MOBY

【伊勢神宮の回り方】外宮・内宮・おかげ横丁食べ歩き?おすすめ観光

2013年に20年に一度の式年遷宮を終え、三重県のパワースポットとしても有名な伊勢神宮。 行くからには、きちんとした参拝方法で回りたい人も多いはず、そんな方の為のガイドです。

意外と知らない『伊勢神宮の歩き方』

伊勢神宮 外宮

出典:https://www.flickr.com/

そもそも伊勢神宮ってどういう所?

所在地は2つ?

内宮(皇大神宮):三重県伊勢市宇治館町1
外宮(豊受大神宮):三重県伊勢市豊川町279

伊勢神宮(いせじんぐう)は、三重県伊勢市にある神社。正式名称は地名の付かない「神宮」(じんぐう)。他の神宮と区別するため「伊勢の神宮」と呼ぶこともあり、親しみを込めて「お伊勢さん」「大神宮さん」とも称される。神社本庁の本宗(ほんそう)である。

出典:https://ja.wikipedia.org/

伊勢神宮で有名なのは、日本人の総氏神で内宮のご祭神天照大御神(あまてらすおおみかみ)と天照大御神の食事をつかさどり、産業や食事に関する神様で外宮のご祭神豊受大御神(とようけのおおみかみ)です。
しかし伊勢神宮には内宮・外宮を中心に、それぞれの別宮、摂社、末社、所管社と呼ばれる宮社があり、すべて合わせて125社の総称が、伊勢神宮と呼ばれています。

伊勢神宮の歩き方その1『外宮』を参拝!

伊勢神宮 外宮入り口

出典:https://ja.wikipedia.org/

まずは、最寄りの伊勢市駅から徒歩5分の外宮を参拝しましょう。
遠くから来て時間がないからと、内宮だけ参拝していたという方も多いのではないでしょうか?

でもせっかく遠くから来たのだから正しい参拝方法で参拝したいですよね。
伊勢神宮の正しい参拝方法は、外宮に行ってから内宮に行くというのが正しい参拝方法です。

ちなみに内宮か外宮どちらかだけ参拝することを「片まいり」と言い避けるべきこととされています。
様々な行事に関しても「外宮先祭」と言われ、外宮から先に行われています。

外宮周辺おすすめスポット

kotomi.さん(@ktm238)がシェアした投稿 -


まずは、外宮へ行く手前にある山村乳業さんの「山村みるくがっこう」
山村乳業さんは、大正8年創業の伊勢では老舗の牛乳屋さんです。
伊勢に来た際はぜひ老舗の牛乳を味わってはいかがでしょうか?

おすすめは、のうこうの牛乳とぷりんソフトです。
のうこう牛乳150円
ぷりんソフト280円

こちらも老舗大正12年に創業「虎屋ういろ」です。
写真のような見た目はスイカのようなういろから季節ういろまでたくさんの種類のういろがあるので、見るだけでも楽しめると思います。
ちなみに秋は、紅葉ういろやさつま芋ういろがあるそうです。

出典:https://www.flickr.com/

こちらは外宮内にある三ツ石です。
こちらも伊勢神宮のパワースポットとして有名です。
手をかざすとパワーを感じるので、ぜひこちらも試してはいかがでしょうか?

伊勢神宮歩き方その2『内宮』を参拝

伊勢神宮 内宮 入り口

出典:https://ja.wikipedia.org/

外宮からバスで15分(バス代410円)移動した所に伊勢神宮の内宮があります。2013年に式年遷宮を終えたばかりなので、建物一つ一つが新しく今しか見れない伊勢神宮内宮がそこにはあります。

いつか行こうと思っているあなた、行くなら今です!

伊勢神宮には神社でよく見かけるあれがない?

おみくじ

伊勢神宮には、他の神社で見かけるおみくじがありません。
理由は、伊勢神宮に訪れたことそのものが大吉とされていたためです。
伊勢神宮クラスの歴史を誇る神社でおみくじがある所がありますが、伊勢神宮の場合は神宮本来の正統性と文化を厳格に継承してきた為無いのです。

どうしても引きたいという方の為に周辺には売っている場所もありますが、来たこと自体が大吉なので、伊勢神宮に来たときぐらいは、引くのを遠慮しておきましょう。

次のページ

この記事の執筆者

いけここの執筆者の詳細プロフィール

好きな車はランボルギーニミウラです! よろしくお願いします。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す