FCVとPHV結局どっちが買いなの?燃費、価格、性能比較!

「燃料電池自動車」FCV、「プラグインハイブリッド自動車」PHV、どちらも環境に優しい次世代の自動車カテゴリーです。では、そんなFCVとPHVは何が違うのか?どちらがお得なのか?この記事ではそんな疑問に答えるために、両車を比較してみました。

FCV・PHVってどんな車のこと?

FCVの仕組み

FCVの仕組み画像

出典:http://www.pref.kanagawa.jp/

燃料電池自動車(FCV)の基本構造
FCV(燃料電池自動車)は、燃料電池で水素と酸素の化学反応によって発電した電気エネルギーを使って、モーターを回して走る自動車です。ガソリン内燃機関自動車が、ガソリンスタンドで燃料を補給するように、燃料電池自動車は水素ステーションで燃料となる水素を補給します。

出典:http://www.jari.or.jp/

FCVの更に詳しい解説はこちら!

PHVの仕組み

出典:http://www.meti.go.jp/

PHVの仕組み
外部電源から充電できるタイプのハイブリッド自動車で、走行時にCO2や排気ガスを出さない電気自動車のメリットとガソリンエンジンとモーターの併用で遠距離走行ができるハイブリッド自動車の長所を併せ持つ自動車です。

出典:http://www.meti.go.jp/

FCVとは「Fuel Cell Vehicle」、燃料電池自動車の略称です。
有害な排気ガスが出ない、騒音が少ない、充電が不要といったメリットがあります。

PHVとは「Plug-in Hybrid Vehicle」の略称で、日本語ではプラグインハイブリッド自動車といいます。
通常のガソリン自動車と比較して、ランニングコストが低くなるというメリットがあります。

両車共に環境に優しい次世代の自動車ですが、その燃費や価格、走行性能にどのような違いがあるのか?
今買うとしたらどちらがベストなのか?

そんな疑問に答えるために、この記事ではFCVとPHVを比較してみました。

FCV対PHV 航続距離や燃費はどちらがお得?

出典:http://map-icon.com/

完全に水素のみで発電して走行するFCVと、ガソリンエンジンと電気モーターを併用することができるPHVとを、単純に比較することはできませんが、電気モーターのみでの走行可能距離を比較すると、以下のようになります。

➡FCV(燃料電池自動車)
トヨタ「MIRAI」:650km
ホンダ「クラリティ FUEL CELL」:700km以上
水素充填時間:約3分

➡PHV(プラグインハイブリッド車)
トヨタ「プリウスPHV」:26.4km
三菱「アウトランダ―PHEV」:60.8km
充電時間:1時間30分~4時間

※いずれもJC08モードでの数値です。

こうしてみると、FCVが圧倒的有利のように思えます。
しかし2016年現在、水素の価格はガソリンより少し安い程度でしかなく、肝心の水素充填ステーションも全国に36か所と、普及率は高くありません。

それに対してPHVは、家庭用電源からも充電でき、その価格も満充電で約80円程度です。
プリウスPHVなら、HV走行とEV走行を組み合わせることで、その燃費は61km/Lにも達します。

近い将来、水素充填ステーションが普及して、水素ももっと安くなるかもしれませんが、今現在の燃費や扱い易さなどから考えると、FCVよりPHVに分があります。

FCV対PHV 走行性能を比較!

プリウスphv画像です。

出典:http://toyota.jp/

FCV、PHV共に加速性能や静粛性能は非常に高く、環境性能もトップクラス。

PHVのEV走行時には、最高速度に制限がかかりますが、高速道路での走行に支障が出るほどではないので、気にすることはありません。

走行性能に関しては、人それぞれ好みがあるので、自分で試乗して確かめてみるのが一番です。

トヨタ「MIRAI」試乗動画

トヨタ「プリウスPHV」試乗動画

FCV対PHV 価格対決!補助金も出る!

エコカー減税の画像です。

出典:http://toyota.jp/

補助金200万円!MIRAIの価格

現在唯一市販されているFCV、トヨタ「MIRAI」の価格が723万6000円と、高級車価格になっています。

しかし、自動車グリーン税制、エコカー減税、CEV補助金といった制度を利用すれば、最大でも約225万円の補助を受けることができるので、実質500万円台での購入も可能です。

PHVもお得に買える!

PHVは例として、トヨタの「プリウスPHV」が294万円から、三菱「アウトランダ―PHEV」が359万円からと、通常のガソリン自動車並みの価格に抑えられています。

もちろんエコカー減税や自動車グリーン税制、CEV補助金もFCVほどではありませんが出されるので、最大でも約40万円ほどの補助を受けることができます。

2016年現在、価格の面ではPHVの方が現実的で、購入しやすくなっています。
FCVも普及が進めば、価格も下がって購入しやすくなると思いますので、その時が来るまではPHVに乗っている方がお得です。

今はPHVが買い!FCVにも期待大!

出典:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

FCVとPHVの比較はいかがでしたでしょうか?

今現在の価格や燃費、扱い易さから考えると、FCVよりPHVの方がコストパフォーマンスが高く、お得な車だと言えます。

しかし、FCVも可能性を秘めた発展途上の車なので、将来どうなるかはまだわかりません。

MOBYでは、そんなFCVに関しての最新情報もどんどん掲載していきますので、今後もご期待ください!