MOBY

【軽自動車徹底比較】ダイハツ タントvsウェイク│ライバル車対決

ダイハツの人気軽自動車、「タント」と「ウェイク」。どちらも広い室内空間と便利な装備が魅力です。両車は同じダイハツ車ですが、ライバル関係にもあります。この記事では、そんなタントとウェイクのデザインや価格、燃費性能などを比較してみました。

親子で嬉しい!ダイハツ「タント」ってどんな車?

ダイハツ タント

タントはダイハツ工業が2003年から販売している軽トールワゴンです。
現行型の3代目は、2013年に発売されました。

車名の由来はイタリア語で「とても広い、たくさんの」を意味する「tanto」から。
その名が示す通り、軽自動車でもトップクラスの広さを誇る室内空間が特徴です。

使い勝手の良いミラクルオープンドア等の便利な装備や安全装備が充実しているので、小さなお子様がいる家庭からの人気が高く、軽のファミリーカーとして高い需要があります。

先日結婚を発表した、DAIGOさんが出演するTVCMも家族をターゲットにしたものとなっています。

ダイハツ「タント」の更に詳しい情報はこちら!

あんちゃん!ダイハツ「ウェイク」ってどんな車?

ウェイク

ウェイクはダイハツ工業が2014年から販売している軽トールワゴンです。
「あんちゃん!」「ウェイクだよ!」というセリフがインパクト抜群のCMで、名前だけは知っているという人も多いのではないでしょうか?

室内空間は軽自動車では最高の1,455mmの室内高を誇り、便利な収納も充実しています。
荷室には高さ320mm、容量90Lのアンダートランクを備えており、ゴルフバッグを立てたまま積載することも可能です。

衝突回避支援システムの「スマートアシスト」も搭載しているので、安全性能にも死角はありません。

車名の由来は「タントの上を行く」→「上行く」→「ウェイク」となっています。
また、英語で「目覚める」「呼び起こす」の意味もあります。

朝ドラ「マッサン」に出演した俳優、玉山鉄二さん主演のCMが面白いと話題を呼びました。

スズキの人気軽自動車!「ハスラー」とも徹底比較してみました!

タントとウェイク エクステリアを比較!

タントのエクステリアデザイン

ダイハツ タント

タントは、グッドデザイン賞の中でも最も優れたデザインに送られる「グッドデザイン金賞」を受賞しています。

グッドデザイン賞は、ただ見た目がカッコイイというだけで受賞できるものではありませんが、タントの凛々しい顔立ちやシンプルにまとまったボディラインを見ると、金賞を受賞できたのも納得のデザインをしています。

三代目タントは,室内への開口を確保するセンタピラーレスとスライドドアによる抜群の乗降性と室内空間の拡大による使い勝手のよさを追求し,より高い次元で生活の中心にある「軽」のスタンダードモデルを提案している.樹脂パーツの採用による軽量化と空力への配慮による高い燃費性能の達成やスマートアシストの実装による安全性の確保.従前,欧州車のデザインで重視されてきた「走り」,「快適性」,「美しさ」といった価値尺度に対して,日本で生まれた軽というカテゴリーに三代目タントは「横のデザイン」という価値を堂々と体現している.

出典:http://www.suzuki.co.jp/

グッドデザイン金賞とは?

社会の課題に対する取り組みとしての内容、将来に向けた提案性や完成度の高さなど、総合的な観点から、グッドデザイン賞審査委員会が今年度もっとも優れていると評価したデザインに贈られます。

出典:http://www.g-mark.org/

ウェイクのエクステリアデザイン

ウェイク

ダイハツ ウェイク

とにかく四角いのが、ウェイクの特徴です。
車高1,835mmの箱状ボディは、いかにもたくさん荷物が積めそうで、頼りがいのある存在感を放っています。

フロントグリルのエンブレムも、ウェイクの箱感をイメージした専用のデザインです。

次のページ