【思わぬ危険】直撃で大事故も|車に雪が積もった状態で高速道路走るの絶対やめて

高速道路を走行する車のドライブレコーダーが衝撃の瞬間を捉えていました。なんと、前を走る車から特大の氷の塊が!直撃して車のガラスが大破。大事故に至らなかったのは幸いでしたが、冬場の氷対策の大切さを痛感させられる映像です。みなさん、しっかりできていますか?

思わぬ事故映像!

雪国の高速道路はこんなことも…

全てのドライバーの方に、頭の片隅に入れておいてほしい内容です。

冬のボストン郊外で、ドライブレコーダーが衝撃の映像を捉えていました。

雪の積もる寒い地方ですと、毎朝必ず雪が積もっていると思います。
車に積もった雪をおろすのは時間がかかり、非常に骨が折れますね。
特に冷え込んだ朝はつらいです。

みなさん、最低限のフロントガラスのみ雪を溶かしているのではないでしょうか。

街中を走るだけならそれでいいと思います。

しかし、高速道路に入る場合は注意してください。
思わぬ交通事故を引き起こすかもしれません。

動画をご覧ください!

前を走る車から飛んできた固い雪が直撃!



柔らかい雪だったら笑いごとで済まされるかもしれません。

しかし、フロントガラスが割れるほどの衝撃には驚かされます。

この映像では、幸い大事故には至らなかったようですが、例えばバイクの運転手に直撃したり、一歩間違えば命に関わる事件にもなりかねません。

高速道路に入る前には必ず雪を除去しましょう!

高速道路に入る前、車の屋根、ボンネット上、全て雪が残っていないか確認しましょう。
気づかぬうちに、後続車が危険にさらされます。

車に積もったばかりの雪は、柔らかくさらさらの雪かもしれません。
しかし積もり重なり、車からの熱などで部分的に溶け、再び固まった場合、固くなり石と化し、
高速走行中に落下した場合それは凶器となります。

時間がない寒い朝であっても、たかが雪と甘く見ず、
誰もが不幸になってしまう交通事故を未然に防ぎましょう!

衝撃映像を撮影するだけじゃない!
いざという時にあなたを守ってくれるドライブレコーダー。

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す