初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

スズキ バレーノ発売|新型コンパクトカーの特徴や燃費性能と価格は?

スズキは、新型コンパクトカー「バレーノ」を3月9日に発売しました。インドで製造され、日本に輸入する形で販売される「バレーノ」はどのような性能を持つのか?この記事では、「バレーノ」のデザインや性能、燃費や価格をまとめています。

スズキ インド生まれの新型コンパクトカー「バレーノ」を発売

スズキ バレーノ(BALENO)とは?

スズキ バレーノ 2016年型

スズキは3月9日、新型コンパクトカーの「バレーノ(BALENO)」を日本国内で発売開始しました。
グレードは1.2リッター自然吸気エンジンを搭載する「XG」の他、5月13日発売予定の1.0リッター直噴ターボエンジンを搭載する「XT」が用意されています。

世界各地で販売される世界戦略車として開発されたバレーノは、2015年9月に開催されたフランクフルト国際モーターショーで世界初公開され、それと前後してインドのマルチ・スズキ・インディア社での生産も開始されました。

その後、2015年10月にインドでの先行販売を開始したバレーノは現地での好評を得て、晴れて日本での販売が開始されたのです。

スズキは日本では軽自動車のイメージが強いですが軽自動車の市場があるのは日本国内のみ。
今後縮小する日本市場に対して、拡大するであろう世界市場での勝負を見据え、軽自動車の枠組みに縛られないコンパクトカーの領域を強化しており、実際にインド内の販売台数で大成功を収めています。

スズキのコンパクトカーはこれまでスイフトとソリオが人気を牽引しておりました。
2016年2月には注目の新型コンパクトカー「イグニス」が発売されたばかりですが、1ヵ月もたたず今回のバレーノの投入となります。

昨年末は新型コンパクトSUV「エスクード」の発売や、ファン待望の「アルトワークス」が復活を遂げ大きな話題となりました。

さらにはスズキの軽自動車のFRオープンカーで、こちらもファンが非常に多い名車「カプチーノ」の復活の噂もされています。

最近のスズキはとても攻めている印象があり楽しみです。
それでは、この記事では、新型バレーノの性能やデザイン、燃費や価格などを見ていきましょう。

スズキ バレーノのCM動画

スズキ バレーノのエクステリアデザイン

スズキ バレーノ 2016年型

イタリア語で「閃光」を意味する名前のバレーノは、新開発の軽量プラットフォームを採用しており、ボディサイズは3995×1745×1470mm(全長×全幅×全高)とコンパクトで、市街地などでも使いやすくなっています。

デザイン面では「Liquid Flow(リキッドフロー)」をテーマに、滑らかで優美かつ力強い「凝縮したエネルギーを前に解き放つ」というイメージをボディラインで表現しています。
また、空力性能にも注力して形作られているボディは、燃費性能や静粛性能の向上にも役立っています。

ボディカラーは「プレミアムシルバーメタリック3」「アークティックホワイトパール」「ミッドナイトブラックパール」「アーバンブルーパールメタリック」「ファイヤーレッド」の他に、5月下旬に追加予定の「オータムオレンジパールメタリック」「レイブルーパールメタリック」を合わせた全7色となっています。

スズキのコンパクトカーであるスイフトはどちらかといえば女性向けのフォルムであり、先日発売されたイグニスは元アウディのデザイナーが担当したこともあり奇抜な珍しいデザインとなっております。
これまでのスズキのコンパクトカーは他メーカーとは明らかに異なるデザインで、個性が非常に強い印象でした。

今回の新型バレーノはいかがでしょう。
男性にも女性にも広く受け入れられるスタイリッシュでおしゃれなデザインに仕上がっています。
なかなかかっこいいモデルが生まれ辛い全長4,000mm以下のコンパクトカー市場において、トップクラスのデザイン性の良さといっても決して言い過ぎではないでしょう。

プレミアムシルバーメタリック3

スズキ バレーノ 2016年型

アークティックホワイトパール

スズキ バレーノ 2016年型 ホワイトパール

ミッドナイトブラックパール

スズキ バレーノ 2016年型

アーバンブルーパールメタリック

スズキ バレーノ 2016年型 アーバンブルー

ファイヤーレッド

スズキ バレーノ 2016年型

オータムオレンジパールメタリック

スズキ バレーノ 2016年型

レイブルーパールメタリック

スズキ バレーノ 2016年型

スズキ バレーノの室内インテリア

スズキ バレーノ XT インパネ
スズキ バレーノ XT シート

ゆとりある空間。流れるような曲線美。
ドライバーを迎えるのは、横へと伸びやかに広がる上質な空間。
そして中央に向かって流れるように曲線を描くインストルメントパネル。
落ち着きのあるブラックの内装には、シルバーのアクセントをあしらった。

出典:http://www.suzuki.co.jp/

バレーノの室内インテリアデザインは、エクステリアと同じく「リキッドフロー」を踏襲しており、流麗で上質な空間を演出しています。

寸法は1,975×1,440×1,175mm(長さ×幅×高さ)の大きさがあり、大人5人がゆとりをもって座ることができます。
また、本革の表皮が選択可能なシートは、ドライバーの体格に合わせてドライビングポジションの調節が可能です。

スズキ バレーノのラゲッジスペース

ゆったりとした室内空間を確保しながら、荷物のタイプによってラゲッジボードを上段・下段にセットしてアレンジできる、容量320Lの荷室を実現。9.5インチのゴルフバッグも積載可能です。またラゲッジボードを上段にセットした状態でリヤシートを倒せば、ほぼフラットなスペースになります。

出典:http://www.suzuki.co.jp/

スズキ バレーノの安全装備は?

バレーノは、ミリ波レーダーで前方車両を検知し、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図るシステム「レーダーブレーキサポートII」を全車で標準装備しています。

「レーダーブレーキサポートII」には、「自動ブレーキ機能」の他、「前方衝突警報機能」と「前方衝突警報ブレーキ機能」、「前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能」といった機能が搭載されており、安全性を飛躍的に高めてくれます。

また、ミリ波レーダーが前方車との距離や速度差を検知して、設定速度内で自動的に追従走行を行なう「アダプティブクルーズコントロール」も全車で採用されており、長時間ドライブでのドライバーの負担を軽減させることで、安全性を高めています。

次のページ

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!