【ミニバン徹底比較】トヨタ アルファードvs日産 エルグランド!ライバル車対決

日本の道路や生活習慣、ユーザーのニーズにぴったりハマる大人気の車種ミニバン。その中から、広い室内でパワフルな動力性能が特に人気の2台、日産「エルグランド」とトヨタ「アルファード」の能力を比較検証しまとめています。「エルグランド」と「アルファード」は一体どちらが優れているのか?さっそく検証してみましょう!

トヨタ「アルファード」

アルファード イメージ

出典:http://toyota.jp/

ミニバンという言葉だけだと、小さいバンというイメージがどうしても先入観として付いてしまいます。

しかし、広々とした居住空間は今のミニバンでは当たり前。
ゆったりと快適に移動できることが魅力で、外観の存在感やリビングのような車内が抜群の評価を得ているトヨタ「アルファード」。

新開発のリヤサスペンションが走行の振動を抑え、長時間乗っていても疲れない仕様になり、助手席のスーパーロングスライド機能によって後席のような乗り心地を実現しています。

体の大きな人が大人数で乗ってもぐいぐい動いてくれるので、乗る人を選ばない点も「アルファード」は魅力ですね。

アルファードに関してより詳しくはこちら!

日産「エルグランド」

エルグランド イメージ

出典:http://www2.nissan.co.jp/

新しい高級ミニバンの形を目指すトヨタ「アルファード」に対して、同じLLサイズの日産「エルグランド」は、やはりライバル車となるでしょう。

「エルグランド」も高級車の乗り心地を目指し、走行安定性やセカンドシートの乗り心地に大きく影響のあるマルチリンクサスペンションを採用しているなど、共通部分が多いのです。

世界初の技術スマート・ルームミラーなども採用し、ただでさえ人気、実力共に高いその完成度に磨きをかけ続ける日産「エルグランド」。

根強いファンが多く、注文をしても納車されるまでかなりの月日を費やす事がそれを物語っていますね。

トヨタ「アルファード」と日産「エルグランド」徹底比較!

デザイン、内装で比較

アルファード 後ろから

出典:http://toyota.jp/

トヨタ「アルファード」と日産「エルグランド」はライバル車と位置付けられるだけあって、両車のボディサイズを比較すると、全長と全幅はほぼ同じです。
ただし全高は異なり、「エルグランド」が80mmほど低いです。

すなわち「アルファード」は外観の存在感を重視してデザインされ、「エルグランド」はスポーティ感覚でデザインされたといって良いでしょう。

▼アルファードデザイン紹介動画

内装は両車とも上質な雰囲気です。

「アルファード」は、カーナビの画面が最上部に装着されて視認性が優れ、ATレバーはインパネ中央の下側に装着されて操作性が良く、いかにドライバーが無駄な動作なく運転できるかを追求した作り手の気遣いを感じます。

▼エルグランドデザイン紹介動画

「エルグランド」は、座ってみると「気持ちいい」の一言。

セダン的なリラックス感覚が特徴ゆえ、コンフォタブルキャプテンシートと呼ばれる7人乗りの2列目シートに背もたれの中折れ機能を装着しています。

それによって背もたれの上側が「く」の字型に折り曲がるから、少しリクライニングさせてリラックスした姿勢を取りながら、前方も見やすい仕様となっています。

▼エルグランドインテリア

エルグランド内装

出典:http://www2.nissan.co.jp/

デザインとして、やはり引き合いになるのは「高さ」です。

小回りを利かせなければいけない場合や混んでいる道を通ることが多い、狭い道を頻繁に通るなら「アルファード」。

すっきりした道を通ることが多く、スピードに物を言わせて快適に安定した走りを愉しみたいなら「エルグランド」がお勧めと言えます。

次のページ