新型アルファードを解説!モデルチェンジ・価格・燃費・口コミまとめ

2015年1月26日にフルモデルチェンジをした、トヨタ アルファード。新型アルファードは旧型アルファードとどう違うのでしょうか?また、新型アルファードの魅力や実際の価格はどのくらいなのでしょうか?兄弟車であるヴェルファイアと合わせると一番売れているミニバン、トヨタアルファードの魅力をスペックや価格・燃費・口コミをもってご紹介します。

アルファードはトヨタにとってミニバンのフラッグシップ

初代アルファードは日産のエルグランドに追随する為のモデルとして開発されましたが、現在ではエルグランドを退け、兄弟車であるヴェルファイアと合わせるとミニバンの販売台数トップのブランドモデルです。

従来のミニバンにラグジュアリーセダンの高級感を融合させた、国産では唯一の高級感溢れるミニバンとなっています。

また、内装の広さや高級感・快適さから、最近では送迎車としての需要も増えており、テレビ等で見かける政治家や芸能人・著名人の送迎車としても多く使われるようになっています。

新型アルファードのデザイン【動画】

優雅で高級感溢れるエクステリアと、飛行機のファーストクラスを想起させるインテリアとなっています。

他のミニバンとの違いは圧倒的な高級感と快適性

動画内で紹介されていますのは、新型アルファードの最上級グレードであるエグゼクティブラウンジです。まるで飛行機のファーストクラスのようですが、他の高級車には全く劣らない『贅を尽くした極上のくつろぎ。』を堪能できます。

新型アルファードvs従来のアルファード比較

フロントデザイン(上:新型アルファード)

出典:http://gazoo.com/

迫力のあるフロントマスクは新型アルファードの最大の特徴とも言えます。

車高の高いミニバンは必然的にフロントフェイスの面積が大きくなります。旧型アルファードは比較的セダンタイプのマスクをしていました(旧型は法人顧客を強くイメージしていたため)。

この点、新型アルファードでは、メッキグリルを吸気口でない部分までカバーし、ロア部まで一体化、左右からバンパーで挟み込む形で迫力と高級感を同時に演出しています。

その他エクステリアは、既存の高級車を強く意識されており、張り出す所は張り出しながらも、後部まで流線型でまとめるデザインとなっています。

インストルメントパネル(上:新型アルファード)

出典:http://gazoo.com/

新型アルファードのインテリアは、斬新かつ高級さを意識させるようにデザインされています。ダッシュボードは基本的なデザインは旧型を踏襲していますが、ダッシュボードは、よりワイドなデザインになっていることや、素材の変更によってより高級感が増しています。素材については、フロントフェイスを意識したメッキや木目調パネルをふんだんに使用しています。

ルーフ照明(上:新型アルファード)

出典:http://gazoo.com/

旧型アルファードに搭載されていたルーフのイルミネーションは、旧型アルファードでは間接照明でしたが、新型アルファードでは16色×4段階のLEDイルミネーションと変更されています。

新型アルファードでは、後部座席からもイルミネーションの色・照度を変えることができ、車内の雰囲気をガラっと変えることができます。夜間の車内を気分に合わせて演出をすることができます。

新型アルファードの助手席

出典:http://gazoo.com/

新型アルファードの助手席は、セカンドシートと同じレール上に設置されています。

旧型アルファードは助手席とセカンドシートのレールは別であったため、可動範囲は狭かったのですが、新型アルファードでは、セカンドシートを後部へスライドさせ、更に助手席を同じレール上で後部へスライドさせることができますので、最大1160mmのスライドが可能になりました。

収納スペースが拡大

出典:http://toyota.jp/

旧型アルファードは収納が少ない・狭いという声が多かったのですが、新型アルファードでは収納面でも改善が図られています。

具体的には、最後部の座席をより薄くすることにより、最後部の座席を畳んだ時の収納スペースを拡大させました。

また、旧型には無かった大容量の床下収納を新しく設定することで、床下収納への収納だけでなく、観葉植物などの高さのある荷物の収納もできるようになりました。

その他比較

出典:http://gazoo.com/

● 全長+45mm
● 全幅+20mm
● 全高-10mm
● ホイールベース+50mm
● メーター4眼タイプから2眼タイプへ
● シートアレンジはさらにバリエーションの増加
● 直列4気筒エンジンは2.4Lから2.5Lへ
● 折りたたみ式サイドテーブルの
 ボトルホルダーが2つから4つへ増加
● 2列目シート操作レバーが1本のレバーで
 座席の前後左右の移動ができるようになった
● 低重心化・新サスの導入により、
 安定性や乗心地、静粛性が向上

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す