【Max1500万も?】アルファード&ヴェルファイア4人乗り特別仕様車が超VIP

2015年12月24日に発売された、トヨタアルファード&ヴェルファイアの特別仕様車(リムジン)である「ロイヤルラウンジ」「ロイヤルラウンジSP」ここでは、超VIPと噂されるその内容をここでは徹底解剖します。

トヨタ アルファード&ヴェルファイアのロイヤルラウンジモデルが登場

出典:http://toyota.jp/

2015年12月24日、トヨタ車向けのカスタマイズパーツや特別仕様車等を手がけているトヨタグループの会社(株式会社トヨタモデリスタインターナショナル)が、トヨタ最高級のミニバンであるヴェルファイア&アルファードの特別仕様車「ロイヤルラウンジ」「ロイヤルラウンジSP」を発売しました。

この「ロイヤルラウンジ」ですが、本来は「前方座席2席、後部座席5,6席」で7人乗りや8人乗りとなっているミニバンの後部座席を2席のみで贅沢に空間を利用するモデルとなっています。

車の概念を超え、様々な最新機能や装備、シートの快適性等、飛行機のファーストクラスを超えた居住性が確保されています。

また、運転席と後部座席の間にはパーテーションがあり、主にトヨタ センチュリー等と同様に要人・VIPを乗せる為に設計された、リムジンとしての位置づけとなります。

ここでは、日本最高級と言っても過言ではないアルファード&ヴェルファイアの「ロイヤルラウンジ」「ロイヤルラウンジSP」の内部をご紹介します。

従来のヴェルファイアのまとめはこちら

従来のアルファードのまとめはこちら

ファーストクラス級の豪華なシート

出典:http://www.modellista.co.jp/

通常2列ある座席を2席のみで専有し、巨大なリクライニングソファーを装備したようなかたちとなっています。

リクライニングソファーには、車内でも快適に読書や仕事をすることができるように、読書灯やパワーオットマン(レッグリフト)が装備されており、シート自体がほんのり暖かくなったり、気に入った角度を記憶できるリクライニングシート等が装備されています。

また、リラクゼーションシステムとして、各シートに8つのエアーセルを配置しており、「前身バルス」「腰」「ストレッチ」といったマッサージメニューから上質なエアープレスを体感することができます。

最先端のリアコンソール

出典:http://www.modellista.co.jp/

座席の間には、タッチパネル式のセンターコンソールが装備されており、近未来的な画面から、様々な操作を行うことが可能となっています。

例えば、テレビの格納の操作から、CD/DVD/Blu-rayの操作、ラジオ、読書灯、液晶調光シェード、シートの角度調整からリラクゼーションシステム、シートの温度調節、パワーオットマン(フットリフト)の操作が行えるようになっており、至れり尽くせりの機能となっています。

また、このセンターコンソールですが、日本語・英語の2か国語に対応しており、海外からのVIPを乗せる際にも対応できるとのこと。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す