初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ホンダ新型S1000は出ない!当初の予想から最新情報までおさらい

ホンダ新型S1000は幻の車に。かわりに新型ZSXを開発中か!ホンダからS660をベースとした新型スポーツカー「S1000」が発表・発売されるという噂や予想はあったものの、結局発売には至りませんでした。ホンダ新型S1000について、これまで編集部が立てたスペックや価格などの予想や集めた情報をまとめました。現在開発中と言われているスポーツカー「ZSX」についてもお伝えします。

ホンダ新型S1000は発表&発売予定なし!幻の車に

S1000 東京モーターショー2017にも出展されず

ホンダ S660

ホンダからS660をベースとした新型スポーツカー「S1000」が発表・発売されるという噂が流れ、雑誌社から予想が続出した2016年。
2017年に東京モーターショーの開催が決定していたためファンの間では盛り上がりましたが、結局東京モーターショーでS1000が発表されることはありませんでした。

その後、S1000発表・発売の噂や予想は収束に向かい、結果としてS1000が発売される可能性はかなり低いという状況になっています。

幻の車となったホンダ新型S1000ですが、これまで編集部が立てた予想や集めた最新情報をまとめました。

【最新情報】S1000ではなく新型S2000(ZSX)が復活か

ホンダZSXの予想レンダリングCG

ホンダ S660のパワーアップ版であるS1000は発売となりませんでしたが、その後ホンダのFRスポーツ・S2000の復活およびフラッグシップスポーツ・NSXのベビーカーとして「ZSX」というスポーツカーが発表される、という予想が出ています。
こちらの方は発表・発売の可能性があり、S1000の時と同様、ファンの間で盛り上がりを見せています。

S1000やZSXの発売予想が盛り上がるのは、ライトウエイトスポーツカーへの需要と期待が一定層あることを示しています。

もし新型ZSXの登場が実現すれば、軽自動車規格のS660と2000万円オーバーのスーパーカー・新型NSXの中間に位置するモデルが存在することに。
ホンダのスポーツカーラインナップが強固になりますので、ぜひ期待したいものです。

ホンダ新型ZSXについてはこちら

ホンダが開発中と予想されていた新型スポーツ「S1000」とは?

海外輸出に目を向けたグローバルモデル=S1000と予想

ホンダ ロゴ

©Shutterstock.com/ Jonathan Weiss

ホンダ新型S1000は、日本国内で人気を誇るホンダの軽オープンカー・S660をワイドボディ化し、エンジンパワーをアップさせたモデルと予想されていました。

S1000は、日本で成功をおさめたS660をワイド化し、海外をターゲットとしたものだと考えられます。
日本独自の軽自動車規格から外れながらも、S660のコンセプトそのままに、欧米市場を狙ったライトウェイトスポーツカーと期待されていました。

新型S1000のベースはS660?

ホンダの軽オープンカー「S660」とは

2015年、本田技研工業から登場したS660。ホンダとしてはビート以来、19年ぶりの軽自動車規格のオープンカーの発売となりました。

ホンダがこれまで発売してきた「Sシリーズ」と同様、S660もまた「S」を名乗りますが、S660は駆動方式にMRを採用した点で他のSシリーズと大きく異なります。

S660は軽自動車ゆえの軽快なハンドリング、爽快なレスポンスを持ち味とするS660は、運転者を楽しませ、多くの車好きの心を掴み、見事に大人気車種となりました。

その大変な人気ゆえに試乗車が足りない、納期が遅れるといった問題も発生しました。

ホンダ 新型S1000のデザインは?

デザインはS660と似たものになると予想

ホンダ S1000の予想レンダリングCG

上のS1000の予想CGデザインは、S660とさほど変わらないデザインとなっています。

S1000の車体サイズは全長3500mm×全幅1590nn×全高1190mmとなると予想されていました。
この数値は、S660のボディサイズが全長3395mm×全幅1475mm×全高1180mmですので、全長と全幅が若干大きくなる程度です。

パワーアップ化に応じてボディサイズが拡大され、現行型S660のデザインをさらに改良したエクステリアと予想されていました。

ホンダ 新型S1000の性能・スペックは?

VTECターボ搭載でS1000のパワーはS660の2倍に?

↓直噴2.0L VTECターボエンジン

S1000とS660の最大の違いは、軽自動車の規格ではどうしても物足りなかったエンジンパワーの部分です。
ボディサイズがS660とあまり変わらぬ一方で、パワーユニットは全く異なるものが搭載されると予想されていました。

具体的には、S1000は1.0L 直列3気筒 直噴VTECターボエンジンを搭載し、最高出力は127ps、最大トルクは20.4kgfm程度に出力アップが図られると予想されていました。
S660のエンジンパワーが64ps、10.8kgfmなので、約2倍の出力アップです。

軽自動車の馬力規制によりS660の最高出力は64psにとどまりましたが、S1000はそのような規制がないためにこういったパワーアップが可能です。
実際は実現しませんでしたが、S660以上の走りができるS1000への期待値は高かったといえるでしょう。

新型S1000のライバル車は?

ホンダS1000の市販化が実現した際、最大のライバルとなるのはやはりトヨタS-FR、マツダロードスターとなります。

トヨタ S-FR

S-FRとは、トヨタが東京モーターショー2015で世界初展示をしたライトウェイトスポーツカーです。

このS-FRとS1000は、ボディサイズやパワーユニットなどが同クラスとなるため、もし両車が発売されればユーザー層は被り、ライバル関係になることは間違い無いでしょう。

しかし結局、S-FRも開発中止が発表され、夢の共演は実現しませんでした。

マツダ ロードスター

世界的に評価が高く、販売好調の新型ロードスターも、S1000のライバルに見据えられると予想されていました。

S1000の価格と発売日予想!

S1000の価格【予想】

仮にS1000が市販されるなら、価格はおよそ280万円前後になると考えられます。
S660の価格がおよそ190万円、2009年まで販売されたS2000の価格が当時400万円ほどだったことを踏まえると、それらの中間となっており、300万円弱が妥当な価格でしょう。

S1000の発売時期【予想】

ホンダ新型S1000は2017年に世界初公開され、発売日は2017年夏頃と期待されていました。

実現しませんでしたが、他の国産自動車メーカーが同クラススポーツカーを開発するようなことがあれば、さらに国産スポーツカークラスは盛り上がっていくでしょう。

ホンダ 新型S1000はFR車として開発中だった?

ライバルとされるSF-R

前述したように当初S1000は、S660を一回り大きくした車として開発される予定でした。
つまり、MR車であるS660と同じく、S1000もMR車として登場するのではないかと予想されていたのです。

しかし、トヨタSFRやマツダロードスターなどのライバル車の駆動方式がFRであることや、かつてホンダが販売していた「S2000」もFR方式を採用していたことから、新型S1000もFRスポーツになる可能性が示唆されていました。

結果として発表・発売されない可能性が高いS1000ですが、ホンダの今後のスポーツカーラインナップに新型が登場することを期待しましょう。

ホンダ車に関するおすすめ記事!

スポーツカーに関連するおすすめ記事!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!