【セダン徹底比較】スバル インプレッサG4vsスバル レガシィB4│ライバル車対決

好調な売れ行きを見せるインプレッサ、フラッグシップモデルの位置づけにあるレガシィはスバルのセダンとしてライバルといえる車です。この2台を、価格、デザイン、エンジン性能、室内空間、人気などで比較しました。スバルのBOXERエンジンやアイサイトなど魅力的な機能を備えるこの2台、あなたならどちらを選びますか?

スバル インプレッサG4ってどんな車?

出典:http://www.subaru.jp/

出典:http://www.subaru.jp/

スバルの「インプレッサ」は1992年に「レガシイ」ブランドの下位モデルとして登場しました。

2011年のフルモデルチェンジを経て、現行モデルである4代目となり、2012年にはグッドデザイン賞も獲得しました。

4代目インプレッサは、セダンタイプの「G4」の他に、ハッチバックタイプの「スポーツ」、ハイブリッド車の「スポーツハイブリッド」などがラインナップされています。

新しくなったスバルの水平対向エンジン「BOXERエンジン」を搭載し、燃費性能、加速性能などを向上させています。

また、ステレオカメラで前方を監視してドライバーをアシストするアイサイトver.2を搭載。予防安全性能では最高ランクを獲得しています。

スバル レガシィB4ってどんな車?

レガシィの画像

出典:http://www.subaru.jp/

レガシィの画像

出典:http://www.subaru.jp/

スバルのレガシィは初代が1989年に発売され、2014年のフルモデルチェンジを経て、6代目となりました。

レガシィシリーズはスバルのフラグシップモデルの位置づけとされており、6代目レガシィはセダンタイプの「B4」とクロスオーバーSUVの「アウトバック」がラインナップされています。

レガシィB4に搭載されているアイサイトver.3ではステレオカメラの視野角と視認距離が拡大され、視認性能が向上しています。
さらに、ステアリング操作のアシストや誤発進の抑制などの新機能も搭載。

予防安全性能で最高ランクを獲得しています。運転支援システムは2015年にグッドデザイン金賞を受賞しています。

インプレッサとレガシィB4コストパフォーマンスを比較!

インプレッサG4とレガシィB4の車両価格を比較

▶インプレッサG4
 159万円~243万円

▶レガシィB4
 291万円~313万円

フラッグシップの位置づけになるレガシィB4はやや高めの価格設定となっています。
インプレッサはレガシィの下位ブランドとして、様々なバリエーションがあり、価格も廉価グレードからプレミアムモデルまで幅があります。

中古車価格は、現行のインプレッサG4(2011年11月~)の中古車価格は68万~237.6万円となっており、一方で現行のレガシィB4(2014年10月~)の中古車価格は、およそ226.8万~309万程度となっています。

これは、レガシィB4の方が中古価格でも高くなっているのは、モデルチェンジを行うのが最近であることや、現行車種としての価格差が影響していると考えられます。

インプレッサG4とレガシィB4の燃費も比較!

燃費効率を重視して車を選ぶ人も増えていますので、燃費は重要なポイントですが、インプレッサG4の燃費は、15.4~17.6km/L、一方レガシィB4の燃費は14.8km/Lとなっています。

若干ですが、インプレッサG4がレガシィB4よりも燃費が良いようですが、燃料タンクの容量はインプレッサG4が55リットル、レガシィB4が60リットルですので、同じ距離走った場合の給油回数としては大きな変動はないようです。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す