初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

マツダビアンテ新型へモデルチェンジせず販売生産終了へ!

マツダビアンテの新型情報が期待されていましたが、「マツダがミニバンから撤退!」という衝撃のニュースが報道されました。公式発表ではないため、100%ではありませんが、かなり信憑性があるものとなっています。今回は、マツダビアンテについて最新情報をお届けします。

おすすめ関連記事

ビアンテの実質的後継車となるCX-8についてはこちら

【マツダ新型CX-8予約受注開始】発売日は12月14日で価格や燃費と納車時期は?

マツダビアンテ新型へのモデルチェンジは無しか

マツダはミニバンから撤退?

2016年2月29日に「マツダはミニバン3車種に関して新型へのフルモデルチェンジは行わない。代わりに、その予算をSUVにシフトする」と日経新聞は報じました。
つまり、「ミニバンから撤退しSUVに注力する」ということのようです。
したがって、新型へのフルモデルチェンジが期待されたマツダ ビアン手に関してもモデルチェンジは行われず、販売生産終了となることが見込まれます。
とても衝撃ですが、かなり現実味のある内容であるのも事実です。

マツダ ビアンテが生産終了

マツダ ビアンテが10月に生産終了となりました。
ビアンテは現在も販売はされていますが、生産終了とともなって一部グレードが販売も終了しています。

現行のビアンテを振り返るとともに、詳しい内容をご紹介します。

新型が待望されたマツダ ビアンテはどんな車だった?

マツダ ビアンテ 20C-SKYACTIV 初代
マツダ ビアンテ 2013年式 インテリア

マツダ ビアンテはミニバンとしての、居住性がありながらスカイアクティブテクノロジーなどを採用し、走りごこちの良さにも定評がありました。
ファミリーカーとしての機能を十分に備えている一方で、走りを楽しみたいという欲求にも応えるミニバンでした。

現行マツダビアンテの価格は?

・新車価格:234~291万円
・中古車価格:34~259万円

同サイズのミニバンとしては、非常に平均的な価格設定となっています。

【ミニバン徹底比較】マツダ ビアンテと他のミニバンを比較してみた

マツダ CX-8が実質的な後継車か

マツダ CX-8

マツダ ビアンテの販売終了とともに、マツダのミニバンラインナップがなくなります。
ですが、マツダの大型クロスオーバーSUVである「CX-8」が実質的な後継者となると思われます。
マツダ CX-8は、新型にフルモデルチェンジが予定されているマツダの国内向けSUVラインアップにおける最上位モデルです。
マツダ CX-8は、機構上ミニバンによく見られるスライドドアが搭載されることは無いでしょう。
スライドドアの採用はないと思われるものの、マツダの工夫が凝らされたCX-8は、3列目でも足回りに十分なスペースがある車になっています。

マツダ新型CX-9に関連するおすすめ記事はこちら

新型があるなら魂動デザインのスタイリッシュミニバン?

魂動デザインが好調なマツダ

なぜ、新型ビアンテへのモデルチェンジがなされないのか。
その大きな要因は、近年マツダが力を入れている「魂動デザイン」が、ミニバンでは実現しにくい点にあると思われます。
マツダは、魂動デザインに非常に強くこだわっていて、特に、SUVのCXシリーズは北米での販売も好調です。
CXシリーズには、大々的に魂動デザインを実現していて、明らかにこれまでのマツダとは異なるスタイリッシュなデザインで、かなりの人気です。事実、最近のマツダはかっこいいという声も多く耳にします。




ミニバンへの魂動デザインの採用は難しい

コンパクトカーのデミオ、スポーツセダンのアクセラ、SUVのCXシリーズなど、魂動デザインを採用し、勢いに乗っているマツダですが、ミニバンに関しては同じようにはいかないようです。
つまり、ミニバンは、その形状から鼓動デザインを実現することが難しい、もしくはできないために、マツダは今回、新型の開発を諦めたのではないかと言われています。

また、もしも新型ビアンテが発売されることがあるとすれば、「魂動デザイン」が実現された、極めてスタイリッシュなデザインになると思われます。
可能性は低いかもしれませんが、そういったミニバンの登場にも期待してしまいますね。

「鼓動デザイン」好調なCX5はこちら

新型ビアンテではなくマツダの全力のSUVに期待!

マツダ エンブレム

以上のように、「魂動デザイン」の採用の難しさ、SUVの好調さなどからビアンテの販売終了の報道はかなりの確率て事実であると思われます。
ビアンテの新型へのフルモデルチェンジを待望していた方にとっては非常に残念なお知らせとなってしまったかと思います。

しかし、マツダがミニバンから完全に撤退することになった場合、ミニバンの要素を持つSUVが発売されることが予想されます。
日本のミニバン市場は非常に大きいです。その市場を簡単に手放すとは思えません。SUVもサイズとしては非常に大きな車で、ミニバンの需要を満たす可能性は十分にあります。
いずれにしても、マツダの公式発表を待ちましょう!
続報は随時更新していきます!

関連するおすすめ記事はこちら

マツダのミニバンの実質的後継車となる新型「CX-8」についてはこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す