愛され続ける名車!ホンダ「ビート」の歴史と現在の中古車価格

軽乗用車として初のミッドシップ、フルオープンモノコックボディを採用したホンダ「ビート」。斬新、キュートなデザインで、現在も根強い人気車です。そんな「ビート」の歴史と現在の中古車価格について、まとめてみました。

ホンダ「ビート」とは?

ホンダ「ビート」

出典:http://autoc-one.jp/

出典:http://www.drilldrive.com/

ホンダ「ビート」は、ホンダが1991年~1996年の間に生産・販売した2シータータイプのオープン軽自動車です。

型式「E-PP1」から「PP1型」と呼ばれることもあり、軽乗用車初のミッドシップ(座席後部エンジン)、後輪駆動(リアドライブ)方式を採用し、2シーター、フルオープンモノコックボディの斬新かつキュートなデザインで、今なお人気です。

・販売期間
1991年-1996年
・乗車定員
2名
・ボディタイプ
2ドア オープン
・エンジン
E07A型:直3 SOHC 656cc
・最高出力
64PS/8,100rpm
・最大トルク
6.1kgf・m/7,000rpm
・変速機
5速MT
・駆動方式
MR
・サスペンション
前:マクファーソン式ストラット
後:デュアルリンク式ストラット
・全長
3,295mm
・全幅
1,395mm
・全高
1,175mm
・ホイールベース
2,280mm
・車両重量
760kg
・後継
S660

出典:https://goo.gl/

その他スペック情報としては「四輪独立懸架のストラット式サスペンション」「四輪ディスクブレーキ」「SRSエアバッグ」「サイドインパクトビーム」「前後異型タイヤ(前13インチ、後14インチ)」が装備されています。

ハンドル操作に関しては、遊びが少なく、パーワーステアリングは装備されていません。
1.175mmと低く設定された全高のため、車内は狭くなりましたが、運転席側を多少広くなるよう調節されています。

「ビート」の当時のCM

ビートに搭載された「MTREC」エンジンとは?

出典:http://www.honda.co.jp/

ドライバーと車が一体になったような車を目指し、開発されたエンジンです。
小気味よいレスポンスを得るため自然吸気にこだわり、優れたエンジン性能を得るため軽量コンパクトを求めました。
燃焼室にすばやく多量の空気を送り込むため、多連スロットルが採用されました。

車両中央に横置きされる「E07A」エンジンは、自然吸気(NA)だが独立3連スロットルと燃料噴射制御マップ切換方式を組み合わせた吸気システム「MTREC(エムトレック)」(Multi Throttle Responsive Engine Controlの略) により、自然吸気の軽自動車としては唯一自主規制に達する64PSを8,100rpmで発生する。

出典:https://goo.gl/

「MTREC」エンジンについて、更に詳しく知りたい方はコチラをどうそ。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す