AE86(カローラレビン)の歴史と現在の中古車価格は?【日本の名車】

みなさんは「ハチロク」ときいて何を思い浮かべますか?ドリフト、峠、豆腐店、いろんな言葉が浮かぶと思います。しかしこの記事では、豆腐店じゃない方の「ハチロク」を紹介したいと思います。 日本の名車、トヨタAE86「カローラレビン」です。

AE86 カローラレビンってどんな車?

カローラレビンの画像です。

出典:http://trendy.nikkeibp.co.jp/

AE86 カローラレビンは、トヨタ自動車が1983年から1987年まで製造していたスポーツクーペ。

AE86という型式番号は、4代目カローラレビン/スプリンタートレノに共通してつけられています。
この型式番号からつけられた「ハチロク」という愛称が、一般には有名かもしれません。

カローラレビン TVCM

レビンとトレノ、間違えないで!

藤原豆腐店のスプリンタートレノ

スプリンタートレノの画像です。

出典:https://www.kyosho.com/

ハチロク人気の火付け役となった漫画「頭文字D」で、主人公の藤原拓海が愛車としているのはスプリンタートレノであって、カローラレビンではありません。
勘違いして覚えている人も少なくないので、ごっちゃになってしまっている人は、ここで覚えましょう!

覚え方は簡単です。
ヘッドライトが開閉型、リトラクタブル・ヘッドライトなのがスプリンタートレノ。
ヘッドライトが固定型なのが、カローラレビンです。

ヘッドライトを閉じた状態のトレノは、詳しくない人がよくレビンと誤認します。
漫画ではライトを開けた状態が表紙になっていたりするので、その印象が強いのかもしれません。

開くのがトレノ、開かないのがレビンです覚えましょう。
ちなみに、この記事ではカローラレビンを紹介しています。

玄人志向の車

カローラレビンの画像です。

出典:https://www.toyota.co.jp/

本車はカローラのスポーツモデルである、カローラレビンの4代目として、姉妹車のスプリンタートレノと同時に発売されました。
エンジンが違う廉価版である、AE85(ハチゴー)も発売されています。

発売当時、新規開発されたエンジンの4A-GEU型エンジンは改造がしやすく、車体構造自体もシンプルであったことから、チューニング志向の強いユーザーからの支持を受けていました。

また、軽量後輪駆動車であるために、ドリフトキングとして知られる土屋圭市をはじめとして、ドリフト愛好者やモータースポーツ関係者からも注目されていました。

1987年にはAE86の生産を終了し、後継のAE92が前輪駆動となり、日本車の軽量後輪駆動車としては貴重になったことで、更に注目を浴びることとなります。

次のページ