MOBY

【ミニバン徹底比較】トヨタ シエンタvsラクティス!ライバル車対決

燃費性能が抜群で、最高出力(馬力)と排気量が同じトヨタ「シエンタ」とトヨタ「ラクティス」。使いやすさは両車とも評価は高いですが、一体どちらのどの部分が優れているのでしょうか。よく比較されるミニバンのシエンタとプチバンのラクティスを比較してみたいと思います!

トヨタ「シエンタ」の特徴は?

シエンタを横から見た図

出典:http://toyota.jp/

トヨタ社が、小さなボディでどこまで出来るのか挑戦したという「シエンタ」。
コンパクトな5ナンバーサイズに7人乗りで両側スライドドアを持つミニバンです。

広く世代を超えて、様々なライフスタイルをサポートする「ユニバーサルでクールなトヨタ最小ミニバン」として開発されました。
2015年のフルモデルチェンジを行い、ハイブリッドシステムが加わったことによって更に進化を遂げています。

3つの先進安全装備をセットにした「Toyota Safety Sense C」で安全性も進化しました。

フラット化されていて乗り込み高さが330mm。
乗り降りしやすいのもお子様の居るご家庭には大きなポイントです。

シエンタの詳しい情報はこちら!

トヨタ「ラクティス」の特徴は?

ラクティスを横から見た図

出典:http://toyota.jp/

前モデルと比べ燃費20km/Lの達成の為に前面投影面積を小さくし、大径ホイール効果もあって遠くから見ると高さを感じさせない、低くスポーティに構えているトヨタ「ラクティス」。

全長4,000mm程度のコンパクトカーのカテゴリでは非常にゆったりした車内空間を実現。
ホンダ「フィット」をあからさまに(良い意味で)ライバル視したその形状は見事にトヨタ車として昇華しています。

「シエンタ」と「ラクティス」をデザインで比較してみた

トヨタ「シエンタ」のデザイン・インテリア

「シエンタ」はスムーズな乗り降りに広いラゲージ、シートアレンジと、様々なオプションを利用し、自分好みの一台に出来るのが魅力です。

トヨタ「ラクティス」のデザイン・インテリア

ラクティス内装

出典:http://toyota.jp/

出典:http://toyota.jp/

多様化を楽しむのが「シエンタ」とするなら、変わらない良さが追求されている「ラクティス」。
ヘッドクリアランスで天井の両端を角張らせ頭上に大きなスペースを確保している為、思った以上に室内は広々としています。

外側からは室内が見えにくいガラスを採用しプライバシーにも配慮していながら開放感たっぷりに爽快なドライブを体感できるパノラマルーフも魅力です。

パノラマルーフが気になる方はこちら!

次のページ