【日産の人気セダン徹底比較】スカイラインVSフーガ|ライバル車対決!

日産のプレミアムセダンの位置づけにある「スカイライン」と「フーガ」。先進的な機能と高い安全性、卓越した運動性能、ハイブリッドの優れた燃費性能を誇るこの2台を、価格、デザイン、エンジン性能、室内空間、人気などで比較してみました。スカイラインとフーガ、あなたならどちらを選びますか?

【目次】スカイラインとフーガを徹底比較!

■日産 スカイラインとは
■日産 フーガとは
■フーガとスカイラインのデザインを比較
┗スカイラインのエクステリア・内装
┗フーガのエクステリア・内装
■スカイラインとフーガの価格や燃費を比較
┗スカイラインとフーガの新車価格
┗スカイラインとフーガの中古車価格
┗スカイラインとフーガの燃費
■スカイラインとフーガのエンジン性能を比較
┗日産スカイラインのエンジン
┗日産フーガのエンジン
■スカイラインとフーガの室内空間を比較!
┗スカイラインの室内空間
┗フーガの室内空間
■スカイラインとフーガの人気や販売台数を比較!
■スカイラインとフーガあなたならどちらを選びますか?

日産 スカイラインとは

※画像は現行モデル(13代目スカイライン)

出典:http://www2.nissan.co.jp/

日産スカイラインは1957年に初代が発売されました。2014年にフルモデルチェンジが行われ、現行モデルである13代目となりました。

スカイライン初の全グレードがハイブリッド車になり、ダイムラーとの提携により供給されたターボ・エンジンを搭載するモデルもラインナップに加わりました。また前方衝突予測警報やエマージェンシーブレーキ、エマージェンシーブレーキを備え、予防安全性能評価では最高ランクを獲得しています。

卓越した走行性能と力強い加速性能、環境性能も両立した「世界最速ハイブリッド」と、パワフルな走りと走行安定性、低燃費を実現した「次世代ターボ」が用意されています。

日産 スカイラインをもっと詳しく知りたい方はこちら!

新型スカイラインクーペ(インフィニティQ60)2017年に日本発売か!?

2016年1月11日に開催されたデトロイトモーターショーにて、新型スカイラインクーペ(インフィニティQ60)が発表されました。直列4気筒 2.0リッターターボエンジンとV型6気筒 3.0リッターツインターボエンジンの2種類のラインナップを用意しているとのことです。

現在、日産の栃木工場で新型スカイライン クーペの生産が始まっており、日本での発売は2017年中になるのではないかとの予想されています。

日産スカイラインの新型車情報!

日産 スカイラインのグレードは何種類?

現行モデルである13代目スカイラインのグレードの種類は以下になります。

スカイラインはハイブリッド仕様と次世代ターボ車に分けられます。さらにそれぞれのエンジン仕様によって2WD、4WDなどのグレードが分けられます。さらにハイブリッド仕様、次世代ターボ仕様のスカイラインどちらも上質な内装を極めたCool Exclusive(クール エクスクルーシブ)グレードがあります。

■ハイブリッド車
┗350GT HYBRID Type SP Cool Exclusive
┗350GT FOUR HYBRID Type SP Cool Exclusive
┗350GT HYBRID Type SP / 350GT FOUR HYBRID Type SP
┗350GT HYBRID Type P Cool Exclusive
┗350GT FOUR HYBRID Type P Cool Exclusive
┗ 350GT HYBRID Type P / 350GT FOUR HYBRID Type P
┗350GT HYBRID / 350GT FOUR HYBRID

■次世代ターボ車
┗200GT-t Type SP
┗200GT-t Type P
┗200GT-t
┗200GT-t Type SP Cool Exclusive
┗200GT-t Type P Cool Exclusive

日産 フーガとは

出典:http://www2.nissan.co.jp/

日産フーガは2004年に初代が発売されました。
2009年のモデルチェンジを経て、現行モデルである2代目となりました。

最先端の技術で世界最高峰の安全性能を実現、質を極めたインテリアにより、洗練されたプレミアムな空間を演出するなど、ラグジュアリーでダイナミックなモデルとなりました。

日産が世界に誇る高級車「インフィニティ」の開発で培われた高い技術力やデザインから、2代目のモデルにはスカイライン同様にインフィニティのエンブレムが装着されました。

ガソリン車とハイブリッド車がラインナップされ、ハイブリッド車は圧倒的なパフォーマンスと環境性能を両立しています。

日産 フーガのグレードは何種類?

フーガの現行モデルのグレードは大きく分けて2種類あります。ハイブリッド車とV6エンジン車に分けられており、さらにその中でも2WDや4WD、上質な内装を追求したCool Exclusive(クール エクスクルーシブ)使用にグレードが分けられます。

■ハイブリッド車
┗HYBRID Cool Exclusive
┗HYBRID VIP

■V6エンジン車
┗370GT Type S Cool Exclusive
┗370GT Type S
┗370GT Cool Exclusive
┗250GT Cool Exclusive
┗370GT FOUR Cool Exclusive
┗370GT FOUR
┗370VIP
┗370GT
┗250GT
┗250VIP

スカイラインとフーガのデザインを比較!

スカイラインのデザイン・内装

出典:http://www2.nissan.co.jp/

スカイラインのデザインは、ドアやフードなどのボディパネルの隙間を詰め、徹底的に小さくするといった走るために作り込まれたデザインとクオリティが魅力です。車両の大きさも全長4,790mm×全幅1,820mm×全高1,450mmと、他のセダンと比較しても全高がかなり低く設計されています。

内装も、センターコンソールやシートに至るまで直線的なデザインが施されており、高級感とスポーティさが演出され、全体としてアスリートセダンとして、引き締まったスタイルで、よりスポーティな仕上がりとなっています。

ボディカラーは8色が用意されています。

フーガのデザイン・内装

出典:http://www2.nissan.co.jp/

フーガのデザインは、プレミアムセダンとしての高級感と躍動感をバランス良く演出しています。ボディサイズは、全長4,980mm×全幅1,845mm×全高1,500mmと、セダンの中では大きめのサイズとなっており、全体としてどっしりとした印象を受けます。

内装は、センターコンソールにアナログ時計を装備するなど、落ち着いた上質な空間が演出されています。スカイラインと比較すると比較的丸みを帯びたデザインとなっており、ラグジュアリカーでありながら、ダイナミックなプレミアムカーにふさわしいデザインとなっています。

ボディカラーは、プレミアムブラウン、ダークメタルグレーなど、7色が用意されています。

スカイラインとフーガの価格や燃費を比較!

スカイラインとフーガの新車価格

▶新車価格
スカイラインの車両価格は、ハイブリッドが468万円~605万円、ガソリン車が389万円~492万円です。
フーガの車両価格は、ハイブリッドが627万円~693万円、ガソリン車が477万円~621万円です。

日産のプレミアムカーだけあって、スカイラインもフーガもプレミアムな価格です。
特にフーガの上位モデルの価格は高めの設定となっています。

スカイラインとフーガの中古車価格

▶中古車価格
スカイラインの中古車価格は225万円~399万円程度です。
フーガの中古車価格は、319万円~530万円程度です。

どちらも日産の高級セダというだけあって、価格も高めとなっています。
特にフーガの最新モデルで上位グレードは新車価格同様に中古車価格も高めとなっています。


200GT−t …
359.8万円
本日の在庫
371
平均価格
186.3 万円
本体価格
17 ~ 1480 万円


370GT タイ…
439.2万円
本日の在庫
204
平均価格
145.7 万円
本体価格
28 ~ 469 万円

スカイラインとフーガの燃費も比較!

▶スカイラインの燃費
ハイブリッド車:2WD 17.8~18.4km/L 
        4WD 16.8~17.0km/L 
ガソリン車(2.0L):2WD 13.0~13.6km/L

▶フーガの燃費
ハイブリッド車:2WD 17.8~18.0km/L
ガソリン車(2.5L):2WD 11.2km/L 
ガソリン車(3.7L):2WD 8.9~9.4km/L 
          4WD 8.9km/L 

ハイブリッド車は高級セダンの中でも両車ともに高い燃費性能です。ガソリン車の燃費は排気量の大きさと比例した燃費性能となっています。

スカイラインとフーガのエンジン性能を比較!

日産 スカイラインのエンジン

出典:http://www2.nissan.co.jp/

【ハイブリッド】
型式・種類 VQ35HR DOHCV型6気筒C
総排気量(cc) 3,498
圧縮比 10.6
エンジン最高出力〔ネット〕[kW(PS)/rpm]225(306)/6,800
エンジン最大トルク〔ネット〕[N・m(kgf・m)/rpm]350(35.7)/5,000
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS) 電子制御燃料噴射装置
燃料タンク容量(ℓ) 70
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
モーター最高出力[kW(PS)]50(68)
モーター最大トルク[N・m(kgf・m)]290(29.6)

【ガソリンエンジン】
型式・種類 274A DOHC直列4気筒
総排気量(cc) 1,991
圧縮比 9.8
最高出力〔ネット〕[kW(PS)/rpm]155(211)/5,500
最大トルク〔ネット〕[N・m(kgf・m)/rpm]350(35.7)/3,500
燃料供給装置 電子制御燃料噴射装置
燃料タンク容量(ℓ) 80
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン

日産 フーガのエンジン

出典:http://www2.nissan.co.jp/

【ハイブリッド】
型式・種類 VQ35HR DOHC V型6気筒
総排気量(cc) 3,498
圧縮比 10.6
エンジン最高出力〔ネット〕[kW(PS)/rpm]225(306)/6,800
エンジン最大トルク〔ネット〕[N・m(kgf・m)/rpm]350(35.7)/5,000
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS) 電子制御燃料噴射装置
燃料タンク容量(ℓ) 70
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
モーター最高出力[kW(PS)]50(68)
モーター最大トルク[N・m(kgf・m)]290(29.6)

【ガソリンエンジン2.5L】
型式・種類 VQ25HR DOHC V型6気筒
総排気量(cc) 2,495
圧縮比 10.3
最高出力〔ネット〕[kW(PS)/rpm]165(225)/6,400
最大トルク〔ネット〕[N・m(kgf・m)/rpm]258(26.3)/4,800
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS) 電子制御燃料噴射装置
燃料タンク容量(ℓ) 80
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン

【ガソリンエンジン3.7L】
型式・種類 VQ37VHR DOHC V型6気筒
総排気量(cc)3,696
圧縮比 11.0
最高出力〔ネット〕[kW(PS)/rpm]245(333)/7,000
最大トルク〔ネット〕[N・m(kgf・m)/rpm]363(37.0)/5,200
燃料供給装置 電子制御燃料噴射装置
燃料タンク容量(ℓ) 80
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン

スカイラインとフーガのハイブリッド車のエンジンは同じエンジンが搭載されています。
日産独自のハイブリッドシステムを搭載したハイブリッド車は、エンジンとモーターの併用で非常に高い速度性能と強力な加速性能、優れた燃費性能を実現しています。

スカイラインのガソリン車のエンジンは、かつての「高性能な半面、燃費が悪い」といったエンジンとは違うことを強調すべく「次世代」と称し、走行性能と燃費性能の向上を実現しています。

フーガのガソリン車のエンジンは、3.7Lという強大なエンジンで、333馬力を誇るモンスターエンジンを搭載し、圧倒的なパワーで走りの楽しさを味わうことができます。

スカイラインとフーガの室内空間を比較!

スカイラインの室内空間

出典:http://www2.nissan.co.jp/

スカイランの室内空間は、より走りを追求した空間を実現しています。
エンジンやトランスミッション、ステアリングなど、走りのモードを好みに合わせて細かく設定が可能で、車内で聞こえるエンジン音さえもモードに応じて切り替わります。まさに「自分だけのスカイライン」といった感覚を味わうことができます。

フーガの室内空間

出典:http://www2.nissan.co.jp/

フーガの室内空間は、より使いやすさと快適さを追求しています。みどりの香りと香木の香りの2種類のアロマディフューザーによるリラックス効果、プラズマクラスターによるクリーンな空気、エアコンから出る「ゆらぎ風」は自然のそよ風を感じることができます。まるで「森の中にいるかのような心地よさ」を感じられます。

乗り心地や静粛性、快適性など、両車ともプレミアムセダンにふさわしい上質さを感じられる仕上がりとなっています。

スカイラインとフーガの人気や販売台数などを比較!

スカイラインの発売当初の販売目標は控えめに設定されていたようですが、2014年は目標を4倍以上も上回る販売台数となりました。2015年は勢いがなくなったとはいえ、当初目標の2倍弱の販売台数となっています。

フーガの販売台数は2010年にハイブリッドモデルの投入で伸びたものの、2011年をピークに減少しています。市場のハイブリッド人気で2015年の販売台数は上向きになったものの、2011年のピークと比較すると約半分の販売台数となっています。

人気のセダンに関する記事はこちら

スカイラインとフーガあなたならどちらを選びますか?

出典:http://www2.nissan.co.jp/

出典:http://www2.nissan.co.jp/

スカイラインは、卓越した走行性能と力強い加速性能など、スポーティ指向で運転する楽しさも含めた走行性能を重視しています。フーガは最先端の技術で世界最高峰の安全性能と快適な室内空間、質を極めたインテリアによる高級感など、快適性を追求しています。 

両車ともにプレミアムセダンとしての完成度は成熟の域にあるといっても過言ではなく、どちらを選んだとしても大きな満足感が得られるはずです。あなたならどちらを選びますか?

スカイラインに関連するおすすめの記事

おすすめセダン徹底比較記事

日産の車種に関連するおすすめの記事