アウディA4新型へフルモデルチェンジ!価格や燃費性能やデザインは変わった?

アウディA4が新型へフルモデルチェンジします。発売日は2016年、2月19日。アウディの自信作である新型A4の、価格や燃費、デザインなど最新情報を一挙にご紹介します!

アウディA4フルモデルチェンジ!!

新型アウディA4発売

2月8日のプレスカンファレンスにてアウディ ジャパン株式会社はアウディの主力モデルである「アウディ A4」をフルモデルチェンジすることを発表しました。
新型アウディは2月19日から販売開始されるとのことです。

主力モデルのチェンジ!

アウディにとってA4は販売台数からみても、社を代表する根幹車種と言えます。
全世界で累計1200万台の販売台数を誇っていて、世界でもプレミアムミッドサイズセダンとしては最も人気のある車種の一つです。

それだけに、今回のフルモデルチェンジには相当の気合が入っていると思われます。

フルモデルチェンジでエクステリアデザインの変化は?

大きな変化はないが・・・

エクステリアに関しては、大きな変化はありません。
アウディのエンブレムを取り外したとしても、アウディの車だと判断できるような、アウディらしいデザインはそのままです。
大きな変化はありませんが、細部へのこだわりが光ります。
まず、「シングルフレーム」が変化しています。
「シングルフレーム」はアウディ車ならではの特徴で、通常上下二つに分かれているフロントグリルを一つにつなげたものです。
その「シングルフレーム」の幅が広くなり、また、ヘッドライトが鋭くなっていたり、小さな変化によって、より洗練されたデザインへと進化しています。

ボディサイズはアップ、車高はダウン

出典:http://www.webcg.net/

ボディサイズに関しては、若干大きくなっています。
全長がプラス15mm、全幅も同じく15mmアップして、4735mm×1840mmになりました。

代わりに全高は10mmダウンの1430mmと、若干低くなっています。

オプションのマトリクスLEDライトが便利

出典:http://www.webcg.net/

アウディTTでも取り入れられている、マトリクスLEDライトオプションで付けられ、カメラによって得られた情報を解析して、状況によってライトの光量を12個のライト、64段階に調整してくれるようになっています。

おかげで、ハイライトで対向車がまぶしかったり、標識に反射して自分がまぶしかったりすることのないようになるようです。

次のページ