MOBY

レクサス新型「LC500」&「LC500h」最新情報!性能詳細や価格は?発売日は2017年3月

2017年春に、レクサス待望の新型モデル「LC500」が発表となります。機能や性能の詳細や価格の予想など、今まで発表になったレクサスから推測できる部分も含め、2016年時点でわかる「LC500」最新の情報をまとめてみました。早速チェックしてみましょう!

「LC500」と「LC500h」の気になる発売日と価格


LC500とLC500hの価格

【新型レクサスLC500の価格】
・LC500 Lパッケージ1300万円
・LC500 Sパッケージ1400万円

【レクサスLC500h】
・LC500h Lパッケージ 1350万円
・LC500h Sパッケージ 1450万円

日本で生産され、アメリカでは輸入車としての扱いを受けるはずが、為替が関係して日本での販売価格の方が高いそうです。

「LC500」と「LC500h」の発売日!

今回ご紹介したレクサスLC500、LC500の発売日は、日本では3月に、アメリカでは2017年5月に発売されると言われています。マドリードモーターショー2016で発表されたモデルがほぼそのままの形で販売されると言われています。

レクサス新型LC500&LC500h最新ニュースまとめ

【目次】
■【2016年5月】マドリードモーターショー2016で最新モデル公開
■【2016年5月】「LC500」と「LC500h」日本初公開!
■【2016年6月】グッドウッド・フェスティバルに出走予定!
■【2016年8月】レクサスLC500 ニューヨークに現る!
■【2016年8月】LC500がSUPER GTに参戦
■【2016年10月】LC500 ニュルブルクリンクにも現る!
■【2016年11月】LC500カスタムモデル公開!《最新》

【2016年5月】マドリードモーターショー2016で最新モデル公開!

ジュネーブモーターショーで発表されたモデルと変わらず


先日行われたマドリードモーターショー2016で、新しいLEXUS LCが公開されました。
デザインは、2016年3月に行われたジュネーブモーターショーで発表されたモデル大きく変わりません。

マドリードでは、5,0L V型8気筒エンジンを搭載したLC500と、3.5L V型6気筒エンジンと電動モーターを搭載したLC500hが発表されました。LC500は477馬力、LC500hはエンジンとモーター合わせて350馬力以上を発揮します。

今回のマドリードモーターショー公開されたLEXUS LCの内装画像がこちらです。全体が黒で統一され、レクサスらしい運転席周りとなっています。内装の到る所にバックスキンやスムースレーザーが張られ、ホワイトステッチで仕上げられた高級感のあるデザインです。

【2016年5月】「LC500」と「LC500h」日本初公開!

トヨタ自動車の海外向け高級ブランド、レクサスからレクサス新型クーペ「LC500」「LC500h」が日本初公開されました。スペックやサイズ、重量などはモーターショーで発表されたものと変化はないようです。

「LC500」

「LC500」「LC500h」のチーフエンジニアによると、「LC500」はどんなシーンでも心地よい変速を実現するそうです。また、今回搭載されているV8エンジンは心を刺激する魅力的なサウンドとなっているようです。

「LC500h」

「LC500h」はモーターとギアを有段組み合わせたマルチステージハイブリッドを採用することで、駆動力を30%アップしたとのこと。アクセルに対するリニアなレスポンス、バッテリーアシストによる加速感が魅力であるそうです。

LC500の新プロモーションムービー公開

レクサスUKから新PVが公開されました。レクサスLC500が実際に道路を走行する姿が映っています。疾走感溢れるPVとなっていますので、ぜひご覧ください。画像より一層LC500のイメージが掴めるのではないかと思います。
早く発売が待ち遠しい限りです!

【2016年6月】グッドウッド・フェスティバルに出走予定!

LC500が英国初公開!

2016年6月23日〜26日にイギリスで開催される、グッド・ウッド・フェスティバル・オブ・スピードのヒルクライムでLC500が出走することが発表されました。
今回のグッド・ウッド・フェスティバルでLC500が出走することで、イギリスにおいて初お披露目になります。LC500に乗り込むドライバーは元F1ドライバーであるアレックス・ブルツ氏、スコット・プルエット氏らの3名が乗車することが予定されています。

グッド・ウッド・フェスティバルでLC500の出走への期待がとても高くなっています。

【2016年8月】レクサスLC500 ニューヨークに現る!


2016年8月、新型レクサスLC500が市街地を走行している様子がニューヨークで捉えられました。発売前の車両がカモフラージュ無しで走行することは非常に珍しく、話題になっています。

フロントとリアに本来ついているはずのエンブレムは外されていましたが、先日発表されたレクサスLC500であることは間違いないでしょう。

おそらくテスト車両であるため、このデザインがそのまま市販モデルで採用されるかは分かりませんが、このプロトタイプに非常に近い形で販売されることが予想されます。

リアデザインが、新型スープラのコンセプト画像に似ているような気がしますね。

↓新型スープラのコンセプトカー「FT-1」

【2016年8月】LC500がSUPER GTに参戦

LEXUS GAZOO Racing が発表

2016年8月26日、レクサスのレーシングチーム「LEXUS GAZOO Racing 」は2017年に開催されるSUPER GTに「レクサス LC500」で参戦すると発表しました。

レクサスの新たなフラグシップクーペによる挑戦に注目したいですね。

ちなみに、SUPER GTは走る車両が市販車に割と近い見た目をしていて、接戦になる傾向にあることが特徴です。
そのためコアなF1好きだけでなく、一般の車好きの間でも人気が高いレースと言えます。

【2016年10月】LC500 ニュルブルクリンクにも現る!

カモフラージュなしで登場

2016年10月、ニュルブルクリンク周辺でレッドのLC500がテスト走行をする様子が捉えられました。ニューヨークでの目撃に引き続き、カモフラージュの無い状態で姿を現しています。今回のスクープされた車両は市販モデルに極めて近いものであると考えられ、テストは最終段階にあると予想されます。

深みのあるワインレッドでボディは塗装され、シルバーの大型ホイールを装着しています。

【2016年11月】LC500カスタムモデル公開!《最新情報》

SEMAショー2016にて公開

LC 500 BY GORDON TING/BEYOND MARKETING

ラスベガスにて開催される北米で最も規模の大きいカスタムカーショーであるとされる「SEMAショー」で、レクサスLC500のカスタムモデルが公開されました。Beyond Marketing社のGordon Ting氏がプロデュース。イエローで統一されたボディカラー、アクセントカラーとしてグレーがカラーリングされているデザインです。

パワートレインも強化され、排気量が5.0Lから5.6Lに。最高出力525hp、最大トルク440lb-ftにパワーアップしたV型8気筒エンジンを搭載しています。レクサスによると924馬力出せる性能を持つとのことです。

《LC 500 BY GORDON TING/BEYOND MARKETINGの特別装備》
・Brembo製ブレーキセット
・KW Suspension製サスペンション
・Evasive Motorsport製のロールケージ
・Satin Charcoal仕上げのHRE Wheels製の22インチP101アロイホイール

LC500とLC500hの来春登場に期待!


レクサスの新型ラグジュアリークーペの「LC500」とそのハイブリッドモデルの「LC500h」はいかがでしたか?

コンセプトモデルのデザインそのままで登場した際は世界中がど肝を抜かれました。
モーターショーで公開されたレッドとブルー以外のボディカラー、ブラックやホワイトの、更に高級感溢れる「LC500」、「LC500h」も早くこの目で見てみたいです。

本サイトは今後も、「LC500」と「LC500h」の最新情報を随時更新してまいりますので、お楽しみに!

愛車の現在の買取査定額を確認したい方はこちら

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

新型スポーツカーに関連する記事!

おすすめスポーツカーに関する記事!

レクサスの中古車に関するオススメ記事はこちら