初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【激レア】8億円のレクサスLFAが販売中!価格20倍の理由はあの人のサイン入り…?

レクサスLFAは全世界でもたったの500台しか製産されていない、レクサスの超高級にして超激レア車です。そんなレクサスの中でも、さらに高い8億円という価格で販売されています。通常の価格で約6000万円ほどのレクサスLFAを20倍に吊り上げるサインとは一体誰のものなのでしょうか。

定価3750万円レクサスLFAが8億円で販売中!

元からレアなレクサスLFA

レクサス LFA

こちらのレクサスLFA。
世界限定500台のみの販売で、なおかつ世界でも評価の高い日本車至上最高クラスの高級スポーツクーペです。
フェラーリやランボルギーニに肩を並べるレクサスのスーパーカー。

また、今回のLFAは500台の中でもさらに50台限定で製造されたニュルブルクリンクパッケージの希少モデルです。
さらに、その希少モデルの中でも、第一号で海外に納品されたものでもあり、希少モデルであること以上に価値が上がることは間違いありません。
プレミアがついて価格が高騰することは必至と言えます。

この時点で、もしオークションに出品されることを想定すると少なくとも6000万円〜1億円ほどになるのではないでしょうか。

豊田社長のサイン付きで8億円に?

購入者へのサプライズ?

前述したように、すでに相当のプレミアが付いているレクサスLFAニュルブルクリンクパッケージですが、なんとボンネットにトヨタの代表取締役社長である豊田章男氏のサインが入っています。

このサインは、「レクサス LFA ニュルブリングパッケージ」の第1号を納車するにあたって、豊田社長からのサプライズ演出として書かれたものだそうです。

というのも、このレクサスLFAを購入したのはヨーロッパのレクサスディーラーオーナーのエリックさん。
彼は40歳の誕生日プレゼントに、自らレクサスLFA購入したそうです。
せっかくの誕生日プレゼントならと、豊田社長は彼へのサプライズとしてボンネットにサインを書いてあげました。

売りに出されるという結末に…

しかし、結局、エリックさんはこのサイン入りのレクサスLFAを手放すことにしました。
そして、豊田社長のサインによって価値が跳ね上がるだろうと判断し、なんと8億円という超高額で販売することにしたようです。

エリックさんにとって、豊田社長のサインはそれほど価値のあるものだということを表現しているのでしょうか。
にわかには信じがたいほどの付加価値がつき販売されることとなった「レクサスLFA ニュルブルクリンクパッケージ」。
サイン一つで、約20倍に跳ね上がるとは!

世界のトヨタ自動車の豊田社長はやっぱり偉大!

売れれば日本車史上、取引最高価格を更新!?

現在のところ、日本車の中で最も高く取引された車は、007でも有名になった往年の名車「トヨタ2000GT」で1億2000万円で取引されたようです。

この8億という驚異の価格で購入する人が現れれば、日本車の中では圧倒的に高額な取引となります。

8億のレクサスLFAは誰が買うのか?

レクサス LFA

サインの付加価値が7億円を超えるスター。
ハリウッドを探しても数えるほどもいないのではないでしょうか。

仮に、8億円という驚愕の価格で売れたとしたら、レクサスLFAニュルブルクリンクパッケージの価値の高さと同時に、トヨタ自動車の社長である豊田社長の世界的な評価の高さの表れとなるでしょう。

ただ・・・
世の中にはありがた迷惑という言葉もあります。

実際に待望の愛車「レクサスLFA ニュルブルクリンクパッケージ」の「ボンネット」にサインをしてもらったエリックさんはどのような気持ちだったかはわかりかねますが、個人的な意見では見た目が損なわれるのでちょっと…。せめて、英語表記の筆記体であれば嬉しいですね。

価格(ものの価値)は売り手と買い手(市場)で決まります。
買い手が現れればこの驚愕の価格も「適正」ということになります。
この「レクサスLFA ニュルブルクリンクパッケージ」が値下げされず、8億円で購入されることを願います!

この記事の執筆者

いけここの執筆者の詳細プロフィール

好きな車はランボルギーニミウラです! よろしくお願いします。...