MOBY

エンストとは?エンジンストップではなくてエンジンストールの意味だった!

エンジンが停止してしまう現象の「エンスト」。実は「エンジンストップ」の略称ではないということを知っていましたか?この記事で、「エンスト」の本当の名前とその原因、対処方法について学んでみましょう。

エンスト=エンジンストップではない?

車のイラスト

エンスト=エンジンストールだった!

「エンスト」とは、車のエンジンがドライバーの意図しない所で停止してしまう現象のことです。
よく「エンジンストップ(engine stop)」の略称だと思っている人がいますが、それは和製英語であり、実際には「エンジンストール(engine stall)」の略称をエンストといいます。

「engine stall」の“stall”には、英語で「行き詰まる」「失速する」の意味があり、英語圏ならそれだけで“エンストした”という意味にもなります。

逆に、「engine stop」には“意図してエンジンを止める”という意味しかなくありませんので、英語で「engine stop」と検索をかけても、エンストに関連するページは出てきません。

エンジンストールの原因は?

エンジンストールの原因には、大きく分けて「操作ミス」と「整備不良」の二つがあります。
「操作ミス」によるエンストはMT車に多く、エンジン自体の故障や燃料不足といった「整備不良」が原因のエンストは、MT車・AT車に関係なく起こります。

MT車のエンジンストールの原因

エンスト原因の大半は、MT車運転時の操作ミスによるものです。
MT車では、クラッチを操作してエンジンの動力をタイヤに伝えることになりますが、発進時のクラッチ操作が下手だと動力がタイヤに上手く伝わらず、エンストしてしまいます。

➡マニュアル車のエンストに関して詳細はこちらの記事

AT車のエンジンストールの原因

AT車ではクラッチ操作を自動で行ってくれるため、操作ミスによるエンストはほとんどありませんが、坂道は別で、ギヤ操作を誤った場合、AT車でもエンストすることがあります。

➡オートマ車のエンストに関して詳細はこちらの記事

エンジンストールしたらどうする?

出典:http://www.honda.co.jp/

もしも走行中にエンストしてしまっても、一旦落ち着いてエンジンを掛け直してみましょう。
エンジンが動けば安全な所に移動でき、整備不良のチェックもできます。

エンジンが動かなかったらバッテリーのチェックをして、バッテリーが無事ならハザードランプを点灯し、三角表示板や発煙筒を用いて、後続車にトラブルが発生したことを知らせる必要があります。

その後は適宜、警察やロードサービスに連絡をして救助を待ちましょう。
高速道路上は時速80キロの車が行き交う非常に危険な場所ですので、決して車外に出てはいけません。

ATとMTのそれぞれのエンスト対処法の詳細はこちら!

落ち着いてエンストに対処しよう!

エンストの画像です。

エンストはエンジンストールの略称であること、ご理解いただけましたか?

エンストについて知っていた人も、知らなかった人も、エンストを起こしてしまったら、この記事の内容を思い出して落ち着いて対処してみてください。

スムーズな対処ができれば、同乗している友人や恋人にも、頼りになる人だという印象を与えられるはずです!

車の知識に関するおすすめ記事!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す