MOBY

マツダRX-8の歴史と現在の中古車価格は?ロータリーエンジンの復活は近い?【日本の名車】

マツダ「RX-8」はロータリーエンジン搭載のスポーツカーです。現在は生産されていないものの、今でも人気の車種となります。 そのRX-8についての歴史をこの度振り返ってみたいと思います。

「RX-8」とはどんな車?

「RX-8」の原型となったコンセプトカー「RX-EVOLV」

出典:http://www2.mazda.com/

「RX-8」は1999年の東京モータショーにて、コンセプトカー「RX-EVOLV」として発表されました。
後の2001年に、デトロイトショーでの発表にて「RX-8」と名付けられます。

この「RX-EVOLV」ですが、観音開きの4ドアタイプのスポーツカーとして、前席2+後席2の4人乗りスポーツカーで、大人4人が乗れる居住空間を確保しており、ファミリーマートカーとしながらも、スポーツカーとしての走りを楽しめるようなモデルとなっていました。

「RX-8」の発売は2003年

出典:http://www.goo-net.com/

出典:http://www.goo-net.com/

そして2003年、「RX-8」は発売されます。
ちなみに、この「RX-8」は「RX-7」の後継車と思われがちですが、そうではありません。「RX-7」はクーペ(2ドア)なのですが、「RX-8」は4ドアとして開発されているからです。

その理由として、当時アメリカの自動車メーカー、フォード傘下にあったためアメリカなどの自動車保険の関係で4ドアでの製造が絶対条件であったことが挙げられます。

しかし、4ドアで作ると車重が重くなってしまいます。それを解決したのが「フリースタイルドア」と呼ばれる観音開きに開く開け方でした。
(上部画像を参照)

4ドアですので、当然4シートです。ファミリー向けとして開発されましたので、RX-7ユーザー他スポーツカーファンにとってこの指向は、決して評判がいいものではありませんでした。

「RX-8」のスペック情報

出典:http://www.lovemazda.net/

エンジンはロータリーエンジン(「RX-7」にも搭載されたエンジン)ですが、新設計により「RX-7」のエンジンよりも燃費性能がよくなりました。
以下、ベースグレードのものですがスペックになります。

エンジン型式 13B-MSP
最高出力 210ps(154kW)/7200rpm
最大トルク 22.6kg・m(222N・m)/5000rpm
種類 水冷直列2ローター
総排気量 1308cc
内径×行程 ----mm×----mm
圧縮比 10.0
過給機 なし
燃料供給装置 電子制御燃料噴射装置
燃料タンク容量 61リットル
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
ステアリング形式 パワーアシスト付きラック&ピニオン
サスペンション形式(前) ダブルウイッシュボーン式
サスペンション形式(後) マルチリンク式
ブレーキ形式(前) ベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式(後) ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ(前) 225/55R16 94V
タイヤサイズ(後) 225/55R16 94V
最小回転半径 5.3m
駆動方式 FR
トランスミッション 5MT

出典:http://www.goo-net.com/

燃費はおおよそ9~10km/Lとなります。
グレードはベースグレードのほか、「Type-E」「Type-S」 の3種とありました。

2008年のマイナーチェンジで追加された「Type-RS」と生産終了の年、2012年には2000台限定の「SPIRIT R」というバージョンが販売されました(本来、1000台限定だったのですが、反響があったために1000台追加され、合計2000台の精算となりました)。

また、水素ロータリーエンジンを搭載したモデルも開発されていましたが、市販化されずに開発終了となりました。

RX-8のCM

当時のRX-8のCMをご紹介。
最大の特徴である「ロータリーエンジン」を全面に押し出しています。
また、、「観音開きの4ドア」やスポーツカーとしての走る楽しみがあること印象づけています。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す