初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【トヨタ新型アルファード/ヴェルファイア ロイヤルラウンジ 徹底解説】モデリスタ・カスタムも

1月8日にビッグマイナーチェンジが実施されるトヨタ新型アルファード/ヴェルファイアに、モデリスタのコンプリートカー「ロイヤルラウンジ」の設定が発表されました。 超豪勢な内装設計、充実した装備、驚きの高価格設定など盛りだくさんの内容をご紹介します。

トヨタ新型アルファード/ヴェルファイア ロイヤルラウンジ発表!

トヨタ 新型アルファード Executive Lounge(通常モデル)

新型ヴェルファイア Executive Lounge Z オプション装備車

トヨタ新型アルファード/ヴェルファイアのビックマイナーチェンジの発売日が1月8日であると発表があった12月25日、トヨタモデリスタインターナショナルは同日に、トヨタ自動車「アルファード」「ヴェルファイア」に“専用VIPシート”を装備する4人乗りのコンプリート車「Royal Lounge(ロイヤルラウンジ)」を発表しました。

ロイヤルラウンジの注目ポイント

・国内車トップクラスの価格設定
・究極のくつろぎを提供する室内装備
・次世代型 トヨタ セーフティセンス搭載

新型アルファード/ヴェルファイアについてくわしくはこちら

アルファード/ヴェルファイア ロイヤルラウンジのエクステリア

トヨタ新型アルファード/ヴェルファイア ロイヤルラウンジはモデリスタの提供するコンプリートカーという位置付けですが、外装は両車ともに通常と変わりません。
エアロキットのようなドレスアップ系統ではなく、室内のユーティリティをカスタムしたコンプリートカーがロイヤルラウンジなのです。

アルファードの外装

新型アルファード HYBRID Executive Lounge S

新型アルファードの外装は、グリルセンター部の突き出しや階段形状の造り込み、グリル全体の拡幅がさらなる圧迫感を生み、縦基調を強調したメッキ加飾などにより、高級感のある堂々としたフロントフェイスへと進化しました。
LEDヘッドランプはスリム化して精悍な印象となったほか、ヘッドランプ下部をライン発光させることで先進感を演出しています。

ヴェルファイアの外装

新型ヴェルファイア HYBRID Executive Lounge Z

新型ヴェルファイアの外装は、フロントから見る者を圧倒するようなデザインへと変貌を遂げました。
エアロボディの迫力はさらに顕著で、ヘッドランプの大型化に加え、メッキモールや大型サイドポンツーンのボーダーデザインにはスタイリッシュでダイナミックな印象を与えられます。

アルファード/ヴェルファイア ロイヤルラウンジのインテリア(内装)

(参考)Executive Loungeの内装

新型アルファード Executive Lounge(カスタム無しの状態)

新型ヴェルファイア Executive Lounge Z(カスタム無しの状態)

トヨタ新型アルファード/ヴェルファイア ロイヤルラウンジでもっとも注目すべき点は内装です。
最上級グレードであるアルファード Executive Lounge/ヴェルファイア Executive Lounge Zの内装も非常に高い質感ですが、ロイヤルラウンジが提供する装備は以下の通り、Executive Loungeを超える豪勢な内容となっています。
なお、ロイヤルラウンジの装備はアルファード/ヴェルファイアともに同じものとなっています。

ロイヤルラウンジ専用装備

専用VIPシート

専用VIPシート パワーオットマン

専用VIPシート リクライニング

専用VIPシート 読書灯

専用VIPシートには、マッサージ機能付きリラクゼーションシステムも搭載しています。
さらに、シートレイアウトは足元空間約600mmを確保しており、めいっぱい足を伸ばしてくつろぐことができます。

集中センターコンソールパネル

集中コントロールタッチパネル ホーム

リラクゼーションシステムやオーディオ機器、その他電装系の操作を集中させたコントロールタッチパネルは、ユーティリティ抜群です。

リヤエンターテインメントシステム

24インチ液晶ディスプレイ

JBLプレミアムサウンドシステム

リヤ席では、映像や音楽を贅沢に堪能することが可能です。

リヤコンソール

リヤコンソール カップホルダー

リヤコンソール USB充電端子

リヤコンソール スイッチパネル

リヤコンソールは、使用頻度の高い装備を全て盛り込んでおり、座りながら車内でできることは大方可能です。

フルパーテーション

フルパーテーション ライト点灯時

フルパーテーション フットレスト

フルパーテーション 冷蔵庫

フロントとリヤの空間を完全に遮断し、プライベートな空間を確保するフルパーテーションが装備されています。
フットレストや冷蔵庫も付属しており、自動車の室内とは思えない充実度です。

ルーフパネル

ルーフパネル

ルーフパネル 専用アナログ時計

専用のアナログ時計を組み込んだルーフパネルの意匠にはこだわりが感じられます。
室内装飾に一切妥協がないことを証明する部分でもあります。

その他架線装備

ラゲージ

専用フロアマット

大型ハンガーフック

専用エンブレム

その他架線装備も充実した内容です。
フロアマットはステップ部まで設定され、弾力性の高い素材を使用しています。

アルファード/ヴェルファイア ロイヤルラウンジのカラー

ボディカラー

新型 アルファード ボディカラー

アルファード/ヴェルファイア ロイヤルラウンジのボディカラーは、メーカーでラインナップされているカラーと同じです。
ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク、バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレークといった車種ごとの限定色も選択できます。

アルファードヴェルファイア
ブラックブラック
ダークレッドマイカメタリックダークレッドマイカメタリック
グラファイトメタリックグラファイトメタリック
スティールブロンドメタリックスティールブロンドメタリック
ホワイトパールクリスタルシャインホワイトパールクリスタルシャイン
スパークリングブラックパールクリスタルシャインスパークリングブラックパールクリスタルシャイン
ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレークバーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク

トヨタ 新型アルファード ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク

トヨタ ヴェルファイア バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク

インテリアカラー/オーナメント

インテリアオーナメント 本杢(ローズウッド)

インテリアオーナメント 本杢(バンブー)

インテリアカラー フラクセン×本杢(ローズウッド)

インテリアカラー ブラック×本杢(バンブー)

インテリアオーナメントはローズウッドとバンブーの2種類、インテリアカラーはブラックとフラクセンの2種類が用意されています。
オーナメントとカラーのバリエーションは組み合わせで2✕2の4通り選択することができます。
なお、Executive Lounge S/Executive Lounge Zの限定カラーであるブラック&ホワイトは選択できません。

アルファード/ヴェルファイア ロイヤルラウンジのスペック

ロイヤルラウンジのスペックは通常モデルと一切変わりません。
下記データは通常モデルの数値となります。

新型アルファード/ヴェルファイア ロイヤルラウンジのボディスペック

全長全幅全高
4,935 1,850 1,950
ホイールベース車両重量乗車定員
3,000 2,110~2,625 7 / 8
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

新型アルファード/ヴェルファイア ロイヤルラウンジのパワートレインスペック

2.5L 直4エンジンFF / 4WD
2.5L ハイブリッド 3.5L V6エンジン
エンジン種類直4ハイブリッド直4V6
排気量2.5L2.5L 3.5L
最高出力112(152)/5,700 134(182)/6,000 221(301)/6,600
最大トルク206(21.0)/4,400〜4,800 235(24.0)/4,100 361(36.8)/4,600~4,700
トランスミッション電気式無段変速機 Super CVT-i 8AT
駆動方式電気式4WD FF / 4WD
使用燃料ガソリンガソリンガソリン
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

アルファード/ヴェルファイア ロイヤルラウンジの驚きの価格

新型アルファードロイヤルラウンジの価格

新型アルファード ロイヤルラウンジ
Executive Lounge
ハイブリッド
E-Four
1,564万
1,566万(北海道地区加装メーカー)
Executive Lounge
ガソリン
2WD
1,531万
1,534万(北海道地区加装メーカー)
Executive Lounge
ガソリン
4WD
1,550万
1,553万(北海道地区加装メーカー)
Executive Lounge S
ハイブリッド
E-Four
1,579万
1,581万(北海道地区加装メーカー)
Executive Lounge S
ガソリン
2WD
1,546万
1,549万(北海道地区加装メーカー)
Executive Lounge S
ガソリン
4WD
1,565万
1,568万(北海道地区加装メーカー)
[単位]円(消費税込み)

新型ヴェルファイアロイヤルラウンジの価格

新型ヴェルファイア ロイヤルラウンジ
Executive Lounge
ハイブリッド
E-Four
1,564万
1,566万(北海道地区加装メーカー)
Executive Lounge
ガソリン
2WD
1,531万
1,534万(北海道地区加装メーカー)
Executive Lounge
ガソリン
4WD
1,550万
1,553万(北海道地区加装メーカー)
Executive Lounge Z
ハイブリッド
E-Four
1,579万
1,581万(北海道地区加装メーカー)
Executive Lounge Z
ガソリン
2WD
1,546万
1,549万(北海道地区加装メーカー)
Executive Lounge Z
ガソリン
4WD
1,565万
1,568万(北海道地区加装メーカー)
[単位]円(消費税込み)

ただでさえ高価格設定のアルファードとヴェルファイアですが、ロイヤルラウンジの価格設定は別次元であることがわかります。
先ほどご紹介した内装の装備の充実を考えると、納得の行く数字ではありますが、もはや移動式のワンルームマンションと表現しても過剰ではないのかもしれません。
現時点ですでに48台の受注が発生しており、ターゲット層には価格に見合った価値の車であるという評価を受けています。

究極のVIPカー アルファード/ヴェルファイア ロイヤルラウンジ

新型アルファード/ヴェルファイア ロイヤルラウンジ

見る者を圧倒するフロントの圧迫感を通り抜けると、室内の超高級・快適な空間が広がる新型アルファード/ヴェルファイア ロイヤルラウンジ。
購入は現実的でないと考える方は多いでしょうが、着実に進化を遂げるアルファード/ヴェルファイア、そして今回のロイヤルラウンジの設定には一種の憧れを抱かせるものがあります。
次世代 トヨタ セーフティセンスを備え、安全性も盤石の布陣となり、もはやマイナーチェンジ規模ではない改良を経たアルファード/ヴェルファイアは、通常モデルでも十分なクオリティとなっていますので、是非とも購入を検討してみてくださいね。

アルファード/ヴェルファイアに関するその他の記事はこちら

トヨタの新型車情報はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!