【和歌山県】世界遺産!「那智の滝」グルメ・アクセス・駐車場情報

世界遺産の熊野古道と合わせて楽しめる那智の滝。滝までの道のりは少々険しいですが休憩しながらのんびりとめざしましょう。秋のお出かけにおすすめな那智の滝のアクセス方法など徹底的にご紹介いたします!

世界遺産!大迫力の那智の滝!

出典:http://yako1985.blogspot.jp/

那智の滝は那智山の中にあります。
滝だけでなく周辺も豊かな自然にあふれています。

那智山は和歌山県那智勝浦町北東部の内陸一帯にそびえる山々の総称で、全域が吉野熊野国立公園の一部であり、深い自然の山と森林がのこされています。

どうやっていくの?

出典:http://k-kabegami.sakura.ne.jp/

那智の滝へ行くには電車・バスと車の2通りの行き方があります。
電車・バスの場合と車の場合、どちらも大阪から目指したルートになっています。

【電車・バスで行く場合】
新大阪・天王寺 →(特急くろしお号・オーシャンアロー 4時間21分)→ 紀伊勝浦駅
名古屋 →(ワイドビュー南紀 4時間13分)→ 紀伊勝浦駅
※紀伊勝浦駅よりバス 25分、那智駅よりバス 20分/那智山神社お寺バス停 下車

【車で行く場合】
大阪 →(西名阪)→ 柏原I.C → 五条 →(R168)→ 新宮 →(R42)→ 那智山 約5時間
大阪 →(西名阪)→ 郡山I.C → 橿原 →(R169)→ 熊野 →(R42)→ 那智山 約5時間
大阪 →(阪和)→ 和歌山 →(海南湯浅御坊)→ 南紀田辺 →(R42)→ 那智山 約4時間30分
名古屋西IC →(東名阪)→ 亀山I.C →(伊勢・紀勢自動車道)→ 大宮大台I.C→(R42)→ 那智山 約4時間20分

駐車場はどうなっているの?

出典:http://traveltoku.com/

那智の滝のある熊野那智大社には参道入り口や大門坂などを中心に駐車場が整備されています。
しかし、那智山の参拝道は急な石畳の道が続いていますので駐車する場所によって疲労度が違ってきます。

また、見ることのできる光景や駐車料金も様々です。
なので観光の目的に合わせた駐車場をえらぶといいでしょう。

【神社駐車場】那智大社がすぐそこ!

出典:http://www.4fang.cc/

那智大社が運営する駐車場です。別名「青岸渡寺駐車場」とも呼ばれています。
駐車台数は30台と少なめですがもっとも境内に近くお年寄りや子供連れには最適の駐車場です。

もう一つ滝のそばに駐車場がありますが、大型バスが大半を占めているのでこちらが実質滝にいちばん近い駐車場でしょう。

※駐車料金:神社防災道路通行料として800円必要

【大門坂駐車場】熊野古道の雰囲気が味わえる!

出典:http://kimamanihiguhei.blog.fc2.com/

那智大社の玄関口にあたる大門坂にある駐車場です。道中石段の坂道で少々疲れますが、熊野古道の雰囲気を味わいたい方にはお勧めです。なお大門坂から熊野那智大社まで徒歩で約50分ほどかかります。
・駐車料金:無料

【道の駅なち】熊野古道を踏破したい!

出典:http://tempura23.blog.fc2.com/

JR那智駅の隣にある道の駅なちの駐車場。
JR那智駅から熊野那智大社まで続く熊野古道を踏破したい場合に利用される駐車場です。

徒歩の場合、帰りにバスを利用したとしても所要時間は3時間ほどかかります。

一般的にいわれる「那智駅からのウォーク」とはここの駐車場に車を停め、熊野那智大社に向かうコースのことを指します。
体力に自信のあるかたはこちらから、ウォーキングも楽しみましょう。

※駐車料金:無料

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す