スバルBRZが360度ターンでギネス世界記録の偉業!動画をご覧ください

スバルBRZが、最も狭い幅での360度ターンのギネス世界記録を達成しました。車とは思えないような、なめらかなターンでの記録。とんでもないドライブテクニックです。

世界で最も狭いスペースでの360度ターン

驚くほどなめらかな神業ターン!

ギネス世界記録の認定大会といて英・バーミンガムで、どれだけ狭いスペースで360度のターンを成功させるかを競う「Tightest 360° spin(最も狭いスペースでの360度ターン)」が開催されました。

厳しい練習を積み重ねたイギリスのスタントドライバー、アラステア・モスフィット氏が「スバルBRZ」で、見事世界記録を樹立しました。

それでは、その様子をご覧ください。

➡挑戦は動画【2分20秒~】


世界記録樹立

彼は「全長4.24mの車で、全長に加えて2.25mの幅で360度ターンを成功させる」というこれまでの2.5mを大きく上回る記録を樹立しました。

これは実質車2台分以下のスペースで360度ターンが可能ということになります。

濡れた路面でスリップのように回るのではなく、また速度に任せてぶん回す方法でもない点がすごいです。
低スピード、乾いた路面で冷静に回りきりました。

記録は練習のたまもの!

モフィット氏は間違いなく、とんでもない次元のドラテクをもつスーパードライバーですが、そんなかれでも今回の記録を簡単に樹立したわけではありません。
事前にハードな練習を重ねることでようやく、厳しい認定員の審査をクリアし、記録を叩き出したのです。

しかし、いったいこのような運転ができるようになるまでにどれほど練習すれば良いのでしょうか。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す