ライトウェイトスポーツとは?意味と代表車種を簡単にご紹介

「ライトウェイトスポーツ」という言葉は聞きますが、いったいどのような車のことを指しているのでしょうか?この記事ではそんな疑問を解決するために、「ライトウェイトスポーツ」という言葉の意味と、その代表的な車種を簡単に紹介したいと思います。

ライトウェイトスポーツってどういう車のこと?

ケータハム7の画像です。

出典:http://www.leftlanenews.com/

ライトウェイトスポーツ(Light Weight Sport)とは、自動車カテゴリの一つです。
以下の条件をある程度満たしている場合、ライトウェイトスポーツとみなされます。

・車体重量が軽量(1t程度かそれ以下)である。
・排気量が2L以下の自然吸気エンジンである。
・車がドライバーの感性に訴えかけるスポーツ走行性能を持っている。
・ドライバーが運転していて心地よい、楽しいと感じる車である。

出典:https://goo.gl/

要するに軽量で小型のスポーツカーのことを一般的にライトウェイトスポーツと呼ぶのですが、実際に明確な定義は存在せず、スポーツカーである必要もありません。

ライトウェイトスポーツで最も重要な要素は「運転が楽しい車」という点にあるので、この記事では楽しく運転することができるライトウェイトスポーツを紹介したいと思います。

マツダ ロードスター

ロードスターの画像です。

出典:http://www.mazda.co.jp/

世界中でムーブメントを巻き起こしたライトウェイトスポーツ、マツダ・ロードスターの4代目は2015年の5月に販売が開始されました。
「SKYACTIV TECHNOLOGY」を全面採用しており、17.2km/Lの低燃費と高い走行性能を誇ります。

価格:249万円~319万円(税込)

乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア オープン
エンジン P5-VP [RS] 型
1,496cc 直4 DOHC
P5-VPR [RS] 型
1,496cc 直4 DOHC
最高出力 131PS/7,000rpm
最大トルク 15.3kgf·m/4,800rpm
変速機 6MT/6AT
駆動方式 FR
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:マルチリンク
全長 3,915mm
全幅 1,735mm
全高 1,235mm
ホイールベース 2,310mm
車両重量 990-1,060kg
JC08モード燃費 (km/L) 17.2

出典:http://www.mazda.co.jp/

マツダ ロードスターの更に詳しい情報はこちら!

トヨタ 86

86の画像です。

AE86こと「ハチロク」の名を継ぐライトウェイトスポーツ、トヨタ「86」は2012年の4月に販売が開始されました。

トヨタと富士重工業の共同開発によって生まれたこの車は、走る楽しさを追及した「直感ハンドリングFR」をコンセプトとしており、小型・軽量・低重心・低慣性なのが特徴です。

価格:248万円~648万円(税込)

乗車定員 4人
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン FA20型:水平対向4気筒 DOHC
ポート噴射+筒内直噴(D-4S)
最高出力 147kW (200PS)/7,000rpm
最大トルク 205N·m (20.9kgf·m)/6,400-6,600rpm
変速機 6速MT/6速AT
駆動方式 FR
サスペンション 前:ストラット
後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,240mm
全幅 1,775mm
全高 1,300mm
ホイールベース 2,570mm
車両重量 1,220kg

出典:https://goo.gl/

トヨタ 86の更に詳しい情報はこちら!

次のページ