MOBY

【FCV(燃料電池車)徹底比較】トヨタMIRAI対ホンダクラリティ FUEL CELL!ライバル車対決

トヨタ「MIRAI」とホンダ「クラリティ FUEL CELL」。どちらも最新の技術結集して作られた、高性能FCV(燃料電池自動車)です。両車は日本製量産FCVとして、ライバル関係にもあります。そこでこの記事では、「MIRAI」と「クラリティ FUEL CELL」の性能を徹底比較してみました!どうぞご覧ください!

トヨタVSホンダ!FCV(燃料電池車)対決勃発!

FCVの仕組み画像

出典:http://www.pref.kanagawa.jp/

FCV(燃料電池車)の開発において、世界をリードしている日本。
その日本を代表する自動車メーカー2社が、それぞれ開発した最新のFCVをご存知でしょうか?

FCV(燃料電池車)の仕組みや意味からおさらいしたい方はこちらの記事へ!

トヨタのFCV「MIRAI」

MIRAI画像です。

出典:http://toyota.jp/

「MIRAI」はトヨタが2014年に発売した、世界初の量産タイプのセダン型FCV(燃料電池自動車)です。

車名の由来は日本語の「未来」から。
まさにその外観や性能は、未来の自動車そのものです。

性能
最小回転半径m 5.7
FCスタック
種類 固体高分子形
最高出力kW(PS) 114(155)
燃料・タンク
燃料種類 圧縮水素
本数 2本
寸法・定員
全長mm 4,890
全幅mm 1,815
全高mm 1,535
乗車定員名 4

出典:http://toyota.jp/

MIRAI関連記事!より詳しくはこちら!

ホンダのFCV「クラリティ FUEL CELL」

「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」は、ホンダが2015年東京モーターショーで発表した新型FCVです。

ホンダの技術が結集されており、ガソリン車と同様の使い勝手とFCVならではの魅力を持った車として開発されました。

■主要諸元
乗車定員 5名
一充填走行距離(参考値) 700km以上※4(JC08モード走行時、Honda測定値)
充填時間 3分程度※5
燃料電池最高出力 100kW以上
燃料電池スタック出力密度 3.1kW/L※1
モーター最高出力 130kW
水素最高充填圧力 70MPa
エネルギーストレージ リチウムイオンバッテリー
寸法(全長×全幅×全高) 4,895mm×1,875mm×1,475mm
価格※6(参考) 7,660,000円(消費税込み)

出典:http://www.honda.co.jp/

クラリティ FUEL CELLの関連記事!より詳しくはこちら!

FCVのエクステリアの比較!どちらもスタイリッシュ!

MIRAIのデザインは?

出典:http://toyota.jp/

出典:http://toyota.jp/

クラリティ FUEL CELLのデザインは?

cfcの画像です。

CFC画像です。

MIRAI
全長:4,890mm
全幅:1,815mm
全高:1,535mm

クラリティ FUEL CELL
全長:4,895mm
全幅:1,875mm
全高:1,475mm

どちらのエクステリアデザインも、洗練されていて未来的、ひとことで言うと「かっこいい」ですね!

全長、全幅に大きな違いはありませんが、全高に関しては「クラリティ FUEL CELL」の方が少し背が高くなっています。

次のページ