初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

マツダ サバンナ(RX-3) の歴史と現在の中古車価格は?【日本の名車】

数々の伝説を生んだマツダ・サバンナ(RX-3)。ロータリーエンジンを搭載した高性能車で、そのライバルはスカイラインGT-Rという強敵でした。この記事では、そんなサバンナの歴史と現在の中古車価格を紹介したいと思います。

マツダ サバンナってどんな車?

サバンナはマツダが1971年から1978年まで販売していた乗用車です。ボディタイプはセダンクーペ、スポーツワゴン(ステーションワゴン)があり、エンジンには、当時革新的だった10A型ロータリーエンジンを搭載していました。

安価にもかかわらず走行性能も高かったことから、コストパフォーマンスに優れたスポーティーカーとして人気がありました。しかし年々排出ガス規制が厳しくなる中で、後継のRX-7と入れ替わる形で製造を終了しました。

車名「サバンナ」は、草原を疾走する猛獣のイメージと、世界初の蒸気船、原子力船がともに「SAVANNA」であったことに由来します。またサバンナにも輸出され、海外では「RX-3」の名称で販売されました。

ロータリーエンジンとは?

初代RX-7に搭載されたロータリーエンジン

ロータリーエンジンは、ローターの回転運動を用いてエネルギーを取り出すエンジンのことです。1967年にマツダが世界初のロータリーエンジンを搭載した量販車「コスモスポーツ」を開発したことで、マツダ製スポーツカーの代名詞とも言えるエンジンとなりました。

ピストンの上下運動によってエネルギーを得るレシプロエンジンとは違い、ロータリーエンジンはおにぎり形のローターの回転運動を用いることで、低振動、低騒音というメリットを持っています。

コスモスポーツ発売後も精力的にロータリーエンジン搭載車を販売し続けたマツダですが、2012年6月、当時市販されていたRX-8の生産を終了し、その歴史に幕を閉じました。

マツダ サバンナ(RX-3)のボディと変遷

サバンナ 4ドアセダン型

サバンナ 2ドアクーペ型

サバンナ 5ドアステーションワゴン

サバンナには前期型と後期型が存在しており、1971年から1973年までのS102系を前期型、1973年から1978年までのS124系を後期型としています。

前期型と後期型ではフロントマスクのデザインとエンジンが違い、後期型は環境性能が向上しています。

サバンナクーペ前期型

サバンナクーペ後期型

次のページ

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す