ホンダのミニバン一覧・比較まとめ|現行車種の概要と詳細情報まで

ミニバン国内販売台数ラインキングの上位にはトヨタとホンダのミニバンがランクインしています。ここでは、人気のホンダミニバンの現行モデルを全車種まとめました。ホンダミニバンはどのようなラインナップで、それぞれどのような魅力を持っているのでしょうか?ここでは、全車種の概要を解説します。詳細な情報を知りたい方でも、各車種の詳細情報が記載されている記事の紹介もしておりますので、是非ご参照下さい。

ホンダ ミニバンの現行車種4モデル

出典:http://f1-gate.com/

ホンダミニバンと言えば、月間約5,500台を売り上げる「ステップワゴン」ですが、他にも「フリード」「オデッセイ」「ジェイド」といった月間平均販売台数1,900台以上売れている人気車種も取り揃えられています。

以下では、ホンダブランドのミニバンをまとめています。詳細な情報を知りたい方は各車種に詳しい記事へリンクもありますので、ご参照下さい。

圧倒的に広い室内空間と居住性誇り、ファミリー層から熱い支持を得ているミニバン。乗車人数も乗用車としてはワゴン車同様に、7,8人の大人数でのドライブを楽しむことができます。サイクリングやピクニック、車種によってはサーフボードを乗せることができるなど、様々な利用シーンに対応できる、国内産のミニバンの2015年上半期人気ランキングを発表します。

ステップワゴン

出典:http://www.honda.co.jp/

1995年にデビューしたステップワゴンは、ボックス型ミニバンの先駆けとして、大ヒットしました。そして、2015年4月、追随してきたトヨタ・日産勢に対抗すべくフルモデルチェンジをしました。

ファミリーへの使い勝手が最優先されるステップワゴンらしく、バックドアに「わくわくゲート」を採用。遊び心があるファミリーカーの定番となっています。

車両価格は2,288,000~3,081,400円で、月間販売台数は5,500台を超えるミニバンではトヨタヴォクシーに次ぐ人気モデルとなっています。

ミニバンの王道車種の1つ、ホンダステップワゴン。そのでっかくて背の高いスタイルは、現在のファミリーカー・ミニバン人気の先駆け的な存在だったと思います。新型ステップワゴンの歴史や名前の由来から、気になる燃費や性能、評価、他社ミニバンとのライバル車比較、試乗動画から新型ステップワゴンの最新の値引き情報、ベストグレードまで紹介します。

フリード

出典:http://www.honda.co.jp/

「フリード」は「モビリオ」と「モビリオスパイク」を統合した後継モデルとして開発された3列7人乗りミニバンです。

特徴は「広さはミニバン。サイズはコンパクト」です。
Freedom(自由)からの造語で、Free(自由な)+Do(行動する)という意味も込められています。

フリードの競合車はトヨタのシエンタですが、シエンタのフルモデルチェンジやその好調な売れ行きから、今後のモデルチェンジが期待されている車種でもあります。

車両価格は1,746,000円~2,392,400円(消費税込み)で、月間平均販売台数は約3,200台となっています。

「広さ、ミニバン、サイズ、コンパクト」をコンセプトとするホンダのフリード(FREED)!コンパクトミニバンとして最大のライバルであるトヨタの新型シエンタと徹底比較しながら、スペックを見ていきます。 またフリードのモデルチェンジの情報も掲載。今後のアップデートに期待です。

オデッセイ

出典:http://www.honda.co.jp/

オデッセイは3列7,8人乗りのミニバンです。
1994年の発売以来のロングセラーであり、ホンダの基幹車種の1つとして数えられています。
2013年から販売されている現行型は、5代目となります。

ホンダ独自の「超低床プラットフォーム」、安全装備の「Honda SENSING」、全長の長さを活かした「多彩なシートアレンジ」が特徴となっています。

ホンダ独自の「超低床プラットフォーム」、安全装備の「Honda SENSING」、全長の長さを活かした「多彩なシートアレンジ」が特徴となっています。

車両価格は2,760,000円~3,731,000円(消費税込み)で、月間平均販売台数は約1,900台となっています。

ホンダが贈るミニバン、オデッセイ。ステップワゴンと並んで、ホンダのミニバンの代表格といってもいいほどの人気車種です。広い室内空間や乗降性のいい超低床プラットフォームは、ファミリーカーにもピッタリです。2016年にはハイブリッドモデルの発売も予定されています。今回はそんな2015年モデルの新型オデッセイの燃費・値引き価格・口コミ・評価などを紹介させていただきます。

ジェイド

出典:http://www.honda.co.jp/

ジェイドは3列6人乗りのミニバンです。
「ストリーム」最終モデルと先代「オデッセイ」の後継車とされています。

2015年2月にハイブリッドモデルがデビューし、2015年5月に走りに重きを置いたガソリン車モデルを追加投入しています。

軽快な走りと、ホンダ独自の「超低床プラットフォーム」が特徴で、ミニバンとしては最も全高の低い車種となっています。

車両価格は2,530,000円~2,920,000円(消費税込み)、月間平均販売台数は約1,900台となっており、ホンダ オデッセイと同程度の人気車種となっています。

2015年2月にデビューしたホンダ「ジェイド」。全高の低いスタイルながら、3列シートで最大6人が乗れる新型車です。ここでは、ワゴンのような軽快感のある走りをしながらも、「新価値ミニバン」として打ち出されたホンダ ジェイドの燃費や値引き情報にふれながら解説します。

ホンダ ミニバンの巻き返しを期待

「ステップワゴン」でミニバン市場を牽引してきたホンダですが、今後はどのようなホンダ独自の技術を活かしたミニバンを創っていくのでしょうか。

トヨタシエンタと競合のフリードが今後どのようになるのかも楽しみです。また、走行性能や快適性、居住性の優れた「ジェイド」は今後のミニバンに影響を与える車かもしれませんね。