【自動車の歴史】ランボルギーニの歴史、ルーツと車種の特徴を知ろう!

今回の自動車の歴史シリーズはフェラーリのライバル、ランボルギーニ。この二社は常に比較をされ、また、意識しているであろうメーカー。また実際に、ランボルギーニ創始者がフェラーリ創始者への対抗意識を抱いた事もこの関係のいわれにもなっています。そのランボルギーニの創設からロゴの由来、現在のラインアップまでをまとめてみました。

ランボルギーニの自動車製造のきっかけ

創始者:フェルッチオ・ランボルギーニ

出典:http://www.thewrap.com/

ランボルギーニ創始者、「フェルッチオ・ランボルギーニ(1916年4月28日 - 1993年2月20日)」は、元々トラクター製造を行っていました。

自動車業界進出のきっかけとなったのが、フェラーリ創始者「エンツォ・フェラーリ(1898年2月18日 - 1988年8月14日)」とのあるエピソードです。

真偽は不明みたいですが、こちらは有名なエピソードみたいですね。ではその一部をご紹介します。

トラクターの製造販売で財を成したフェルッチオは、当時のイタリア成金の例に漏れずフェラーリを購入。そのフェラーリが故障した際に、送られてきたパーツがランボルギーニトラットリーチ社で使っていた部品と同じ上に(クラッチだといわれている)、10倍の値段が付いていたことに激怒。フェラーリに乗り込み苦情を言ったが、成金のたわ言と鼻であしらわれ、自身で自動車の製造販売に乗り出すことを決意したのだ。

出典:https://goo.gl/

当時のフェラーリの品質はあまり良くなかったようで、自社で使っていた同じクラッチをフェラーリは十倍の値段で販売していていました。

実業家でもあり、カーマニアでもあったフェルッチオはこの商売は儲かるのではないか?また、フェラーリを超える車を作りたい!と考え自動車製造を決意したようです。

ランボルギーニ初の乗用車、そして量産車

ランボルギーニ初の自動車「350GTV」

出典:http://www.carsbase.com/

1962年にランボルギーニ社を設立後、その一年後の1963年に初の自動車「350GTV」を開発しました。

同年に開催されたトリノショーへ出品されたものの販売には至りませんでした。理由は創始者のフェルッチオがデザインに不満を持っていたようでショーの途中にも関わらず展示をやめたそうです。

ランボルギーニ初の市販車とその後の名車たち

ランボルギーニ・350GT

出典:http://blog.autoinjected.com/

出典:http://www.madle.org/

先の「ランボルギーニ・350GTV」は性能面、インテリアで評価を得ましたが居住性、使い勝手の悪さで酷評を受けました。

そのためフェルッチオは手直しを指示し、1964年に初の市販車として「350GT」が誕生します。更にその翌年、「ランボルギーニ・350GT」の後継車「ランボルギーニ・400GT」が誕生しました。

「ランボルギーニ・350GT」は130台以上、「ランボルギーニ・400GT」は250台当時としては好セールスを記録しました。

ランボルギーニ・ミウラ

ランボルギーニ ミウラ

出典:http://www.conceptcarz.com/

1966年には伝説の名車として名高い「ランボルギーニ・ミウラ」が誕生します。

ミウラ、とは闘牛牧場の名前から拝借したとか。

当時としては前例のないV型12気筒を搭載。それと合わせ、デザインも眼を見張るものがあり100を越すオーダーが入ったといいます。しかし、様々な問題が解決しておらず、1971年のSVというモデルでようやく解決しました。

現在では現存する数が少なく、中古価格でも(SVモデルで)おおよそ3億円もする非常にプレミアムな車種です。

今も尚愛され、歴史上最も美しいスポーツカーと言われるランボルギーニミウラについて、より詳しくは以下の記事をご確認ください。

ランボルギーニ・カウンタック

出典:http://www.countach.cc/

出典:http://bestcarmag.com/

1971年、こちらも名車として名高い「カウンタック」が誕生しました。400馬力を超えるV型12気筒エンジン搭載、最高速度300km/hというフレーズで(実際は最終モデルで295 km/h)話題になりました。

スーパーカーといえばカウンタックを連想する人も多いのではないでしょうか?日本でも1970年代後半から1980年代に「ランボルギーニ・カウンタック」がスーパーカーブームの火付け役となりました。

中古車市場でも、出回っている車両台数が極めて少ないため、ミウラほどではありませんが非常に希少価値の高い車となっています。

http://car-moby.jp/wp-content/themes/moby_pc


0.0万円
本日の在庫
0
平均価格
0.0 万円
本体価格
0 ~ 0 万円

次のページ