1億円超!ポルシェ918スパイダー の価格と性能、中古車って買えるの?

ポルシェのスーパーカー「918スパイダー」は、2010年にコンセプトモデルが発表され、2013年に市販開始。その圧倒的な性能とデザインが評価され、限定で生産された918台が完売しました。今回はそんな「918スパイダー」の性能や価格、中古車情報などを紹介したいと思います。

ポルシェ「918スパイダー」とは?

918スパイダーの画像です。

「918スパイダー」とはポルシェが製造したスーパーカーです。

2010年にコンセプトカーとして発表され、その圧倒的な性能で多くの人を驚嘆させた「918スパイダー」。
2013年からは限定918台と、名前にちなんだ台数で市販が開始されました。

同社の「カレラGT」の後継として開発された本車は、レースにおいて圧倒的な強さを誇った「917」をモチーフとしており、「917」同様の高い加速性能と最高速を誇ります。
「917」と違う点は、環境性能も高いレベルにあるということです。

ポルシェ918スパイダーのスペック・性能

【基本情報】
パワーユニット:4.6L V型8気筒+154hpの後輪駆動用電気モーター+127hpの前輪駆動用電気モーター
最高出力:887hp
最大トルク:129.9kgm
トランスミッション:7速PDK
0-100 km/h加速:2.8秒
最高時速:345 km
駆動方式:全輪駆動(AWD)
車体重量: 1674kg
乗車定員:2名
燃費(NEDC値): 3.0リッター/100km

ポルシェ「カレラGT」

ポルシェカレラGT

出典:http://www.favcars.com/

ポルシェ「917」(画像左)


「918スパイダー」驚異のハイブリッドエンジン

試乗動画

最高速度345km/h、0-100km/h加速2.6秒の圧倒的な性能は最高出力608PSのV型8気筒4.6リッターエンジンと、フロント、リアそれぞれに搭載された電気モーターで生み出されます。

そのエンジン性能に対して、燃費性能は100km/3Lと驚きの低燃費。
モーターだけでも、150km/hのスピードで約30kmの距離を走行できる電気自動車として運用可能です。

走行性能と環境性能を高いレベルで両立させた「918スパイダー」は、まさに新時代のスーパーカーというべき車であり、今後のポルシェの方向性を決定づけた車であるといえます。

「918スパイダー」の洗練されたデザイン

918のフロント画像です。

918エキゾーストエンドの画像です。

918の運転席画像です。

出典:http://car.watch.impress.co.jp/

ポルシェらしい流麗なフォルムのボディは軽量化のため、CFRP(カーボンファイバー強化プラスチック)製のモノコック(一体成形)ボディを採用。
その他にもマグネシウムやアルミニウムを多用して、軽量化を徹底しています。

シンプルで機能的なインテリアは、まさにレーシングカーといった様相です。

「ヴァイザッハパッケージ」

ヴァイザッハパッケージの画像です。

918台の内の1/4が、より性能の高い「ヴァイザッハパッケージ」として出荷されおり、通常仕様でアルミ製だった部品の多くがカーボン製に変更され、専用の軽量ホイールの採用や遮音材の削減で約40kgの軽量化を実現。
ボディの細部にも変更が加えられています。

その結果、通常仕様から0-300km/h加速で1秒、「スポーツカー開発の聖地」と呼ばれるニュルブルクリンクでのラップタイムが3秒も短縮されています。

【おまけ動画】ポルシェ918スパイダーが競技用飛行機とバトル


ドイツのTV番組の企画でポルシェ918スパイダーと、レッドブルの競技用飛行がレースを行いました。
これまでご紹介してきたように、ポルシェ918スパイダーは自動車の中では、間違いなく最高峰の速さを誇るスーパーカーですが、果たして競技用の飛行機との対決はどちらが勝つのでしょうか。

気になった方はぜひ動画をご覧下さい。

ポルシェ918スパイダーVSレッドブルの競技用飛行機

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す