初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

マセラティ初の新型SUVレヴァンテ最新情報!レバンテディーゼルの価格や性能は!?

マセラティから初の新型SUVの(レヴァンテ)レバンテについて解説。2017年2月には日本仕様のディーゼルモデル、レヴァンテ ディーゼルが発売されます。新型SUVレヴァンテ(レバンテ)の価格や性能を詳しく解説します。ポルシェ カイエンやX6、GLE クーペなどとも比較。

レヴァンテ ついに日本で販売開始!

マセラティのレヴァンテは、2014年にマセラティの人気高級セダン「ギブリ」と「クアトロポルテ」のモデルチェンジが行われたため、2015年か2016年に登場するのではないかと騒がれていました。

テスト走行などの目撃情報が多く目撃され、ギブリのプラットフォームにプラスして車高が高くなったイメージとも言われています。

マセラティからSUVが発売されるのはレヴァンテが初めてのため、昨年から非常に注目度が高まっています。

レヴァンテ世界初公開はジュネーブモーターショー

2016年3月 レバンテがワールドプレミア

マセラティ レヴァンテ 2016年

2016年3月1日に開催されるたジュネーブ・モーターショーでマセラティ新型SUVレヴァンテ(レバンテ)の世界初公開されたのは記憶に新しいですね。

特許を取るための画像を提出した際にデザイン画像が流出していまったことも合って話題になりました。流出してしまったため、後を追うようにメーカーから正式画像が公表されたことでレヴァンテの画像が公開されました。


ベントレーから初めての高性能SUV「ベンタイガ」の市販モデル第一弾が正式発表されたのも記憶に新しいところです。

ランボルギーニからも初めてのSUV「ウルス」発売も間近とみられており、世界的にトレンドとなっているSUVの中でも超高級SUVのラインナップも豊富になってきました。

そんあマセラティ初のSUV、新型レヴァンテの詳しい情報をお伝えします。

イタリア車の高級ブランド「マセラティ」とは

マセラティ グラントゥーリズモ

マセラティ・グラントゥーリズモS 2008年

「マセラティ」の名前は知っているけど、どんな車を製造・販売しているか知っている人は少ないかもしれませんね。

簡単に言うと、高級スポーツカーの老舗といったら、「マセラティ」です。

イタリアに会社があり、フィアットの傘下です。
歴史も深く、1914年に設立され、高級スポーツカーメーカーとして有名です。

そんな歴史もあり、高貴なブランドのマセラティの詳細は下記のリンクから説明します。

【最新情報】レヴァンテ ディーゼルが日本発売!

2017年2月発売開始で右ハンドル設定

マセラティ レヴァンテ 2016年

2017年2月、マセラティが日本仕様のディーゼルエンジン搭載モデル「レヴァンテ ディーゼル」を発売することを発表しました。納車は3月より開始予定となっています。

3.0L V型6気筒ディーゼルターボエンジンを搭載し、最高出力は275ps/4000rpm、最大トルクは61.2kgm/2000-2600rpmを発揮します。またトランスミッションは8速AT、駆動方式は4WDとなります。

新型レヴァンテ ディーゼルの日本仕様は右ハンドルが設定され、左ハンドルのみとなっていたガソリンモデルとは一変し、より日本向けとなります。

レヴァンテ ディーゼルのスペック

エンジン:3.0L V型6気筒 ターボディーゼル
最高出力:275ps/4000rpm
最大トルク:61.2kgm/2000-2600rpm
トランスミッション:8速AT
駆動方式:4WD
車重:2,200kg
燃料消費率:7.2L/100km
0-100km/h加速:6.9秒
最高速度:230km/h

レヴァンテ ディーゼルのサイズ

全長:5003 mm
全幅:1968 mm
全高:1679 mm
ホイールベース:3004 mm
フロント オーバーハング:966 mm
リア オーバーハング:1033 mm

マセラティ 新型レヴァンテのデザイン

マセラティ レヴァンテ 外装 2016年型
マセラティ レヴァンテ 外装 2016年型
マセラティ レヴァンテ 外装 2016年型

外装からは、マセラティのロゴがある力強いグリルも特徴的です。グリルはマセラティの第一の特徴といっても過言ではありません。

シャープな車体のラインも、高級スポーツカーを作り続けるマセラティの伝統も引き継いでいます。

シャープな車体にプラスして、より一層スポーティー感を演出しているのが、他の車を圧倒するようなフロントランプとテールランプです。

マセラティ レヴァンテ 外装 2016年型

レヴァンテのサイドシルエットは一見すると、ほかのSUVとあまり変わらないようなデザインに見えるかもしれません。

しかし、スポーツカーメーカーのマセラティが製造したSUVだけあって、空気抵抗係数は0.31というスポーツカー並みの数値を叩き出しています。

マセラティ レヴァンテ 内装 2016年
マセラティ レヴァンテ 内装 2016年

レヴァンテには最新の装備が数多く採用され、その1つとしてAppleのcarplayが搭載されています。carplayは自分のiPhonをワイヤレスで接続することで、Shiriを運転中に使うことができます。この機能によって運転しながら電話やメッセージのやり取りを行うことができます。

さらにエア・クオリティ・センサーも標準で搭載されています。エア・クオリティ・センサーは車内の空気循環システム。高感度のセンサーと信号解析システムによって車内に有害物質が入り込まないように空気をきれいに保ってくれます。

マセラティ レヴァンテ 内装 2016年
マセラティ レヴァンテ 内装 2016年

マセラティの特徴である、豪華な内装を受け継いでいます。運転席、助手席のシートは暖かみを受ける色合いで高級感を感じられます。

暖かみから感じる、イタリア車への安心感もマセラティから感じ取ることができます。さらにフロントシートは人間工学に基づいて設計されているため、できるだけドライバーの負担がなくなるでしょう。

ドライバーシートには12方向の電動調節機能が内蔵しており、高速走行時のドライビングポジションやゆったりと運転したい時のリラックスできるポジションなどドライバーの自由に座席を調節することができます。

マセラティならではの高級スポーツカーと伝統や内装をSUVに引き継いだ車がレバンテです。

マセラティ レヴァンテの性能・スペック

マセラティ レヴァンテ 2016年

マセラティ レヴァンテにはV型6気筒エンジンとエンジンを搭載した2種類のガソリンエンジンとディーゼルエンジンの3種類がラインナップされます。

以下がマセラティ レヴァンテのスペックです。

■マセラティレヴァンテ350(Maserati Levante 350)
 ・V型6気筒ターボエンジン
 ・最高出力350ps
 ・排気量2,979cc
 ・0-100km/h加速6.3秒
 ・最高速度243Km/h

■マセラティレヴァンテ430(Maserati Levante 430)
 ・V型6気筒ターボエンジン
 ・最高出力430ps
 ・排気量2,979cc
 ・0-100km/h加速5.2秒
 ・最高速度264Km/h

■マセラティレヴァンテディーゼル(Maserati Levante Diesel)
 ・V型6気筒ターボエンジン
 ・最高出力275ps
 ・排気量2,987cc
 ・0-100km/h加速6.9秒
 ・最高速度230Km/h

このようにスポーツカー並みの動力性能が備わっているほか、6段階に車高を調節することができる機能「エアサスペンション」を搭載しています。高速走行時には車高を低くして安定した走りが可能に。

また悪路では車高を高くすることでドライバーへの衝撃を和らげ、快適な走行ができます。

次のページ