【軽自動車徹底比較】ダイハツ タントvsスズキ スペーシア│ライバル車対決

ママに人気のダイハツ「タント」。高い環境性能が魅力のスズキ「スペーシア」。両車はあらゆる面でライバル関係にもあります。本記事では、そんな人気の軽自動車を様々な面から徹底比較してみました。

ダイハツ「タント」ってどんな車?

ダイハツ タントの画像です。

出典:http://autoc-one.jp/

タントはダイハツ工業が製造・販売している軽トールワゴンです。
2013年から販売されている現行型は、3代目となります。
車名の由来は、イタリア語で「とても広い、たくさんの」という意味の「tanto」から。

その名の通り広い車内が特徴で、軽自動車の規格値いっぱいである全長3,395mmのボディに、室内長2,200mm、室内高1,365mmの広い室内空間を備えています。

先進安全装備も搭載しており、衝突回避支援ブレーキ機能や衝突警報機能、誤発進抑制制御機能等を備えた衝突被害軽減ブレーキ「スマートアシストⅡ」は、予防安全性能評価において最高ランクを獲得しました。

先日結婚を発表した、DAIGOさんが出演しているTVCMも印象的です。

ダイハツ「タント」の更に詳しい情報はこちら!

スズキ「スペーシア」ってどんな車?

スズキ スペーシアの画像です。

出典:http://www.suzuki.co.jp/

スペーシアは、スズキが製造・販売している軽トールワゴンです。
同社の軽トールワゴン「パレット」に替わる実質的な後継車として、2013年に発売されました。

車名の由来は、英語で「空間」を意味する「space」から。
「その広さが名前からもわかるように」と名付けられた通り、室内長2,215mm、室内高1,375mmの広い「スペース」を備えています。

本車は次世代環境技術「スズキグリーンテクノロジー」を導入しており、エンジンを電気モーターでアシストする「S-エネチャージ」やアイドリングストップ機構、エンジン停止中も室内空間を涼しく保つ「エコクール」といった、環境に優しい装備が充実しているのも特徴です。

スズキ「スペーシア」の更に詳しい情報はこちら!

タントとスペーシア エクステリアを比較!

タントのエクステリアデザイン

タントの画像です。

出典:http://autoc-one.jp/

タントの画像です。

出典:http://autoc-one.jp/

タントの画像です。

出典:http://autoc-one.jp/

タントのデザインは、グッドデザイン賞の中でも最も優れたデザインに送られる「グッドデザイン金賞」を受賞しており、そのデザインがいかに優れているかがわかります。

グッドデザイン賞は、ただ見た目がカッコイイデザインというだけで受賞できるものではありませんが、タントの凛々しい顔立ちやシンプルにまとまったボディラインを見ると、金賞を受賞できたのも納得です。

三代目タントは,室内への開口を確保するセンタピラーレスとスライドドアによる抜群の乗降性と室内空間の拡大による使い勝手のよさを追求し,より高い次元で生活の中心にある「軽」のスタンダードモデルを提案している.樹脂パーツの採用による軽量化と空力への配慮による高い燃費性能の達成やスマートアシストの実装による安全性の確保.従前,欧州車のデザインで重視されてきた「走り」,「快適性」,「美しさ」といった価値尺度に対して,日本で生まれた軽というカテゴリーに三代目タントは「横のデザイン」という価値を堂々と体現している.

出典:http://www.suzuki.co.jp/

スペーシアのエクステリアデザイン

スペーシアの画像です。

出典:http://autoc-one.jp/

スペーシアの画像です。

出典:http://autoc-one.jp/

出典:http://autoc-one.jp/

スペーシアの顔立ちは、タントと雰囲気が良く似ており、どちらも柔らかい印象を受けます。
全体的な印象も良く似ているので、すれ違っただけで見分けるのは難しいかもしれません。
名前の由来が「広さ」に関係しているという所も共通しており、本当は姉妹車なのではないかと疑いたくなります。

タントとスペーシア インテリアを比較!

タントのインテリア

タントの画像です。

出典:http://autoc-one.jp/

タントの画像です。

出典:http://autoc-one.jp/

タントの画像です。

出典:https://www.daihatsu.co.jp/

タント最大の特徴である「ミラクルオープンドア」は、センターピラー(自動車中央の窓柱)を廃したことで、使い易さを格段に向上させたドアです。

開口幅は1,490mmの広さを誇り、乗り降りや荷物の出し入れが非常にスムーズに行えます。
27インチの自転車を横から入れたり、傘を差したまま車内に入ることもできるので、使い勝手は抜群です。

シートアレンジの自由度も高いので、ミラクルオープンドアと合わせて、どんなシチュエーションにも対応することができます。

スペーシアのインテリア

スペーシアの画像です。

出典:http://www.suzuki.co.jp/

スペーシアの画像です。

出典:http://www.suzuki.co.jp/

スペーシアの画像です。

出典:http://www.suzuki.co.jp/

スペーシアの室内空間は大人が足を伸ばして座れる広さを誇り、室内高も1,375mmの高さがあるので、幼稚園の送り迎えの際にお子様を車内で着替えさせることもできます。
シートは撥水加工なので、汚れが簡単に落ちるところも嬉しいポイント。

リヤシートは左右別々に独立して動くので、広い室内空間の使い方の可能性は無限大です。
静粛性能も高く、快適な室内空間で家族の会話をたくさん楽しめます。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す