初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

クリープ現象とは?意味と仕組みと速度を理解しよう【自動車用語】

クリープ現象とは自動車からブレーキを離すとスーッと前に出ていく現象のこと。自動車のクリープ現象について、意味や仕組み、速度に関して分かりやすく解説していきます。ブレーキを離すと前進する現象と、そのメリット・デメリットにも触れながら徹底解説します。

クリープ現象とは?クリープ現象の意味

クリープ=ゆっくり動くという意味

「クリープ現象」とはオートマチック車でエンジンがアイドリング状態にあり、ギアがパーキング・ニュートラル以外のとき、アクセルを踏んでいなくても、ブレーキから足を離すと車両が動く現象のことを言います。

「クリープ (creep)」 「クリーピング (creeping)」 とは、英語で「ゆっくり動く」という意味があります。
クリープ現象はAT車(オートマ)にのみ現れ、MT車(マニュアル)ではクリープ現象は起こりません。

AT車に普段乗っている方は必ずと言っていい程クリープ現象を体験しているかと思います。
信号が青に変わってブレーキから足を離した時、渋滞で少しづつしか前進しない時。
それがクリープ現象です。

クリープ現象の仕組みと速度

クリープ現象は、トルクコンバーター式のAT車(オートマ)にのみ発生します。
AT車(オートマ)のみに発生する理由は、AT車(オートマ)のトルクコンバーターは動力の伝達に液体を用いているからです。
MT車(マニュアル)のタイヤへの動力伝達のON・OFFの切替はクラッチで行われているため、エンジンの回転とタイヤの回転を完全に切り離すことができますが、AT車ではトルクコンバーター内にある液体を用いてエンジンの回転力をタイヤに伝えているため、完全に切り離すことができません。

また、クリープ現象の速度はメーカーによって差ががありますが、概ね人が歩く程度の速度となっています。

クリープ現象のメリットとデメリット

クリープ現象にはメリットも多々ありますが、その反面デメリットも存在します。

メリット

クリープ現象のメリットが最も発揮されるのが、駐車時です。アクセルを踏まなくても車が動くので、速度を出す必要のない駐車時にはブレーキ操作にのみ集中することができます。

また、渋滞時には車が流れるたびにアクセルを踏む必要がなく、ブレーキを離すだけで発進するため疲労軽減にもつながりますね!

デメリット

クリープ現象のデメリットは、注意を怠ると追突の恐れがある点です。

アクセルを踏まなくても車が発進してしまうので、もしシフトがDやRのままなのにパーキングに入れたと勘違いしてブレーキから足を離してしまうと、当然ですが車は動きます。もし近くに他の車や、歩行者がいた場合、事故を起こしてしまう危険性があります。

駐車時は必ずシフトがパーキングに入っていることを確認するようにしましょう。

クリープ現象の事故に注意

クリープ現象の意味や仕組みについてご紹介してきました。
クリープ現象はとても便利な機能ではありますが、きちんと理解していなければ大変危険なものでもあります。

クリープ現象で特に注意しなければならないのは、赤信号待ちでの玉突き事故です。
後部座席にある荷物を取ろうと、ふと体勢を変えてしまい、足がブレーキペダルから離れ、そのまま前の車に玉突き事故を起こしてしまう、というケースが実際にもよく起きています。

信号待ちの最中であっても、運転していることを忘れず、しっかりと前を向いていることが大切です。
クリープ現象の事故には注意しましょう。

他のためになる自動車用語についてはこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す