MOBY

3ナンバーとは?5ナンバーとは?意味と違いをわかりやすく解説

様々な意味が詰まっているナンバープレート。でも、「実際はどのような意味があるのかな?」と、疑問に思うことがあったりしませんか?今回はその中で、上一桁の3ナンバー、5ナンバーについてのご紹介を致します。

道路運転車両法

まずナンバープレートを簡単にご説明しますと、正式名称を「自動車登録番号標」といい、道路運送車両法第19条という法律によって取り付けが義務付けされています。

ナンバープレートの色や地名、ひらがななどにはそれぞれ意味があります。
その中でも、「3ナンバー」、「5ナンバー」は分類番号と呼ばれています。

「3ナンバー」「5ナンバー」といった分類番号の意味

出典:http://frytiger.com/

では本題の分類番号についてご説明します。
分類番号は、車の「ボディサイズ」と「エンジン排気量」などにより分類されます。
まずは、5ナンバーに分類されるものが基準となりますので5ナンバーからご説明をします。

5ナンバー

出典:http://goo.gl/

5ナンバーは「小型乗用車」に分類されます。
小型乗用車とは、基準が「全長4.7メートル以下、かつ全幅1.7メートル以下、かつ全高2.0メートル以下、かつガソリン車の場合は総排気量が2000cc以下」の乗用車のことをいいます。

車種を例にしますとトヨタのアクアやプリウス、ホンダのフィットなどです。

3ナンバー

出典:http://ncnl.seesaa.net/

3ナンバーは普通乗用車に分類されます。
基準は先述した5ナンバーの基準、「全長4.7メートル以下、かつ全幅1.7メートル以下、かつ全高2.0メートル以下、かつガソリン車の場合は総排気量が2000cc以下」。

5ナンバーの項目を一項目でも上回りますと、3ナンバーの乗用車に分類されます。
つまり、車のサイズは5ナンバーの基準でもエンジンの総排気量が2000cc以上であれば3ナンバーに分類されます。

最近ではコンパクトSUVが人気となっていますが、ボディサイズは5ナンバーの基準を満たしていますが、排気量が大きいために3ナンバー車となっていたりと、排気量の基準値だけで3ナンバーになっているものが多い傾向があります。

最近ではあまり重要ではなくなってきた「3ナンバー」「5ナンバー」基準

3ナンバー、5ナンバーについて簡単にご紹介をしました。
一つ付け加えておきますと、3ナンバーと5ナンバーでの税金の金額は必ずしも違うとは限りません。
一昔前のイメージで、3ナンバーのほうが高いと思ってしまいますがエンジンの総排気量によって金額が変わります。

従って、3ナンバーであっても、総排気量が少なければ減税を受けられたりしますので、今となっては3ナンバーや5ナンバーと分類する意味は昔ほどないようですが、車庫の広さや高さが5ナンバーサイズでつくられているところもありますので、「5ナンバー車は車庫を選ばない」といった感覚を持っておく程度で良いでしょう。

排気量に関するおすすめ記事はこちら

ナンバープレートに関するおすすめ記事はこちら

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す