MOBY

ベンツ新型Eクラスセダン発売で性能や価格は?AMG「E 43 4MATIC」も追加!

いよいよ公式情報が公開となったメルセデス・ベンツ2017新型Eクラスセダンの発表に伴い、最新情報をピックアップしてまとめています。現時点で発表になっている情報を、噂レベルではなく公式な情報で一挙に羅列してみました。早速見ていきましょう!

ベンツ新型Eクラスが日本でも発売開始へ

デトロイト・モーターショー2016にて世界初公開

出典:http://www.goo-net.com/

発表会に伴い日本でもついに発売開始!

デトロイドモーターショーにて初公開された新型Eクラスは、前述した通り、英国等では既に発売されていましたが、日本での発売は待望されている状態でした。

しかし、2016年7月27日に迎賓館赤坂離宮で行われた「ベンツ新型Eクラス発表会」に伴い、ついに新型Eクラスの日本での発売が開始されました。
同日より、受注が開始されています。

↓ベンツの日本発表会で公開された新型Eクラス

メルセデスベンツの新たな根幹モデル

出典:http://auto-presse.de/

新型Eクラスのキャビンはこのクラスにおける新たな根幹となるとメルセデスは説明しています。
Cクラス、Sクラスに見られるように、本物の金属を使ったアクセントに加え、ダッシュボードには回り込むようなウッドパネルが貼られています。

従来のメルセデス・ベンツのセダンから大きく変わった点は機能面といえるでしょう。

Eクラスの内装

新型Eクラスのエンジンスペックを解剖!

発表された新型「Eクラス」のエンジンラインアップは

ガソリンタイプが2モデル
ディーゼルタイプが2モデル
プラグインハイブリッドタイプが1モデルです。

出典:http://www.goo-net.com/

ガソリンモデル

ガソリンモデルは、「E 200」が最高出力135kW(184HP)、最大トルク300Nmを発生する4気筒 2.0リッターエンジンを搭載。

「E 400 4MATIC」は最高出力245kW(333HP)、最大トルク480Nmを発生する6気筒 3.0リッターエンジンを搭載しています。

ディーゼルモデル

ディーゼルモデルは、「E 220 d」が最高出力143kW(195HP)、最大トルク400Nmを発生する4気筒 2.0リッターエンジンを搭載。

「E 350 d」では最高出力190kW(258HP)、最大トルク620Nmを発生する6気筒 3.0リッターエンジンを搭載しています。

プラグインハイブリッドモデル

プラグインハイブリッドモデルの「E 350 e」が、現時点では最も注目されています。

最高出力155kW(211HP)
最大トルク350Nmを発生する4気筒2.0リッターガソリンエンジンと最高出力65kW(88HP)
最大トルク440Nmを発生するモーターが組み合わされています。

システム全体で最高出力210kW(286HP)、最大トルク550Nmを実現しているのです。

いずれのモデルもトランスミッションは9速AT「9G-TRONIC」を採用。

同モデルに搭載される安全運転支援システム「DRIVE PILOT」には、自動的に車線変更をする「アクティブレーンチェンジアシスタント」などの新機能が採用されています。

出典:http://www.goo-net.com/

デザインを見てみよう!

インテリアはこちら

出典:http://www.goo-net.com/

新型Eクラスの気になる燃費やお値段は?

0‐100km/h加速7.7秒、欧州複合モード燃費17km/リットルの性能を備えています。

価格については、ベースグレードで6,750,000円〜最上位グレード(のちに紹介するAMGを除く)で9,880,000円となっています。

ミドルアッパーグレードのベンツにふさわしいハイクラスな価格となっていますが、搭載される最新機能を考えるとそれでもお得感はあります。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す