初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【軽自動車徹底比較】スズキ ハスラーvsジムニー│ライバル車対決

スズキの個性派「ハスラー」。同じくスズキのベテラン4WD「ジムニー」。両車とも人気のある軽自動車です。この記事では、そんな人気軽自動車の性能や価格を徹底比較しています。

遊べる軽スズキ「ハスラー」ってどんな車?

スズキ ハスラー 2013年型 X ピンク

ハスラーはスズキが販売しているクロスオーバーSUVです。
2014年に発売された本車両は、漫画「Dr.スランプ」のアラレちゃんを使ったポップなCMで一躍有名になりました。

CMでも使われている「遊べる軽」というキャッチコピーの通り、ハスラーの大径タイヤと高い車高は走る場所を選ばず、ゆとりある室内空間は自由度も高いので、遊びの自由度は無限大です。

また、軽自動車ならではの小回りの良さや高い燃費性能、自動ブレーキ等の安全装備も充実しており、カーオブザイヤー受賞も納得の完成度を持った車となっています。

ハスラーのCMには、アラレちゃんと一緒にももいろクローバーZも出演しています。

スズキハスラーの現行車と新型車に関する記事はこちら

小柄なジープ スズキ「ジムニー」ってどんな車?

スズキ ジムニー 40年記念車 クロスアドベンチャー XA カシミールブルー

ジムニーはスズキが1970年から販売している軽4WD(四輪駆動車)です。
40年以上ある歴史の中で何度もマイナーチェンジを繰り返していますが、フルモデルチェンジは2回しかなく、1998年から販売されている現行型は3代目となっています。

車名の由来は「ジープ型のミニ」という意味を込めて、「Jeep」「Mini」「Tiny」をかけ合わせた造語から。
その名の通り、小さいながらもジープの様な耐久性を持ち、悪路の走破性能は4WDの中でもトップクラスとなっています。

安全性能においては、レーダーブレーキサポートのような先進の安全装備はありませんが、持ち前の頑丈さで衝突安全性能は抜群です。
冠水した道路も余裕で走れる、自然災害に強い車としても知られています。

ジムニー40周年のCMです。

ハスラー対ジムニー エクステリアを比較!

ハスラー エクステリアデザイン

スズキ ハスラー 2016年型

ハスラーは、そのポップでキュートなデザインが特徴的です。
遊び心にあふれた外観は女性人気も高く、SUVにありがちな武骨さを微塵も感じさせません。
この車なら、街中のおしゃれなカフェに停まっていても、風景と調和すること間違いなしですね!

ジムニー エクステリアデザイン

スズキ ジムニー 2009年型 ランドベンチャー

ジムニーは一言で言うと「無骨」です。
現行型が発売したのが1998年ということもあり、デザイン自体の古さはどうしようもありません。

しかし、この無骨で古臭い感じを好む「ジムニスト」は国内外問わず大勢います。
オシャレさではハスラーに敵わなくても、一貫したジムニーらしさを保っているのがジムニーの強みであり、人気の秘密なのです。

ジムニー対ハスラー インテリアを比較!

ハスラー インテリア

スズキ ハスラー 2013年型 X インパネ オレンジ
スズキ ハスラー 2016年型 JSTYLEⅡ シート

ハスラーはインテリアデザインもポップでおしゃれ。
多彩なシートアレンジが可能で、サーフボードを積みこむこともできます。
アイデア満載の便利な収納も多数装備しているので、アウトドアで使う小物の整理にも困りません。

ジムニー インテリア

スズキ ジムニー 2014年型 XC インパネ
スズキ ジムニー 2014年 XC シート

ジムニーのインテリアは非常にシンプルにまとまっています。
シートアレンジもリヤシートを倒すだけというシンプルさで、煩わしい操作は一切いりません。
シンプルすぎて、使い勝手の点ではハスラーに軍配が上がります。

次のページ

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK