MOBY

4WD軽自動車を買うメリットは?燃費や価格、ターボ付きの場合は?

近年、軽自動車の分野では、「ターボ付き」や「4WD」といった高性能な軽自動車が立て続けに発表されています。ここでは、4WD軽自動車を中心に、2WD軽自動車と価格や燃費、そして用途はどう違うのか?ターボ付きの場合はどうか?といった疑問に答えるかたちでご紹介します。

軽自動車は維持費が安いから選ばれる!

軽自動車の最大の魅力はなんといっても維持費の安さです。毎年ゴールデンウイーク明け頃に自宅に届く自動車税の納付書を見て憂鬱な気分になる人も多いことでしょう。

普通自動車なら1,000ccクラスでも約3万円、それが軽自動車なら10,800円です。
10,800円になったのは最近で、以前は7,000円台、軽貨物にいたってはたったの4,000円でした。
軽自動車の維持費が安いと感じるのはこの自動車税の差にあります。

他にも燃費が良い、価格が手頃、小回りが利く、高速道路の利用料金が安いなど、さまざまな利点があります。
おそらくユーザーのほとんどがこの経済性に魅力を感じて選択していることでしょう。
長距離走行や大人数での走行には不向きなものの、田舎での足代わりとしては充分です。

ターボ付き4WD軽自動車は普通車と同等のスペックを期待できる?

最近では、ちょっとした旅行や遠出をする人でも、メインのマイカーを軽自動車にする人が増えました。それだけ性能が良くなり、普通車に比べても遜色のない走行性能を備えた車種が出ている証です。

特に4WD、ターボ付きエンジンは、こだわりを持つユーザーに人気があり、メーカーも力を入れています。
排気量は同じでも高性能で、長時間の走行でもほとんど疲れを感じません。

最近の軽自動車は、車室空間も広々としており、1,000ccクラスの普通自動車と性能面ではほとんど変わりがなく、維持費が安いので、軽自動車を選ぶ方が合理的だと言えます。

4WDについて詳しく知りたい方はこちら

用途によって軽自動車か普通車を選択しましょう

出典:https://www.nextage.jp/

しかし、軽自動車でも性能面を重視しすぎると車両価格が高くなること、燃費が悪くなることは頭に入れておかなければなりません。
軽自動車の燃費が優れているのは車両重量が軽いからです。だからこそ「軽自動車」という名前が付いています。

どんなに燃焼効率の良い自動車でも燃費では原付バイクには敵わないことからも分かるように、重量を軽くすれば自然と効率良く走れるようになります。

そして、エンジンに見合った走行をすることが燃料消費を抑えるもう1つの鍵です。
軽自動車の660ccの排気量でも、100キロ、120キロの走行を続ければ、エンジンはフル回転でガソリンを多く消費してしまいます。

しかし、3,000ccの大型車なら100キロ走行でもリッター10キロ以上をキープできることも珍しくありません。
逆に大きなエンジンを積んでいるのに街中を走っては止まり、走っては止まり、という走行ではガソリンを多く使います。

つまり、普段の買物や子供の学校への送迎など、街中を低速で走る分には軽が適していますが、高速道路を頻繁に利用するなら普通車の方が適している、と言えます。

また重量が軽ければ燃料消費率が良くなるということですから、軽自動車は1人~2人乗りで最大限の燃費の良さを発揮します。
日常的に3人、4人で乗るのであれば、期待するほどガソリン代を抑えることはできません。

よって、ターボ付き4WD軽自動車は、単純に性能の良い軽自動車として選ぶというよりも、用途によって軽自動車か普通車かを選ぶのが良いようです。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す