MOBY

空飛ぶ車「エアロモービル」とは?性能や価格など最新情報まとめ|発売日は2017年?

「AeroMobil」って知っていますか?エアロモービルと読みます。世界初の空飛ぶ車の名称です。 技術が進んで、ついに車が空を飛ぶ時代がやってきたんですね。バッグトゥーザフューチャーから幾年。本当に空飛ぶ車が実現するとは思いませんでした。SFのあの世界がまさか現実になるとは!このエアロモービル、再来年2017年に発売されることが発表されました。この記事ではエアロモービルについて詳しくご紹介していきたいと思います。少しでも興味がある方はぜひ読んで行って下さい!

車は空を飛べるの?

出典:http://www.sankei.com/

空飛ぶ車といったらあなたは何を思い浮かべますか?
SF映画でしか見られなかったですよね。しかし、ついに空飛ぶ車が開発されたのです。名称はエアロモービル。

車って本当に空を飛べるのでしょうか。

エアロモービルは1990年からコンセプトデザインと試作を繰り返してきましたが、2013年にようやく初飛行を果たし、2014年10月には将来の市販版に近いというバージョン3.0を公開しています。
何度も試行錯誤をし、テストを重ねることでやっと実現したのですね。

10月29日にウィーンの会議で発表された。発案者でエアロモビル共同創業者のユライ・バスリックCEOは、「過去30年間このプロジェクトに取り組んできて、完全な機能を提供する空飛ぶ車の提供という彼の夢がほぼ現実になった」と語る。

出典:http://toyokeizai.net/

エアロモービルとは?空飛ぶ自動車が実現する?

スロバキアのエアロモービル社が、空飛ぶ自動車の最新試作機「エアロモービル 3.0」を10月29日に発表しました。
映画の世界でしか見られなかった空飛ぶ車が現実となる日がついに来ましたね。

エアロモービルは、自動車から航空機へ変化して飛ぶようになっています。飛ばないときは翼をしまい、飛ぶときに翼を出すという仕組みです。
陸と空両方を走れるというのはすごいですね。

「エアロモービル 3.0」は全長6mで、翼を折りたたむことで地上走行時の全幅は1.6mとなり、駐車場に停めることも可能です。

自動車用のレギュラーガソリンのを使用し、乗車定員は2名となります。鋼鉄のフレームをカーボン製のカバーで覆っているため、重量はわずか450kg。飛行時の最高時速は200km、航続距離は約700kmに伸びたといいます。

東京から岡山まで一気に飛べる計算です。

ただし革新的な自動車だけに値段も張りそうで、ヨーロッパでは少なくとも数十万ユーロ(およそ数千万円)になりそうだと、報じられています。

夢のような自動車ですから、そのくらいの値がするのは仕方ないと思いますね。

エアロモービル

出典:http://www.aeromobil.com/

こちらがエアロモービルです。フォルムがかっこいいですね。

出典:http://www.aeromobil.com/

操縦席です。二人乗りです。

動画で見てみたい方はこちらをどうぞ

エアロモービル公式動画

Twitterでの反応

エアロモービルの発売日と価格は?

エアロモービル

出典:http://www.aeromobil.com/

開発するスロバキアの AeroMobil社 CEO Juraj Vaculik氏 がイベントSXSWで語ったところによれば、AeroMobil 市販版の発売は2017年になる見込みです。

当初は高級スポーツカーを複数台所有したり、趣味で自家用機を飛ばすような富裕層をターゲットに限定台数のみを生産してブランドの確立を狙う計画です。そのため、価格は「少なくとも数十万ユーロ以上」。日本円にして数千万円以上。

空飛ぶ車は現実になった!

出典:http://www.aeromobil.com/

エアロモービルは2017年10月に発売されるとのこと。みなさん乗ってみたいですか?もし空飛ぶ車が一般に普及したら・・・私たちの生活はどれほど変わるのでしょうか。

SF映画でみたあの世界が、本当に実現する日が来てしまうかもしれませんね。

未来の自動車に関連するおすすめ記事!

実用化されている最新技術についてはこちら!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す