初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【高級車ランキング 現行・国産車 2017年最新版】日本一高い高級車の価格は?

「高級車といえば輸入車!」というイメージの人が多いと思います。でも国産車にも、目が飛び出るお値段の高級な車が実はあるんです。今回はそんな「国産で現行販売している高級車」を、価格順で20位から1位までのランキングにしてみました。はたして日本一高い車とは、どんな車なのでしょうか?

【現行・国産車編】高級車ランキング!

高級車といえば外車?

フェラーリ エンツォ 2003年

一般に、高級車と言われると輸入車を思い浮かべる方も多いと思います。確かにベンツやBMW、フェラーリ、ランボルギーニなどの名だたる高級車ブランドの多くは外車です。

しかしながら、日本のメーカーから販売されている乗用車の中にも、なかなか手の届かない価格の高級車が存在することはご存知でしょうか?本記事では、現行で販売されている国産車の中でも、最も高価な高級車20台をランキング形式でご紹介します!

世界一高い車に関する記事はこちら!

20位:レクサス NX300h version L/F SPORT

レクサス NX

価格:5,960,000円(税込)

NXはトヨタ自動車がレクサスブランドで、2014年から販売しているクロスオーバーSUVです。
レクサス初のコンパクトクロスオーバーSUVとして登場したNXは、狭い都会の中を走り抜ける機敏さと、SUVとしてのパワフルな走り、そしてレクサスブランドに相応しい高級感を併せ持っています。

ハイブリッドモデルの「NX300h」には、2.5Lの直列4気筒エンジンとモーターが搭載されており、JC08モードで19.8km/Lという優れた燃費性能を発揮します。
スポーツモデルである「F SPORT」は、専用のチューニングによってスポーティな走りを可能としており、内外装にも専用パーツが使用されています。

19位:レクサス IS300h F SPORT

レクサス IS350 F SPORT

価格:6,385,000円(税込)

ISはトヨタ自動車がレクサスブランドで、1999年から販売している4ドアセダンです。
日本国内において初代モデルは「アルテッツア」として販売されていました。
現行型は3代目となります。

IS350hのパワートレインには、2.5Lの直列4気筒ハイブリッドエンジンが搭載されており、JC08モードで23.2km/Lという優れた燃費性能を発揮します。
ボディサイズが日本の交通環境にちょうど良く、価格帯もレクサスの中では安い部類に入るので、幅広いユーザー層から支持されています。

18位:ホンダ レジェンド

ホンダ レジェンド

価格:6,800,000円(税込)

レジェンドはホンダが1984年から販売しているフラッグシップセダンです。
現行型は2015年に発売された5代目モデルとなります。

日本国内における現行型レジェンドは、ハイブリッド専用モデルとなっており、パワートレインには前後で計3基のモーターを搭載する「スポーツ ハイブリッド SH-AWD」を採用しています。
このハイブリッドシステムと、3.5LのV型6気筒エンジンを組み合わせることで、最高出力381PSのハイパワーと、JC08モードで16.8km/Lという低燃費の両立を実現しました。

17位:レクサス RC350 F SPORT

レクサス RC350 F SPORT 2014年

価格:6,812,000円(税込)

RCはトヨタ自動車がレクサスブランドで、2014年から販売している2ドアクーペです。
レクサス「GS」のプラットフォームをベースとしています。
ラインナップはガソリンの「RC350」と「RC200t」、ハイブリッドの「RC300h」の3種類です。

スポーツグレードであるRC350 F SPORTは、ステアリングを統合制御する「LDH」(レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム)を搭載しています。
これによって、3.5LのV型6気筒エンジンがもたらすパワフルな挙動でも、安定したハンドリングで、安全かつ楽しく運転することができるのです。

16位:トヨタ ランドクルーザー ZX

価格:6,836,400円(税込)

ランドクルーザーはトヨタ自動車が1954年から販売する大型SUVです。
雪原や砂漠、紛争地帯などのあらゆる場所で、その頑丈さと圧倒的なオフロード性能が役立つことから、ランドクルーザーは「世界で最も知名度の高いSUVのひとつ」と言われています。

現行モデルは、2007年に発売された200系ランドクルーザーです。
パワートレインには4.6LのV型8気筒エンジンを搭載しており、最高出力318PSの大パワーを発揮して、3トンを超える頑丈で重い車体を動かしています。

15位:日産 フーガ HYBRID VIP

日産 フーガ 2015年型

価格:6,939,669円

フーガとは、日産自動車が2004年から販売している高級セダンです。
同社のセドリックおよびグロリアの後継車種として開発されており、走行性能を追求したスポーティさを特徴としています。

2009年に発売された現行型は2代目となります。
パワートレインには2.5Lと3.7LのV型6気筒エンジンをラインナップする他、3.5LのV型6気筒ハイブリッドエンジンも用意されており、JC08モードで17.8km/Lという優れた燃費性能を発揮します。
車名の由来は音楽用語の「フーガ (Fuga) 」および日本語の「風雅」から。

なお、現行型の日産「シーマ」はフーガの姉妹車となります。

14位:トヨタ クラウン マジェスタ Fバージョン

トヨタ クラウン マジェスタ Fバージョン 2015年

価格:6,987,600円(税込)

クラウンマジェスタとは、トヨタが販売している高級4ドアセダンです。
トヨタを代表する高級セダン「クラウン」の最上級モデルとして、1991年に登場しました。

2013年に発売された現行モデルは、14代目クラウンロイヤルをベースとしています。
最上級グレードとなる「Fバージョン」のパワートレインには、3.5LのV型6気筒ハイブリッドエンジンが搭載されており、高い環境性能と動力性能の両立を実現しました。

13位:トヨタ アルファード/ヴェルファイア HYBRID Executive Lounge

トヨタ アルファード Executive Lounge 2015

価格:7,036,691円(税込)

アルファードとヴェルファイアは、トヨタ自動車が製造・販売する大型ミニバンです。
初代アルファードが2002年に発売され、初代ヴェルファイアは2代目アルファードをベースとして2008年に発売されました。
両車は姉妹車の関係にあるため、現行モデルのアルファードとヴェルファイアは、基本的なスペックがほぼ同じとなっています。

アルファードとヴェルファイアの両方に存在するグレード「HYBRID Executive Lounge」では、パワートレインに2.5Lの直列4気筒ハイブリッドエンジンを搭載しており、JC08モードで18.4km/Lという優れた燃費性能を発揮します。
また、車内には温熱シートや格納式テーブル、伸縮式パワーオットマン、12.1型リヤシートエンターテイメントシステムなど、最上級グレードに相応しい快適装備が充実しています。

12位:トヨタ MIRAI

トヨタ MIRAI 2014年

価格:7,236,000円(税込)

MIRAIはトヨタ自動車が2014年から製造・販売している、世界初のセダン型燃料電池自動車です。

一回の水素充填に約三分しかかからず、走行可能距離は約650kmに達します。
名前の由来は日本語の「未来」から。

高級車と呼ぶべき価格帯ですが、燃料電池自動車の仕組み自体が高価であるが故の価格設定といえます。
エコのイメージが強く、厳密には「高級車」として売られているわけではありません。

11位:レクサス RX450h F SPORT

レクサス RX450h versionL 2015年

価格:7,425,000円(税込)

RXはトヨタ自動車がレクサスブランドで、1998年から販売している大型クロスオーバーSUVです。
現行型は4代目となります。

ハイブリッドエンジンを搭載したRX450hにはスポーツグレードのF SPORTが設定されており、より走りを楽しめる仕様となっています。
車名の「RX」は「Radiant Crossover」の略称です。
※「Radiant」= 光を放つ、輝く

レクサスブランドは高級車のイメージが強いですね!

10位:ホンダ クラリティ フューエル セル

ホンダ クラリティ フューエル セル 2016年型

価格(リース専用):7,660,000円(税込)

クラリティ フューエル セルは、ホンダが2016年から販売しているFCV(燃料電池自動車)です。
ホンダが長きにわたって積み重ねてきた、FCVの運用データの集大成であるクラリティ フューエル セルは、ガソリン車の使い勝手と、FCVならではの魅力を高いレベルで融合させています。

1回の水素充填にわずか3分程度しかかからず、航続距離も約750kmという長距離走行を実現しました。
現時点では一般向けの販売は行われておらず、官公庁や企業向けのリース専用車となっていますが、今後の量産体制が整い次第、一般向け販売も開始されるでしょう。

ただし、クラリティ フューエル セルもトヨタ ミライと同じく高級車のカテゴリではなく高価なシステムを導入したエコカーです。

9位:日産 エルグランド VIP パワーシートパッケージ(4WD)

日産 エルグランド 2016

価格:8,067,600円(税込)

エルグランドは日産自動車が1997年から販売している高級ミニバンです。
現行型の3代目エルグランドは、2010年に発売されました。
日産のフラッグシップミニバンに相応しい、ラグジュアリーな内外装と充実した快適装備を特長としています。

エルグランド「VIP」は、日産グループのカスタム車メーカー「オーテックジャパン」が手掛ける最上級グレードです。
室内には、まさにVIP仕様といえる最上級の快適装備を満載しています。
また、パワーシートパッケージは乗車定員が4人となっているので、後席の乗員は思いっきり足を伸ばして寛ぐことが可能です。

8位:レクサス GS450h F SPORT

レクサス GS450h 特別仕様車 FSPORT XLine 2015年

価格:8,463,000円(税込)

GSはトヨタ自動車がレクサスブランドで、1993年から販売している大型セダンです。
現行型は4代目となります。

ハイブリッドエンジンを搭載したGS450hにはRXと同様にスポーツグレードのF SPORTが設定されており、より走りを楽しめる仕様となっています。

車名の「GS」は「Grandtouring Sedan」の略称です。

7位:シーマ ハイブリッド VIP G

日産 シーマ HYBRID VIP G

価格:9,026,640円(税込)

シーマハイブリッドは日産自動車が2012年から販売している高級セダンです。
同社のフーガハイブリッドをベースとして開発されました。

パワートレインには最高出力364PSを発揮する、3.5LのV型6気筒エンジンが搭載されており、JC08モードで15.6km/Lという優れた燃費性能を発揮します。
名前の由来はスペイン語で、「頂上・完成」の意味を持つ「Cyma」から。

日産の高級車といえばこれです。

6位:レクサス RC F Carbon Exterior package

レクサス RC F Carbon Exterior package 2014年

価格:10,440,000円(税込)

RC Fはトヨタ自動車がレクサスブランドで、2014年から販売しているスポーツクーペです。
同社のRCをベースに開発されており、エンジンや足回り等を専用パーツにすることで、よりスポーティーな走りが可能となっています。

「走りを楽しみたい人なら誰でも、運転スキルに関係なく笑顔になれるスポーツカー」という開発テーマの通り、初心者からベテランまで、誰でも運転しやすい車となっているのが特徴です。

車名の「RC」は「Radical(=急進的な、先鋭の、新しい、面白いの意味)Coupe」の略称。
「F」は、レクサスのスポーツモデルに伝統的につけられる称号です。

試乗動画

5位:レクサス GS F

レクサス GS F 2015年型

価格:11,120,000円(税込)

GS Fはトヨタ自動車がレクサスブランドで、2015年から販売しているスポーツセダンです。
同社のGSをベースに開発されており、エンジンの換装やボディ剛性を高めたことで、サーキット走行も楽しめる車となっています。

車名の「GS」は「Grandtouring Sedan」の略称。
「F」は、レクサスのスポーツモデルに伝統的につけられる称号です。

4位:レクサス LX570

レクサス LX570 2015年

価格:11,150,000円(税込)

LXはトヨタ自動車がレクサスブランドで、1996年から販売している大型SUVです。
日本国内では販売されていませんでしたが、2015年9月14日からLX570の国内販売を開始しました。

力強さとラグジュアリーさを併せ持つデザインが特徴的で、オフロードに限らずオンロードでの走行性能も優れています。
名前「LX」は「Luxury Crossover」の略称です。

4位:レクサス LC500h S package

レクサス LC500h

価格:14,500,000円(税込)

LCはトヨタ自動車がレクサスブランドで、2017年から販売している2ドアクーペです。
「GA-L プラットフォーム」を初採用した、レクサス初のFセグメントクーペとなります。

LC500hのパワートレインには、世界初の「マルチステージハイブリッドシステム」が搭載されており、3.5LのV型6気筒エンジンと組み合わさることで、高い走行性能と環境性能の両立を実現しています。

次のページ

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...