初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ミニバン徹底比較】ホンダ ジェイドvsマツダ プレマシー!ライバル車対決

マイナーチェンジを図り、環境性能を始め全ての面がパワーアップしたマツダのコンパクトミニバン「プレマシー」。ミニバンというより、もはや3列シートの実用セダンとも評価されるホンダのダークホース「ジェイド」。同じミニバンに属していながら全くキャラクターの違う二台を今回は比較してみました!

ホンダ「ジェイド」ってどんなミニバン?

ホンダ ジェイド ハイブリッドX 2015年型

2015年にホンダがセダン並みの低全高で美しいフォルムの中に、ミニバンクラスの居住性とユーティリティーを実現し、パワフルで上質な走りを備えた6人乗りの新型乗用車を発表。それが「ジェイド」です。

徹底的なまでに実用である事を追求したその外観、機能に老若問わずファンが急増しています。
ジェイドは2015年の新型車ということもあり機能性抜群です。

新型ジェイドへマイナーチェンジ!最新情報はこちら

マツダ「プレマシー」ってどんなミニバン?

マツダ プレマシー 20S-SKYACTIV Lパッケージ 3代目

販売開始から何年経過しても、ハンドリングをはじめとした操作性、利便性、走行性能ともにバランスよく、これまた老若から支持を集めるマツダ「プレマシー」。

独自のアイドリングストップ機構「i-stop」が搭載されるなど、環境性能が向上し、新規のファン獲得も順調です。

ホンダ「ジェイド」とマツダ「プレマシー」をデザインで比較したら

「ジェイド」のデザイン

低く、美しく、しなやかに。
ホンダが「ジェイド」を作るときに掲げたテーマだそうです。

最新の技術が投入され、デザインも近未来を彷彿とさせ「ジェイドって格好悪いね」という人はいないのではないでしょうか。

ホンダ ジェイド ハイブリッド X オプション装着車 2015年型
ホンダ ジェイド パッケージ機能説明 2015年型

超高密度低床プラットフォームを開発。ステーションワゴンとも従来のミニバンとも異なる、これまでにない低全高のスタイリングはセダン並み。
排気システムの薄型化を徹底追求したことで、低さを保ちながらも広さをキープ。

使いやすさと多様性をも同時に実現しています。

「プレマシー」のデザイン

マツダ プレマシー 20S-SKYACTIV CELEBLE 3代目 内装

インテリアの機能性と先進的なデザインをジェイドが突き詰めているとするなら、幅の大きなシートでジェイドの最大乗降人数を超える大人数でも安心できるカラクリ7thシート搭載の「プレマシー」は性能の安定度で勝負です。

デザイン力の高いマツダ。
自然界の水や風の流れの美しさをイメージさせるボディデザイン「NAGARE」を施したエレガントなラインが印象的ですね。

マツダ プレマシー 20S-SKYACTIV Lパッケージ 3代目

デザインは互角?

攻撃的な外見に似合わず、左サイドの視界が開けていて、街中で歩行者、自転車、ガードレールなど車外の確認が非常にしやすく安心に富んだ「ジェイド」。

乗降しやすい大開口の両側スライドドアや、2列目中央席に備わるカラクリシート機構など、優れた機能性が備えられた「プレマシー」。

両車とも、様々なニーズに応えられるように造りこまれている事がわかりますね。

ホンダ「ジェイド」とマツダ「プレマシー」を走行性能で比較したら

燃費性能は「ジェイド」が
ハイブリッド仕様で24.2~25.0km/L。
RS(ガソリン車)が18.0km/L。

対して「プレマシー」は
FF(前エンジン前輪駆動)が13.0~16.2km/L。
4WD(4輪駆動)が10.6km/L。

「プレマシー」のエンジンも非常に優れていてますが、やはり新型モデル「ジェイド」の燃費性能が勝ります。
不景気な時代、どうしても魅力的に感じてしまいますね。

「ジェイド」の走行性能

ホンダ ジェイド 1.5L DOHC i-VTECエンジン 2015年
ホンダ ジェイド 2015年型 立体駐車場イメージ

風切音やロードノイズなどの外部はもちろん、エンジン音などの内部からの振源・音源のレベル低減を徹底追求し、驚くほど静か。
小回りも利き、なんといっても最大の特徴である超抵ボディで、駐車場など街中での使い勝手に優れています。

「プレマシー」の走行性能

サスペンションがスムーズで剛性感が高く、ドライバーを風になるような気持ちにさせてくれることが人気の秘密といっても過言ではない「プレマシー」。
このサスペンションにより、どんな走行をしていても快適な乗り心地。
ブレーキペダルの剛性はスポーティカーレベルで思い通りにピタッと止まります。

走行性能は互角といっていいのではないでしょうか。
燃費性能だけで見ればハイブリッドグレードのある「ジェイド」が圧勝と言えますが、次の項目で販売価格を比較しお買い得感を見てみましょう。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す