MOBY

車を売るときはここを見られている!中古車売却でマイナスになるポイント

長年乗っていた車を手放す時、新品同様の綺麗さを保っているということはないですよね。やはり使用感や痛みがでていると思います。買取業者は査定の際、どこを見ているのでしょうか?査定時マイナスに見られてしまう5つのポイントをまとめました。興味のある方はぜひ読んでみて下さい。

画像の説明文

①走行距離が多いと不利

車の買取り査定の一つに走行距離がありますが、走行距離が短ければ車の買取り価格も高くなります。
車の走行距離は年間1万キロが標準とされています。この標準を超える走行距離だとマイナス評価になります。

走行距離に関しては、その人のライフスタイルや使用目的によって大きく変わってきますので、どうすることもできませんが、中古車の査定を受ける際には1年に10,000キロ以上走った車はマイナス査定なるということを知識として覚えておいて下さい。

出典:http://www.granthamandira.org/

②ボディーに傷がある場合

ボディの塗装やキズは、爪が引っ掛からない程度なら、大きく減点されることはありません。
しかし、大きくて深いキズや、元色以外にボディを全塗装している場合などは、大きな減点材料になります。

明らかにわかるような傷やへこみのある中古車は、修理費用がかかるということからマイナス評価になります。
ただし、普通に乗っていれば普通に付く程度の傷の場合はマイナス評価になることはほとんどないようです。

出典:http://kasegiman.com/

③車内のニオイがある場合

タバコのニオイなどニオイのある車は売れにくい車ということからマイナス評価となるようです。
タバコのほか、ペットのニオイもマイナス評価の原因になります。

タバコのニオイは、そう簡単に取れません。消臭をしたとしても、喫煙者には気にならなくても、タバコを吸わない人は大いに気になります。また、最近多いのが、ペットのニオイです。ペットを車に乗せられる方が増えてます。 内装を引っ掻いたり、カーペットやシートを汚してしまうことありますし、特に動物の毛やニオイで車査定をダウンさせてしまうことがあることは、念頭に置いておかれたほうがよいかと思います。

出典:http://goo.gl/

車の嫌なニオイは消せる!消す方法教えます

▽スチームタイプの消臭剤を使う

置くタイプやスプレータイプよりも効果は高くなることでしょう。
スチームタイプの消臭剤は、薬剤が霧のように発生し、車中に充満する仕組みとなっています。

エアコンを内気に設定し、温度設定は最低に、ファンは最強にしてから作動させ、車外へ出てドアを閉めましょう。
使用後はドアを開けて換気を十分に行なう必要があります。

このタイプの消臭剤であれば、通常車に乗っている状態ではほとんど、タバコの臭いが感じられなくなるまでの効果が得られるようです。

▽日干しする

日干しするときは、出来るだけ車内に日光が届くような角度で駐車し、窓やドア、リアハッチなど開けられるところは全て開けておくと効果的です。

車の中は意外と通気性が悪いものですから、日干しすることでかなり臭いが軽減されるのを実感できるのではないでしょうか。

▽車のクリーニング業者が使用する業務用洗剤を入手

クリーニング業者と同様の洗剤を使用することで、十分な消臭効果が期待できそうです。
インターネットの通販サイトで入手できる場合があるので、気になった方は調べてみて下さい。

④保証書や取扱説明書が無い場合

書類の有無によって査定金額に差が出ることがあります。
普段は車と別にしている書類も、査定時には用意しておきましょう。

どの車にも必ず付いている「保証書」「取扱説明書」を紛失してしまうケースが結構多いようですが、その場合はマイナス評価の要因になります。

中でも保証期間がまだ残っている「保証書」がないと、メーカーの保証という付加価値がなくなってしまうので、大きいマイナス評価になってしまいます。

出典:http://kasegiman.com/

⑤エンジン周り

ボディーがいくら綺麗に整備されていでも、車検を通せる状態に戻さなければならないので、その費用見合いでマイナス査定になってしまいます。

ノーマルに戻さなければ売れそうもないような改造であれば、更に大幅なマイナスになることでしょう。

査定士は、エンジンの異音をはじめ、オイル、プラグの状態、改造パーツの有無、修復歴の有無などをチェックします。

エンジンをオーバーホールしたり、載せ替えたりしている場合は、申告するとプラス査定になる場合があります。

出典:http://www.zba.jp/

マイナスポイントを知って、査定額アップにつなげよう

中古車売却のマイナスになるポイントを載せてきましたが、いかがでしたか?

改善しようと思えば出来るポイントもあるので、車を売りたいと考えている方はぜひお試しください。
査定額アップにつながるかもしれません。

車の売却に関するおすすめ関連記事はこちら!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す