MOBY

サンキューハザードは日本だけ?日本人の礼儀正しさに海外から絶賛の嵐

日本では運転マナーとして、運転中の御礼によく見かける「サンキューハザード」の紹介動画が海外で話題となっています。サンキューハザードは日本だけ?本当は危険?

Facebook上で公開されたこちらの動画が話題

HOW WE SAY THANKS IN JAPAN

[Adam] It's just common courtesy here...

Posted by 7tune on 2016年2月24日

瞬く間に2000シェア!

2016年2月24j日、海外の自動車情報サイト「7TUNE.com」のFacebookページへの投稿が話題となっています。

日本人からしたら、絶対驚かない内容の動画です。
車線変更して前方に入ったときなど、後続車に対してハザードランプで「譲ってくれてありがとう」の挨拶をする「サンキューハザード」という光景。
運転マナーでしょうか、教習所では教わりませんが習慣としてあたりまえにする日本人ドライバーは多いのではないでしょうか。

普段、こちらのFacebookページの投稿では、だいたい100シェアされれば多い方ですが、こちらの投稿「How japanese drivers say thanks!(日本人ドライバーの御礼の言い方)」は即日2000シェアされ、瞬く間に拡散されました。

日本人は礼儀正しい?海外からの絶賛のコメント

Facebookのコメン一部抜粋


■「これはすばらしいアイデアだ。明日から僕もやってみるよ。」

■「日本人の素晴らしいマナーね。」

■「オーストラリアではこんなの見たことないわ。」

■「アメリカ人も見習うべきだよ。」

■「日本人のこういう振る舞いでいつも驚かせてくれるところは本当にクールだ。」

■「彼らは、私たちと違って、人間らしい振る舞いををしている。」

サンキューハザードは日本だけ?

サンキューハザード

出典:http://www.honda.co.jp/

実は日本だけというわけではなく、世界各地でも、インドや香港、ハンガリーなどの一部の地域では習慣として行われているようです。
facebook上のコメントでも「私もやってるよ」という外国の方が複数いらっしゃいました。

日本でも地域差がかなり有り、関東から北ではサンキューハザードが多く、逆に四国の方ではあまり見かけないという情報もあります。

また、サンキューハザードはトラックドライバーの方がやり始めたのが発端と言われ、日本全国、トラックドライバーの方は多くやられているれません。
迫力の見かけによらず、トラックドライバーの方は道を譲ってくれる気持ちの良い方が多いですよね。

関東と関西で意味が真逆となる「パッシング」についてはこちら!

御礼の気持ちを大切に!でもサンキューハザードは使用注意!

教習所では教えないサンキューハザード!

夜の自動車

日本人が良く使う「サンキューハザード」は教習所では教えていません。

なぜかというと、サンキューハザードはハザードランプの本来の使い方ではなく、本来ハザードランプは周囲の車に渋滞の最後尾で「急停車」や、トラブルなどの「緊急事態」を知らせる意味もあり、後続車が勘違いして事故を招く可能性があるからです。

車に異変が起こり停車する場合や、急に前方に渋滞が発生し急停車する場合に合図ですぐ使えるよう、助手席からも手が届く中央にボタンが設置されています。
後続車がそれと勘違いし、急停車して事故につながる可能性もあります。

よって、教習所では教えておらず、推奨はできません。

運転マナーとしてするかしないかは運転手の判断におまかせしますが、(私もサンキューハザードします…)
スピードが出ていたり、車の密集時などはサンキューハザードは避けるようにしましょう。
後方の車には難しいですが、出来る場合は会釈や手のジェスチャーで御礼をしるようにしましょう。

日本人の礼儀の文化を大切に、常に譲り合いの運転を心がけたいものですね。

海外と日本に関すすおすすめの記事!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す