日本最高級車センチュリー|価格・性能・中古車価格・口コミ情報総まとめ

国産最高級車の一つ、トヨタ「センチュリー」。政治家や社長、セレブも所有する黒塗りの高級車としてお馴染みです。この記事では、そんな「センチュリー」の性能や口コミ、中古価格等をまとめています。

黒塗りの高級車 トヨタ「センチュリー」ってどんな車?

初代 センチュリー

出典:http://www.favcars.com/

2代目 現行型 センチュリー

センチュリーの画像です。

出典:http://www.carsensor.net/

センチュリーはトヨタ自動車が誇る、国内最高級の乗用車です。
日本車で最高級といえばセンチュリーをイメージする方が多いと思います。
初代モデルが発売された1967年は、明治100年にあたると同時に、トヨタ創業者である豊田佐吉(とよだ・さきち 1867-1930)の生誕100周年でありました。
これにちなんで、車名を「センチュリー(世紀)」としたのです。

センチュリーは官公庁・企業向けの公用車や社用車として企画された国内専用車ですが、自家用車として所有しているセレブも少数ながら存在します。

他にも霊柩車のベース車としての需要や、あまり近くを走りたくない、追突したら怖いヤのつく人達も所有しており、日本国内だけでも様々な用途で使用されているんです。

この記事では、1997年のフルモデルチェンジで登場した2代目センチュリーについて紹介します。

販売期間 1997年-
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン 1GZ-FE型
V型12気筒DOHC 4,996cc
変速機 4速AT/4速コラムAT(-05年1月)
6速AT/6速コラムAT(05年1月- )
駆動方式 FR
サスペンション 前・ダブルウィッシュボーン
後・ダブルウイッシュボーン
全長 5,270mm
全幅 1,890mm
全高 1,470mm
ホイールベース 3,025mm
車両重量 2,050kg

出典:https://goo.gl/

センチュリーの強力なエンジン!でも燃費は?

センチュリーの画像です。

出典:http://toyota.jp/

出典:http://toyota.jp/

センチュリーのためだけに開発された、5リッターV12エンジン。その最大の特長は、各気筒の爆発間隔が短いためトルク変動が小さく、加速感が実に滑らかなことです。また、究極ともいえるバランス性能により、アイドリング振動も極めて小さく、低速走行時でも快適な乗り心地をもたらします。センチュリーは、この高性能V12エンジンのパワーが後席での快適な乗り心地につながるよう、電子制御スロットルによるエンジン制御を開発。後席の方の体に不快な加速とならない、最適なバランスを実現しました。また、高効率で理想的な燃焼を実現するVVT-i*1(連続可変バルブタイミング機構)の採用に加え、フリクションの低減などによってJC08モード走行燃費7.6km/Lという燃費を実現。さらに、エキゾーストマニホールドのシングル化や、インジェクタの高微粒子化などによる低排出ガス化も推進。低排出ガス車認定制度における「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を国土交通省より取得しています。

出典:http://toyota.jp/

センチュリーは国産車で唯一、強力なV型12気筒エンジンを搭載している車です。
他にV12エンジンを搭載している車といえば、フェラーリ「F12ベルリネッタ」や、ランボルギーニ「アヴェンタドール」などのスーパーカーが挙げられます。

この強力なエンジンで、センチュリーは2トンにも及ぶ重い車体を軽快に走らせることができますが、JC08モードで7.6km/Lの燃費はお世辞にも良い方だとは言えません。
しかし、このエンジンのおかげで高級車に相応しい乗り心地を獲得しているのも事実ですので、燃費には目をつむりましょう。

1GZ-FE
タイプ:V型12気筒 DOHC 48バルブ VVT-i
排気量:4.996L
内径×行程(mm):81.0×80.8
圧縮比:10.5
出力:206kw(280ps)/5,200rpm 481Nm(49.0kgm)/4,000rpm (1997年 - 2005年)
出力:206kw(280ps)/5,200rpm 460Nm(46.9kgm)/4,000rpm (2005年 - )

出典:https://goo.gl/

極上の快適空間 センチュリーのインテリア

センチュリーの画像です。

出典:http://toyota.jp/

出典:http://toyota.jp/

センチュリーの画像です。

出典:http://toyota.jp/

センチュリーの室内空間は、高級車に相応しい乗り心地と静粛性を備えています。

細かな調節ができるリクライニング機能やマイナスイオン発生装置、シートごとの空調装置などの快適装備を満載しており、その全てを後席のアームレストに内蔵されたコントロールスイッチによって、座ったまま操作することが可能です。

シートの表皮は本皮革とウールファブリックから選択可能で、色はグレー、オーキッド、ブルーグレーの三色が用意されています。
世界一の自動車メーカートヨタブランドの最高級車仕様が見てとれます。

次のページ