【ハイブリッド車徹底比較】トヨタプリウスvsホンダインサイト|ライバル車対決

トヨタプリウスとホンダインサイトはハイブリッドカーとして人気を二分したほどのライバル関係にある車です。同じハイブリッドでもタイプの違うこの2台を、価格、デザイン、エンジン性能、室内空間などで比較してみました。上質感と居住性のあるプリウス、スポーティ感のあるインサイト、あなたならどちらを選びますか?

トヨタプリウスってどんな車?

出典:http://toyota.jp/

出典:http://toyota.jp/

トヨタプリウスは1997年に初代が発売され、2003年、2009年にフルモデルチェンジ、そして2015年12月に4代目モデルも発売になっています。

世界初の量産型ハイブリッドとして世界中の注目を集め、エコカーブームの火付け役となった車で、新車販売ランキングでカローラを抜いて首位に立つなど、3代目のデビューと共に歴史的な大ヒットを遂げ、エコカー減税なども追い風となり、納車に10ヶ月待ちといった事も話題となりました。

特に、4代目プリウスは3代目プリウスから非常に進化しており、プリウスの特徴となっている40km/Lを越える燃費は勿論のこと、構造から見なおしたモデルとなっており、3代目と比較にならない程の乗心地やシートのフィット感が売りとなっています。

ホンダインサイトってどんな車?

出典:http://www.honda.co.jp/

出典:http://www.honda.co.jp/

ホンダインサイトは1999年に初代が発売されました。
実用性に優れた5ナンバー枠のコンパクトボディで、誰にでも扱いやすくエコをもっと身近に楽しめる車をコンセプトに販売されましたが、2006年に一度生産・販売が終了しました。

その後、コンセプトを大幅に変更し、新型ハイブリッド戦略車として2009年に復活、2011年にマイナーチェンジしました。
当初はプリウスの対抗馬として、200万円以下で買えるハイブリッドカーとして華々しく登場し、販売も好調でしたが、同社のフィット・ハイブリッドの登場により世代交代を迎え、2014年に生産・販売が終了しています。

価格、燃費などコストパフォーマンスを比較!

新車・中古車価格を比較!

出典:http://www.corism.com/

▶新車価格
新車で購入する場合、プリウス(4代目)の車両価格は243万円~320万円となっており、インサイトの車両価格は193万円~255万円です。

プリウスはエンジン性能、排気量、装備の充実さや上質感など、インサイトに比べてグレード設定が高いので、価格もプリウスが高くなっていますね。特に4代目の新型プリウスは最新の技術が詰まっているので、一段と高くなっているようですね。

▶中古車価格
中古車価格は、プリウスの中古車平均価格が約142万円、インサイトの中古車平均価格が約140万円です。

過去のモデルを含んでおりますので、一概は言えませんが、プリウスの中古車市場に出回る台数が多く、新車価格で差があったものの中古車市場では大きな差はないようです。グレードや何代目のモデルなのかを吟味して選びたいですね。

プリウスとインサイトの燃費も比較!

出典:http://toyota.jp/

プリウス(4代目)の燃費は、カタログ燃費(JC08燃費)は1.8L車で37.0~40.8km/Lであり、実燃費は21.85km/L~28.02km/L程度となっています。

一方、インサイト(2011年モデル)の燃費は、カタログ燃費(JC08燃費)は1.5L車で22.2~26.5km/Lとなっており、実燃費は15.74km/L程度となっています。

両車両ともにカタログ燃費から実燃費には差はあるものの、ハイブリッドシステムの違いにより、燃費性能に差が出ています。
プリウスは量産ハイブリッド車として世界トップクラスなだけに、燃費性能は極めて優秀です。

プリウスとインサイトのデザインを比較!

プリウスのデザイン

出典:http://toyokeizai.net/

プリウスのデザインは、 空力理論による「エアマネジメント」を徹底し、世界トップレベルの空力性能を実現しています。

フロントから特徴のあるヘッドライド、リヤへのサイドのキャラクターラインは、切れのある伸びやかさを演出しており、上質感と未来感のある個性的なスタイリングが特徴です。

ボディカラーは9色が用意されており、特に「サーモテクトライムグリーン」というプリウスの為の新色(上画像)は、太陽光による車体表面温度が上がりにくい仕様となっています。

インサイトのデザイン

出典:http://www.honda.co.jp/

インサイトのデザインは、空力性能を突き詰めたワンモーションフォルムで燃費の向上、風切音の低減に貢献しています。

ハイブリッドカーとして燃費を徹底追求しながらもサイドにクロームラインを入るなど、一見、スポーツカーのようにも見えるデザインの外観を守りぬいています。

ボディカラーは6色が用意されていました。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す