく、お洒落なローダウンや運動性能を高める目的のローダウン車が普及していきました。

従って、一定の基準の範囲内であればシャコタン(ローダウン)は合法ですので、一概にシャコタン=違法というわけではないようです。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す