初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ブガッティ・シロンの次は4ドアセダン!ブガッティリムジンが開発確定

ジュネーブモーターショーでシロンを公開し、世界を騒がせたブガッティ。前プロジェクトのブガッティヴェイロンに引き続き、性能、デザイン、価格などあらゆる点で世界最高のスーパーカーを製造するメーカーとしてのイメージが強いです。そんなブガッティのヴェイロン、シロンに続く次プロジェクトとして、セダンタイプのブガッティリムジンを製造するようです。今回は、ブガッティリムジンの最新情報をお届けします。

世界最速のスーパーブランド ブガッティ

先日世界初公開されたブガッティ・シロン

スーパーカーで有名なブガッティ。

2016年3月1日開幕のジュネーブモーターショーで新型モデル、ブガッティシロンを発表したブガッティ。

価格は約3億円。現在のブガッティ発表の性能値では最高速度420km/hですが、確実に市販・量産車世界一の速度、460km/hから470km/hでのギネス記録が期待されているブガッティ・シロン。

車に詳しくない方でも、世界一速い車を作るメーカーだと聞けば興味を持ってくれるかと思います。

そして今回、ジュネーブモーターショーでブガッティから新たなニュースが飛び込んできました。

ブガッティといえば、クーペタイプ(2ドア・2シーター)のスーパーカーを作っているという印象の強いメーカーですが、次に開発するのは世界最速のセダン?

ブガッティがセダンタイプのブガッティリムジンを開発中!

ブガッティCEOがジュネーブモーターショーにて明言

世界最高のスーパーカーメーカーである、ブガッティの次プロジェクトはセダンタイプのブガッティリムジンを開発中とのことです。

ブガッティのCEOがジュネーブモーターショー2016でのインタビュー中、シロンの次のプロジェクトとして、ハイパフォーマンス4ドアセダンを挙げました。
そして世界中へ「ブガッティリムジン開発へ」のニュースが流れました。

セダンタイプのブガッティリムジン?

リムジンなのか、セダンなのか、紛らわしいと思われるかと思います。

日本語の意味ではリムジンというと「運転席と客席の間にガラスの仕切りのある、大型の高級乗用車」と定義されています。
しかし海外での使われ方は単に「大きく、非常に高級で快適な車」という定義のみしかされていません。

そのために、日本ではリムジンと呼びそうもないセダンタイプのボディでも、ブガッティほどの高級車であれば海外ではリムジンと呼ばれているようです。

それでは、セダンタイプのブガッティリムジンを詳しくご紹介していきます。

ブガッティのセダンタイプBugatti 16C Galibier(ガリビエール)

さすがブガッティというほどの高級感ですね。
写真では大きさまでは伝わってきませんが、かなり大型になっているようです。

ブガッティのエンブレムと側面に大きくあしらわれているシルバーの部分がかっこいいですね。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー(東証マザーズ上場)約211社10社