MOBY

【自動車の歴史】アウディの歴史、ルーツと車種の特徴を知ろう!

「フォーリングス」または「フォーシルバーリングス」と呼ばれ4つの輪が連なったエンブレムが特徴のアウディ。その背景には、波乱の歴史がありました。今となってはプレミアムブランドとなったアウディの歴史をひも解きます。

アウディってどんな車会社?

出典:https://gazoo.com/

アウディ ジャパン 株式会社

4つの輪のエンブレムは、アウディ、DKW(デーカーヴェー)、ホルヒ、ヴァンダラーという4つのブランドを表しています。
合併や吸収など、いくつもの波乱の時代をくぐりぬけ、1964年にフォルクスワーゲンの傘下になりました。

かつては、フォルクスワーゲンの高級ブランドラインというイメージでしたが、今ではベンツやBMWなどと肩を並べる高級車ブランドへと成長しています。

出典:https://jp.pinterest.com/

創業者は元ベンツのエンジニア

出典:http://www.sankeibiz.jp/

アウディの創設者「アウグスト・ホルヒ」は、ワイン酒屋と鍛冶屋を営む一家の息子として生まれ、学生時代は、ドイツ最高峰の技術学校で工学を学びました。

その後、エンジン製造会社を経て、28歳で、現在のメルセデス・ベンツの前身であるベンツ社に転職します。

「アウディ」という名称は創業者の名前に由来

出典:https://www.flickr.com/

ホルヒは、ベンツ社で3年間自動車のイロハを学んだ後、1899年、ベンツ社から独立し、自動車製造会社「ホルヒ」を立ち上げました。

ホルヒはとにかく「品質」や「性能」への探求心が強く、彼が新会社で開発した車は、当時ではまだ珍しかったアルミ製のエンジンやニッケルクローム鋼の歯車などを積極的に採用していました。

出典:http://cartalk.tokyo/

ホルヒの技術開発へのあくなき欲求は、売上に見合わない資金を技術開発費に投入することなり、会社経営にとっては悪影響を及ぼしました。
その結果、アウグスト・ホルヒは、自ら創業した会社「ホルヒ」を追われることになります。

そして、1909年、アウグストが新たに興したのがアウディだった。新会社は当初社名に「ホルヒ」の文字が入っていたが、ホルヒ社からの差し止めを受け、ホルヒ(ドイツ語で“聞く”の意)と同じ意味を持つラテン語の「アウディ」を社名に使うことにした。アウディは高級モデルを世に送り出すかたわら、モータースポーツでの活躍により、ブランド価値を高めていく。

出典:https://gazoo.com/

アウト・ウニオン(Auto Union)の誕生

出典:http://cartalk.tokyo/

第1次世界大戦に敗戦したドイツは40兆円という多額の賠償金を課せられる、ドイツ経済は大打撃を受けます。
そして、さらに追い打ちをかけるように、1929年には世界大恐慌が。

経済危機に陥ったドイツにおいて、自動車会社も、一社単独での生き残りが厳しい状況になる中、「Audi」「DKW」「Horch(ホルヒ)」「Wandere(ヴァンダラー)」という4つのドイツメーカーが連合した、「Auto Union AG 」が誕生しました。

第2次大戦とその後の復興

第2次大戦後、連合国占領軍によって、アウトウニオンの商標登録は抹消されますが、1949年に再び、新生アウトウニオンが誕生します。
戦後ドイツの物流に大きく貢献する商用バン 「F89L」を皮切りに「DKW Sonderklasse」「Autounion 1000」と、次々に成功をおさめます。

戦後は「F89L」で成功

出典:http://cartalk.tokyo/

1955年に「DKW Sonderklasse(ゾンダークラッセ) 3=6」を発表

出典:http://www.madle.org/

1957年には「Sonderklasse」を発展させた「Autounion 1000」を発表

出典:https://en.wikipedia.org/

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す