【コンパクトカー徹底比較】トヨタ・アクアvsスズキ・スイフト│ライバル車対決

トヨタが誇るハイブリッド・コンパクトカー「アクア」と、スズキが満を持して発売したエネチャージを搭載したスイフトの徹底比較!その対決の結果は?どちらも新車販売台数ランキングに入る人気車、今回は注目の対決です!

トヨタ・アクアて、どんな車?

出典:http://toyota.jp/

トヨタ・アクアは2011年から発売が開始された、5ナンバーサイズのコンパクト・ハイブリッド車です。
それまで、ハイブリッドと言えばプリウスで、これは3ナンバーの普通乗用車でした。
トヨタ・アクアの売りは、なんといってもリッター37キロという世界トップクラスの燃費です。扱いやすい5ナンバー車で十分に実用的でありながらも、かっこいい洗練されたデザインで発売前から高い注目を集めていました。
トヨタ・アクアの発売開始後、それまで日本国内の自動車販売台数の1位となっていたプリウスを抜いた記録ももっています。

スズキ・スイフトがライバルへ…

出典:http://www.suzuki.co.jp/

スズキ・スイフトは2008年に初代モデルを発売、2010年のフルモデルチェンジで3代目となり、現行モデルに至るコンパクトカーです。
ボディタイプは5ドアハッチバック、1200ccのエンジンを搭載しています。
駆動方式はFF、4WDの選択も可能です。

2016年3月時点で、スイフトは、「スイフト」「RS」「スタイル」「スポーツ」と4系統がラインナップされています。

今回は、トヨタ・アクアに近いノーマルタイプの「スイフト」で徹底比較していきます。

トヨタ・アクアとスズキ・スイフトの車両価格対決!

車名トヨタ アクアスズキ スイフト
車両価格(税込)1,761,382〜2,431,9631,316,520〜1,924,560

総じて、アクアの方が車両価格が高くなっています。これは、エンジンの基本的構造の違い、環境性能を高めるシステムが価格差になっているのではないかと推測されます。

両車ともにエコカーのカテゴリーとなっています。そこで、次にエンジンと環境性能の仕組みを徹底比較することにしましょう。

トヨタ・アクアとスズキ・スイフトのエンジン・環境性能を高めるシステムを徹底比較!

トヨタ・アクアのハイブリッドシステム

出典:http://toyota.jp/

トヨタ・アクアは、1500ccのガソリンエンジンとモーターを組み合わせたパワートレインとなっています。

注目なのは、モーター単体でのパワーが、61ps・17.2kgf-mもあるという点です。モーター単体でも車を一定までの速度で走らせることができます。

スズキ・スイフト「エネチャージ」

出典:http://www.suzuki.co.jp/

スズキ・スイフトには「エネチャージ」と呼ばれる環境性能を高めるシステムを搭載しています。

一方、アクアは、駆動にエンジンとモーターの2種を使いますが、スイフトはエンジンのみとなります。減速エネルギーを電気に変換、バッテリーに蓄え、停車時の消費エネルギーに使用する、回生エネルギー・システムとなっています。

トヨタ・アクアとスズキ・スイフトの環境性能対決の結果は?

単純にシステムのみを比較すれば、アクアの勝利となりますが、走行シチュエーションや走行距離を考慮したコストパフォーマンスにも注意したいところです。

車両価格が比較して安価なスイフトは非常に高いコストパフォーマンスを持っていると言えるのではないでしょうか?

トヨタ・アクアとスズキ・スイフトの燃費対決!エコなのはどっち?

出典:http://toyota.jp/

スズキ・スイフトの環境性能

出典:http://www.suzuki.co.jp/

燃費比較

車名トヨタ アクアスズキ スイフト
燃費[JC08モード](km)33.8〜37.019.4〜26.4

これは、ハイブリッド車、アクアの完全勝利ですね。
しかし、スイフトは、アイドリングストップ機能などで環境性能を高めており、十分エコな燃費を持っているといえるでしょう。

次のページ