【ミニバン徹底比較】エスティマvs日産セレナ|ライバル車対決

トヨタ「エスティマ」と日産「セレナ」、どちらも人気車種にして、ライバル関係にあるミニバンです。この記事では、そんな「エスティマ」と「セレナ」の価格や性能を徹底比較していきます。どうぞご覧ください!

トヨタ「エスティマ」

エスティマの画像です。

出典:http://toyota.jp/

トヨタ自動車が製造・販売しているエスティマは、1990年から販売されている、トヨタを代表するミニバンの一つです。

現行の3代目はシートアレンジが多彩で、パワースライドドア、電動バックドアが標準装備となっています。

「プリクラッシュセーフティシステム」は、高精度のセンサーで衝突を事前に検知し、ブレーキアシストを作動させる安全支援システムです。

名前の由来は、「尊敬すべき」という意味の「ESTIMABLE(エスティマブル)」からきています。

試乗動画

エスティマの更に詳しい情報はこちら!

エスティマの魅力を紹介!

日産「セレナ」

セレナの画像です。

出典:http://autoc-one.jp/

セレナは日産自動車を代表するミニバンで、シンプルで王道を行くデザインが魅力的です。

現行型の4代目は室内長3,060mm、室内高1,380mmの広いキャビンスペースを確保しており、シートアレンジも自由度が高く、どんなシチュエーションにも対応できます。

搭載された「S-ハイブリッド」は日産独自のハイブリッドシステムで、JC08モードでの燃費は16.0km/Lを達成しています。
エマージェンシーブレーキなどの安全装備も搭載しているので、万が一の時も安心です。

S-ハイブリッド

s-ハイブリッドの画像です。

出典:http://www.nissan-global.com/

sーハイブリッドの画像です。

出典:http://www.nissan-global.com/

S-ハイブリッドの画像です。

出典:http://www.nissan-global.com/

ハイブリッドとは、エンジンとモーターが連携することで効率がアップするシステムです。たとえばモーターがエンジンの働きをサポートしたり、モーターで発電した電気によって停車時にエンジンが停止するアイドリングストップを容易に行うことができ、燃費を向上させます。
けれども仕組みが複雑になり、部品が増えることで、室内が狭くなることもありました。そこで日産は、室内空間を優先するミニバンにふさわしいハイブリッドシステムを開発しました。室内の広さをキープしたまま燃費を向上させる仕組み、それがS-HYBRIDです。

出典:http://www.nissan-global.com/

試乗動画

セレナの更に詳しい情報はこちら!

次のページ