HV・PHEV・PHV・FCV・EVとは?その意味とメリットと代表車種をご紹介!

街中で見かけることが多くなってきたエコカー。エコカーと言っても、「電気自動車(EV)」や「ハイブリッドカー(HV)」「プラグインハイブリッドカー(PHEV/PHV)」「燃料電池車(FCV)」等、いくつもの種類があります。それぞれ、どういった違いがあるのかご存知ですか?実際どのくらい売れてるのか等も含めてまとめました。

エコカーの開発競争の歴史

現状、エコカーの分類は大きく4系統!

エコカーは、動力源・エネルギー供給源で分類されます。
エンジンはガソリンで動き、モーターは電気で動きます。この組み合わせに加え、そのエネルギー供給方法の組み合わせによって分類されています。

元々の自動車業界としての構想は、ガソリンを燃やすだけのガソリン車ではなく、環境に優しい電気自動車(EV:Electric Vehicle)を作ろうということで始まりました。

電気だけで動くとなると、充電スタンドが必要等のインフラの課題が大きくのしかかり、大資本を投下して開発を行っても販売台数が伸びる計画を立てることは非常に困難でした。

そこで、トヨタが世界に先駆けて開発したのが、ガソリンエンジンと電動モーターを組み合わせた「ハイブリッドカー(HV:Hybrid Vehicle)」、プリウスでした。

ハイブリッドカー(HV)は、充電スタンドを必要とする電気自動車ではなく、従来のガソリンエンジンを搭載しながらも、モーターを活用することで、走行可能距離(燃費)を大幅に伸ばすといった既存のインフラでも十分にメリットの出る形で市場へ出しされました。

そして、近年では政府の後押しもあり、インフラも少しずつ充実されつつあり、電気自動車の充電スタンドを活用できる「プラグインハイブリッドカー(PHEV:Plug-in Hybrid Vehicle)」または「プラグインハイブリッド電気自動車(PHEV:Plug-in Hybrid Electric Vehicle)」と呼ばれる、充電式のハイブリッドカーも登場するようになりました。

また、当初より電気自動車(EV)と併行して水素をエネルギー源とする「燃料電池車(FCV)」の開発も行われていました。

燃料電池車(FCV)も電気自動車と同様に水素ステーションといったインフラを必要とするので、未だ普及していませんが、トヨタが「ミライ(MIRAI)」という世界初の市販燃料電池車を発売し、今後期待が高まっています。

ハイブリッドカー(HV)

代表車種:トヨタ プリウス

トヨタ プリウス

出典:http://toyota.jp/

エンジンとモーターを効率的に使い分けながら走行する車です。複数の動力源を持っているのでハイブリット(雑種)と呼ばれています。ハイブリッド車は外部から直接電気の供給を受けずにガソリンの供給のみで走行します。モーターを動かす為の発電機を回すのには、エンジンを使い、ブレーキ時にも発電(回生ブレーキ)を行います。また、発電した電気は電池に溜めておくことでき、効率的にモーターを動かせるようになってます。

この分野は国内メーカーですと、トヨタとホンダの2強です。

▶ハイブリッドカー(HV)のメリット
・ガソリン車よりも圧倒的に燃費が良い
・モーター走行時は静寂性があり快適
・エコカー補助金

▶ハイブリッドカー(HV)のデメリット
・車両価格が高め

プラグインハイブリッドカー(PHV/PHEV)

代表車種:プリウスPHV

出典:http://toyota.jp/

ハイブリッド車に家庭用電源(コンセント)から直接充電できるものをプラグインハイブリッド車と呼びます。ハイブリッド車よりも比較的大容量の蓄電池を搭載しているものが多く、より電気自動車に近い特性を持ちます。
通常PHVと呼ぶことが主流になりそうでしたが、三菱自動車やアウディはPHEVと表記します。

▶プラグインハイブリッドカー(PHV/PHEV)のメリット
・充電できる為、燃費が非常に良く、航続距離が長い
・モーター走行時は静寂性があり快適
・エコカー補助金

▶プラグインハイブリッドカー(PHV/PHEV)のデメリット
・車両価格がハイブリッドカーより高い

電気自動車(EV)

代表車種:リーフ(日産)

出典:http://ev.nissan.co.jp/

電源から充電した電気でモーターを動かして走る車です。ガソリンを使わないため、二酸化炭素の排出は一切ありません。

この分野は日産と三菱自動車が自社資源を集中投下して研究開発を進めています。

▶電気自動車(EV)のメリット
・排ガスゼロで環境に良い
・モーターで走行するため静寂性があり快適
・電源を取り出せる
・エコカー補助金

▶電気自動車(EV)のデメリット
・車両価格が高い
・充電設備等のインフラが整っていない(自宅がメリン)

電気自動車(EV)リーフに必要な電気代がきになる方はこちら!

燃料電池車(FCV)

代表車種:ミライ(トヨタ)

出典:http://toyota.jp/

水素と酸素を化学反応させて電気をつくる「燃料電池」を搭載した自動車です。燃料電池車に必要な燃料は水素だけで、酸素は空気中のものを利用します。

空気中から酸素を取り込むので、水素のあるかぎり走行可能です。また、「電池」と言っても、一般的に「電池」と呼ばれるような電池ではなく、発電機に近いイメージです。

この分野はトヨタが先行しており、世界で唯一、燃料電池車を販売をしてます。

▶燃料電池車(FCV)のメリット
・排ガスゼロで環境に良い

▶燃料電池車(FCV)のデメリット
・車両価格が高い
・水素ステーション等のインフラの未整備
・水素料金が高く、走行距離に対する費用が高い
・車種が現状(2016年3月現在)、ミライ(MIRAI)に限定される

トヨタミライ(MIRAI)を知りたい方はこちら!

燃料電池車の仕組み:酸素と水素の科学反応

出典:http://www.gas.or.jp/

中等教育で習う「水の電気分解」と逆の化学反応です。

次のページ